ビットコイン・イーサリアムのハードフォーク問題について解説!

今後ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を検索していくと、必ずこの『ハードフォーク』という言葉が出てくると思います。

今まで知らなかった業界のよくわからない単語を調べるのは大変なので、今回は今後仮想通貨で頻繁に登場するであろう『ハードフォーク』について詳しくご紹介していきたいと思います。

これを覚えておくと、今後仮想通貨を調べる際には楽になると思います。ハードフォークがどういうものなのか?そしてハードフォークをすると仮想通貨にどんな影響が出るのかをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

投資初心者
最近仮想通貨に関する情報を取り入れているのですが、実はあまりハードフォークという言葉はよくわからないんですよね。
管理人
少し専門的な言葉になりますので、仮想通貨初心者には難しいかもしれません。しかしここではできる限りわかりやすく解説していきますので、ぜひ今回の記事を読んでみてください。

そもそもハードフォークとはなんなの?

ではまずハードフォークについて解説していきます。

このハードフォークというのは『該当する仮想通貨のルールを変更する場合に、以前のルールを無視して新しいルールを適応させることによって、昔のルールの互換性がなくなる』ということです。ちょっとわかりにくいかもしれませんね。

ハードフォークを理解するために、まずは仮想通貨の仕組みを理解していきましょう。

仮想通貨の基本的な仕組み

仮想通貨を調べていると、ハードフォークの他に『ブロックチェーン』という単語が出てくると思います。

もしブロックチェーンを知らない方はこちらの記事を参考にしてみてください。

→ブロックチェーンの詳細はこちら!

仮想通貨のブロックチェーン技術は一つのデータの列が作られているため、万が一ブロックチェーン自体に不具合が起こった場合には、対策として『ソフトフォーク』『ハードフォーク』をする必要があります。

ソフトフォークとは?

このソフトフォークというのは、今までの使用を全て変更して、以前の仕様に関してもそのまま使い続けることができるという方法です。

要するにブロックチェーンを全てアップデートに書き換えて、新しい形として使うということです。

ハードフォークとは?

そしてこのハードフォークはソフトフォークとは異なり、昔使っていた仕様を切り捨てて、互換性のないブロックチェーンとしてアップデートするということです。

そのためハードフォークが起こると、以前の仕様が使えなくなりますので『分裂』が起こるのです。

ハードフォークが起こるとどうなるの?

仕組みはある程度理解した!では実際にハードフォークが起こるとどうなるのか気になると思います。お伝えしたようにハードフォークが起こると完全に全く新しい仕様となるため、旧仕様との互換性がなくなります。

なので今現在自分が持っている仮想通貨が旧仕様だった場合、期限までにアップデートをしないとその仮想通貨は使えなくなるということです。

しかし、ハードフォークが行われると『旧仕様』『新仕様』の仮想通貨が生まれることとなるため、分裂をして旧仕様の仮想通貨も使えるようになるパターンもあるのです。

実際のハードフォークの事例を紹介!

実際に仮想通貨業界では何度か大規模なハードフォークが行われています。一番有名な話では、今現在ビットコインに次いで人気の高い『イーサリアム』がハードフォークをしたことですね。

イーサリアムは2016年まである程度の値上がりをしていたのですが、2016年の7月にイーサリアムに関連する『Dao』という通貨がハッキングを受けました。その影響によってイーサリアムがハードフォークを行います。

途中でもお伝えしましたが、ハードフォークというのは以前の仕様を変更し、全く新しい状態にするため『分裂』が起こることになります。このイーサリアムがハードフォークを行なった時は『イーサリアム』『イーサリアムクラシック』の2つに分裂しました。

→イーサリアムの詳細について!

→イーサリアムクラシックの詳細について!

イーサリアムクラシックが以前の仕様を持った仮想通貨となり、イーサリアムが新しい仕様の仮想通貨ということですね。

ハッカーからのDos攻撃を避けるためにハードフォークによってセキュリティを強化することができますが、仮想通貨としては信頼が落ちるため、この時にはイーサリアムの価値が急落したことは有名な話です。

ハードフォークとは、ある意味価値の高い仮想通貨に起こることでもあるということです。

ビットコインもハードフォークを行なっている!?

実は仮想通貨の代表的存在でもある『ビットコイン』に関してもハードフォークが行われると言われています。

というのもビットコインは便利な機能を持った仮想通貨ではありますが、大きな問題を抱えているのです。それは『スケーラビリティ問題』です。

これは要するに、近年ビットコインの使用者が増え続けているため、 ブロックチェーンのブロックサイズの制限によって、取引がかなり混雑するという問題です。このスケーラビリティ問題が原因で、ビットコインの送金が遅延したり、手数料が大幅に上がるという問題が起こっているのです。

これらの問題を解決するために『ビットコインコア』と『ビットコインアンリミテッド』の2つに分裂するのでは?とも言われています。

ビットコインコアとは?

このビットコインコアは、ブロックチェーンの遅延を解消することを目的としています。

基本的にはブロックのサイズを変更することなく、今遅延が問題になっているビットコインを効率的に送金できる仕組みにしようというものです。

対してビットコインアンリミテッドとは?

このビットコインアンリミテッドに関しては、現在のビットコインのブロックサイズ1Mを変更し、物理的にさらに大きなサイズに変更しようというものです。

そうすることによって今起こっている遅延問題を根本的に変えてしまおうという主張をしているのがビットコインアンリミテッドになります。

ビットコインがハードフォークを行うとどうなるのか?

では今後、ハードフォークが起こりこの2つのビットコインに分裂したらどうなるのでしょうか?

ここで一つの参考としてイーサリアムのハードフォークが良い例になります。イーサリアムの分裂が起こった時にどのような事態が起こったかというと

  1. 取引所によって引き出しが遅れる
  2. 取引所がミスを頻発して仮想通貨自体を失う
  3. 取引所が扱う通貨に勝手に交換される

このような事態が起こったというのです。要するにハードフォークが起こった時に、自分の仮想通貨を取引所に預けておくことは危険だということです。

取引所でビットコインやイーサリアムを購入するとは思いますが、その時に買ったコインを取引所に預け続けるのではなく、しっかりと自分のウォレットを用意して保管することが重要だということです。

安全面を考えると、できればネット上から切り離した環境『ハードウェアウォレット』に保管しておくことが一番安全です。今後ビットコインのハードフォークは起こる可能性が高いことなので、この点だけは十分に注意しておきましょう。

→ウォレットについて詳しく知る!

ビットコインの分裂が起きたらどちらが生き残る?

ビットコインを資産として抱えている場合、この2つのどちらが生き残るのかが気になるところです。まず前提として、このビットコインの分裂はハッキング・Dos攻撃によるものではないので、基本的には『どちらが市場で多く出回るか?』が重要になります。

今後ビットコインコアとビットコインアンリミテッドが出回った場合、多くの投資家や消費者がどちらのビットコインを使うかどうかで価値も決まってくるはずです。

あくまでも個人的な意見ですが、ビットコインアンリミテッドに関しては需要が高まることはあまり想像できません。というのも、こちらの通貨を支持している人はビットコインマイニングをしている人たちばかりなので、基本的にはビットコインアンリミテッドを使うメリットはないと考えています。

対してビットコインコアは、ブロックチェーンのサイズを変更することなく送金問題をスムーズに進めることを目的としているため、需要が高まることが予想されます。

私の意見としては、今後分裂が起こったとしたら、こちらのビットコインコアの需要が高まると思っています。

ビットコインのハードフォークが起こった時にすべきこと!

今後もしビットコインのハードフォークが起こった場合に私たちができることは何なのか?ポイントをいくつかお伝えして起きます。

ハードウェアウォレットにビットコインを保管する

まずはこれが一番重要ですね。途中でもお伝えした通り、ハードフォークが起こると取引所でも色々とトラブルが起こります。

そのため、取引所の利用を一時的にやめて、しばらくは自分が用意したハードウェアウォレットにビットコインを保管しておくことが大切です。

インターネットから遮断された場所に保管しておけば、消失することはまず考えられませんので、ビットコインの問題が落ち着いてから取引をしていきましょう。

→国内の信頼できる取引所を探す!

最新情報を仕入れる

そしてハードフォークが起こった時に、ビットコインの保管を徹底しながら最新のニュースに気を配ることも重要です。

ビットコインの価値がどれだけ下落したのか?分裂してから2つの市場価値はどうなっているのか?などの情報を仕入れることで、今後の対策ができると思います。

情報が整い次第自分の資産であるビットコインの取引をしていくことで、トラブルに巻き込まれることなくスムーズに対応することができるでしょう。

ハードフォークは避けられない

結局私たちはユーザーになりますので、ビットコインのハードフォークが起こった場合にはそれに適応しなければなりません。

今後ビットコインのハードフォークが起こる可能性は高いと言われていますので、今のうちに対策を考えておくと、慌てることなく対応することができるでしょう。

今仮想通貨を使っているのであれば、このハードフォークの問題からは逃げることができませんので、見て見ぬ振りをするのではなく、今から対策を考えておくことが重要になります。

→ビットコインを基礎から学ぶ!

まとめ

今回はビットコイン・イーサリアムなどのハードフォークについて詳しくご紹介してきました。仮想通貨業界でハードフォーク問題は今後起こる可能性が高いものになります。これを理解しているのと理解していないのでは大きく変わってきます。

仮にハードフォーク問題に目を背けて突然この問題が起こってしまった場合、おそらく自分の資産をトラブルの渦中に巻き込んでしまうことでしょう。

しかし、ハードフォークをある程度理解しておけば、落ち着いて対処することもできますし、自分の資産を守ることも可能です。

わからないことが多いとは思いますが、一つ一つ仮想通貨について理解していき、今後どんなトラブルが起こっても対処できるようにしていきましょう。

まだ仮想通貨について深く理解できていない方のために、このサイトでは仮想通貨について基礎から解説しています。  
 
まずは仮想通貨を理解する上で重要な『ビットコイン』や、仮想通貨の仕組みや投資のリスクを知ることが大切です。  
 
今後期待できる仮想通貨ランキングもまとめていますので、そちらもチェックしておきましょう!  
 
→初心者でもわかるビットコイン基礎知識!  
 
→完全日本語対応のオススメ海外取引所について解説!  
 
→将来有望な仮想通貨ランキング!

当サイト限定無料メルマガ配信!

そして段階的に仮想通貨を学びたいという方は、私のサイトの読者限定でメルマガを配信しています。  
 
こちらでは、仮想通貨を基礎から解説しており、ネット上には出回らない仮想通貨の最新情報も定期的に配信しています。  
 
無料で参加することができますので、新しい時代の流れに取り残されないためにも、仮想通貨初心者の方はぜひメルマガ登録をしてみてください。  
 
→仮想通貨投資無料メルマガはこちら!  
 
今回の記事が少しでもお役に立ちましたら、こちらをポチッと押していただけると今後の記事更新のモチベーションに繋がります。

仮想通貨初心者へ!

仮想通貨最新メルマガ

当サイト読者限定で、初心者でもわかりやすく理解できる仮想通貨の基礎知識や最新情報を無料メルマガで解説しています。 これから仮想通貨投資を始める方は、無料メルマガに登録して投資方法や今後価値の上がる仮想通貨の情報を取り入れてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *