仮想通貨とは?実は大きなビジネスチャンスが眠っている!

仮想通貨は一般的には怪しいと言われていますが、ビジネスの観点から見ると、これほど将来的に期待できる業界は珍しいと言えます。

将来的には送金手段としての概念を大きく覆す可能性を秘めており、すでに多くの企業が仮想通貨を使った大規模なプロジェクトを開始しています。

世界の超有名企業が続々と仮想通貨に興味を持っていることから、いずれはこの仮想通貨の技術が私たちの生活を豊かにしてくれることになるでしょう。

ここでは仮想通貨の今後のビジネスとしての可能性について迫っていきたいと思います。

まだこの業界が認知されたのは最近のことなので、今後仮想通貨で大成功を収める方も出てくるかもしれません。

投資初心者
仮想通貨は送金手段として優れているだけではないのですか?
管理人
私も以前はそう思っていましたが、実は仮想通貨が本当の意味で優れている点はそこではないのです。今回はその点についても詳しく掘り下げていきたいと思います♪

仮想通貨とは一体なんなのか?

まず、この仮想通貨というのは、一般的に日本で使われている法定通貨『円』とは全く別物になります。

仮想通貨は手に取って確認することができない『インターネット上にだけ存在する通貨』になります。もうこの時点でお金の概念が変わっていることがわかります。

お金は信用とも言われていますが、実在しないネット上の通貨が決済手段として使われるというのは、正直以前は考えられないことでした。

この新しい決済手段が世界的に注目されているため、仮想通貨は日本だけではなく全世界で使われるようになったのです。

ただ、手にとってお金を使うことが当たり前の日本ですから、仮想通貨を受け入れるのには少し時間がかかると思います。

やはりインターネット上で取引されるものですから、ハッキングや送金ミスで資産を失うリスクもゼロではありません。

仮想通貨が浸透するまでは時間がかかると思いますが、いずれはお金という概念が変わり、スマホでの決済が当たり前となる可能性もあるのです。

仮想通貨のビジネスの可能性について

もしかしたら、仮想通貨はただ決済手段として使われるだけの存在だと認識している方もいるかもしれません。

私自身も最初はそう思っていましたが、実は仮想通貨というのは決済手段以外でも今後活躍する場面が増えてきます。

まず仮想通貨として最初に世の中に出てきたのが『ビットコイン』です。これはブロックチェーン技術を用いてインターネット上で取引される通貨として注目を集めました。

今の仮想通貨業界の基軸はこのビットコインとなりますが、実はビットコインにはいくつかの欠点があるのも事実です。

そのため、ビットコインの弱点を補い、さらに独自の技術を取り入れて登場したのが『アルトコイン』になります。

今仮想通貨は2000種類以上出回っているという話もありますが、これらのほとんどはビットコインを基軸として作られています。

アルトコインの中には決済以外の場面でも使える技術が取り入れられているため、最近ではビットコイン以上に注目を集めているのです。

ではこの仮想通貨は今後ビジネスの場面でどのように使われていくのでしょうか?

投資初心者
これだけ種類があると、将来的にどれが使われるのか判断が難しいですね。
管理人
いずれはほとんどの仮想通貨は淘汰されるので、投資する際に関しては十分に注意する必要がありますね。

ブロックチェーン技術は幅広い場面で使われる

仮想通貨の基軸であるビットコインが注目されている大きな要因として、この『ブロックチェーン技術』があります。

このブロックチェーンというのは、銀行のように中央集権体制で管理するのではなく、世界中のコンピューターにデータを分散し、ハッキングなどの改ざんが困難なネットワークを構築できる技術です。

世界中の人たちがデータを共有するため、何か不正が起こった場合、世界中の人に不正が知らされることになります。

そのため、悪さをする場合、ブロックチェーンで繋がっているコンピューターを使っている全ての人が同時に不正を行わなければなりません。

これは現実的に不可能な話なので、ブロックチェーン技術は一切不正ができない仕組みと言えるのです。

不正ができず、さらにデータを共有できることから、このブロックチェーン技術は金融業界だけではなく、今後は幅広い業界でも浸透すると言われています。

仮にこのブロックチェーン技術が使われれば、既存の業務がなくなり、コストを削減できます。そしてそこから新しい業務を開拓することもできます。

一般的にブロックチェーン技術が使われるまでは年単位の時間が必要になりますが、今後ビジネスの分野では間違いなく使われることになるでしょう。

銀行が仮想通貨の導入・開発を行う

仮想通貨の登場によって銀行の危機が囁かれていますが、将来的に銀行が仮想通貨の開発や導入をすることになります。

例えば日本の場合、誰もが知っているメガバンク『三菱東京UFJ銀行』が独自の仮想通貨を開発して話題となりました。

現在の銀行のシステムでは、海外送金などで多額の手数料が必要となりますが、この仮想通貨が世界的に広まれば、個人から個人へと簡単に送金できることになります。

これを考えると、銀行が仮想通貨の技術の導入をするのは自然の流れと言えます。

ビットコインなどの仮想通貨にはない独自のメリットを付けることで、銀行が開発した仮想通貨を使ってもらうことが狙いとなります。

安定した職業の代表的存在だった銀行が、今後仮想通貨の浸透によってどうなるのかは気になるところです。

単純にビットコインなどの仮想通貨と同様に送金手段として優れた仮想通貨を開発しても、多くの人は使わないでしょう。

そのため、仮想通貨にどれだけのインセンティブを付けることができるかが、利用者を増やす鍵となるでしょう。

→仮想通貨の情報収集に必須のサイトをまとめてみた!

仮想通貨の本当の意味での長所について

仮想通貨自体は『通貨』としての認識が強いため、将来的に便利な決済手段として使われると考えている方がほとんどです。

低いコストで送金ができるため、ここが特に注目されていますが、本当の意味で優れている点は『情報を伝達できること』になります。

ブロックチェーン技術があれば、外部に情報を漏らすことなくデータを共有することができます。

そのため、いずれは重要な顧客データなどをブロックチェーンで管理し、今の管理体制を改善して大きなコスト削減も可能になります。

スマートコントラクトの技術を使えば、今行なっている面倒な手続きも全て自動化されることになります。

窓口に行き、第三者を介して書類に詳細を記入し、印鑑を押す。この作業もいずれは必要なくなるかもしれません。

スマートコントラクトで重要な契約ができるようになれば、紙で書くよりも安全に管理することができます。

仮想通貨が本当の意味で優れている点は、情報やサービスの伝達機能だと私は考えています。

投資初心者
送金手段だけではなく、いずれは世の中を大きく変える可能性を秘めているんですね〜。
管理人
頭の良い人たちが、私たちが気づかないうちに世の中をガラッと変えている可能性もありますね笑。

仮想通貨は数年後世界を変える

短期的な視点で考えると、仮想通貨の価格が暴落した際に『バブル崩壊』などの言葉が囁かれますが、実際のところは仮想通貨はすでに世界を変える可能性を秘めているため、バブルという考え方は正しくないと言えます。

確かに2017年は仮想通貨の価格が急激に高騰しているため、バブルのような解釈をするのもわかります。

しかし、長期的に考えれば今の価格の高騰が始まりに過ぎないことは容易に想像できるでしょう。

今は投資・投機目的として仮想通貨が買われていますが、本来の使い方は全く別のところにあります。

仮に仮想通貨業界の技術が使われるようになれば、今とは比べ物にならないほど価格が高騰する可能性があります。

ただし、数年後には『本当の意味で技術のある仮想通貨だけしか生き残っていない』と考えられますので、投資先に関しては慎重に選ぶ必要があるでしょう。

数千種類の中から一部の仮想通貨だけが生き残ることになりますが、逆に今の時点でその仮想通貨に投資をしていた場合、将来的なリターンは莫大なものとなるでしょう。

短期的な視点ではなく、長期的な視点を持って仮想通貨投資を始めてみてください。

すでに仮想通貨の実用化が進んでいる

仮想通貨が使われるのにはまだまだ時間がかかると思っていたのですが、実はすでにブロックチェーン技術のシステムの実証実験も始まっています。

証券取引所などでこのブロックチェーンの利用を掲げている国もあるため、利用開始に向けて積極的に実証実験を行っているのです。

一部の金融機関が仮想通貨の実用化に踏み出しているため、私たちが考えているよりも早い段階で仮想通貨の技術が使われることになるかもしれません。

最近では日本の店舗でもビットコインの導入がニュースで報道されていますが、あれもおそらく実証実験の一つなのでしょう。

今はまだ使う人が少ないですが、数年後を見越しての導入になりますので、仮想通貨の技術の浸透が目の前に迫ってきているのです。

海外だけではなく、日本の大手起業も積極的に動き出しているため、今現在仮想通貨を知らない方は少し危機感を持つ必要があります。

世の中に導入された後にこの業界を知るのは大きなチャンスを逃すことにもつながりますので、今のうちから仮想通貨関連の情報には敏感になっておきましょう。

→仮想通貨の10年後を予想したら恐ろしいことになった!

まとめ

仮想通貨がビジネスの場面でどのように使われるのかを私なりに解説してきましたが、ある程度考えは伝わったでしょうか?

仮想通貨は決済手段として注目されていますが、本当に優れているのはそこではありません。

これを頭に入れておくことで、今後投資する仮想通貨の選び方も変わってくることでしょう。

仮想通貨業界が世の中に浸透すれば生活はガラッと変わりますが、逆に不安でもあります。多くのことが自動化されれば『私たち人間は必要なくなるのでは?』とも思ってしまいます。

将来的にこの世界がどうなるのかは全く想像ができませんが、今できることは仮想通貨を深く理解し、大きなチャンスを見逃さないということです。

今後も仮想通貨関連の情報をお伝えしていきますので、そちらも楽しみにしておいてください。

まだ仮想通貨について深く理解できていない方のために、このサイトでは仮想通貨について基礎から解説しています。  
 
まずは仮想通貨を理解する上で重要な『ビットコイン』や、仮想通貨の仕組みや投資のリスクを知ることが大切です。  
 
今後期待できる仮想通貨ランキングもまとめていますので、そちらもチェックしておきましょう!  
 
→初心者でもわかるビットコイン基礎知識!  
 
→完全日本語対応のオススメ海外取引所について解説!  
 
→将来有望な仮想通貨ランキング!

当サイト限定無料メルマガ配信!

そして段階的に仮想通貨を学びたいという方は、私のサイトの読者限定でメルマガを配信しています。  
 
こちらでは、仮想通貨を基礎から解説しており、ネット上には出回らない仮想通貨の最新情報も定期的に配信しています。  
 
無料で参加することができますので、新しい時代の流れに取り残されないためにも、仮想通貨初心者の方はぜひメルマガ登録をしてみてください。  
 
→仮想通貨投資無料メルマガはこちら!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨初心者へ!

仮想通貨最新メルマガ

当サイト読者限定で、初心者でもわかりやすく理解できる仮想通貨の基礎知識や最新情報を無料メルマガで解説しています。 これから仮想通貨投資を始める方は、無料メルマガに登録して投資方法や今後価値の上がる仮想通貨の情報を取り入れてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *

ABOUTこの記事をかいた人

ひろみつ

初めまして、ひろみつです。このサイトは初心者でもわかりやすいように仮想通貨を解説しています。現在は仮想通貨の可能性を多くの方に伝えつつ、仮想通貨投資や資産運用で資産を増やし続けています。