リップルコインの価格が上がらない最大の理由とは?

あの日の爆上げから月日は経ち、リップルに期待している方も多い中で、なかなか価格が高騰しない日々が続いています。

2017年の5月に10倍近い価格高騰をしてからというものの、特に価格が高騰するような気配はなく、一定の価格を保ちながら推移し続けています。

リップル自体は優れた仮想通貨であることは事実ですが、ではなぜ価格が高騰していないのか?今回はリップルの価格が上がらない最大の理由について掘り下げていきたいと思います。

すでにリップル以外の仮想通貨に投資を始めた方もいると思いますが、今後このリップルが投資対象として考えられるのかどうかを調べてみましょう。

そもそもリップルとはどんな仮想通貨なのか?

まずこのリップルという仮想通貨についておさらいしておきましょう。そもそもリップルというのは仮想通貨自体の名前ではありません。

リップルというのは運営する会社の名前で、実際には『XRP』という仮想通貨になります。

リップル(XRP)に関する詳しい詳細は別の記事で解説していますので、まだリップルについてあまり詳しく理解していない方は、こちらの記事を読んでおいてください。

→リップルの詳細はこちら

リップルの現在の価格チャートについて

以前から注目を集めているリップルですが、現在の価格は予想していたほど上がってはいません。実際のリアルなチャートを見てみると

2017年5月の高騰以来、ほとんど価格が高騰していないのがわかりますね。

長い期間リップルの価格は低迷を続けていましたが、価格が急激に高騰した2017年5月以降は上がったり下がったりを繰り返しています。

もしかしたら年内はこのままの状態が続くかもしれませんが、重要なのは2018年にどこまで高騰するかです。では将来的にリップルの価格はどこまで高騰するのかを考えていきましょう!

リップルは今後いくらになる?

リップルの現状についてはある程度理解していただけましたか?これはあくまでも今現在の価格になりますので、多くの方が知りたいのは『将来的にリップルの価格がどこまで高騰するのか?』ということでしょう。

未来を完全に予測することは不可能ですが、今ある情報からある程度予測することはできます。

なぜリップルはここまで熱狂的なファンを獲得しているのか?そして将来的にはどこまで価格が高騰するのかを今ある情報から考えて見ましょう。

ちなみに管理人である私は、今後将来的にリップルの価格は高騰すると考えているので、ここでは高騰すると思う理由をいくつかまとめておきました。

リップル(XRP)の時価総額が現状維持はありえない

まず仮想通貨の価格に大きく関わってくる『時価総額』ですが、現在のリップルの時価総額は100億円と言われています。

これを聞くと『高いのでは?』と思うかもしれませんが、実際のところ、まだまだ低いのが事実です。

というのも、リップルに関しては『仲介通貨』としての役割となるため、銀行などの金融機関がいずれリップルの仕組みを取り入れると言われています。

今ある銀行のシステムにはいくつか欠点がありますが、このリップルの技術は銀行の欠点を解決し、今の手数料よりも格安で送金することが可能になります。

他の仮想通貨よりもスケーラビリティに優れているのがリップルの特徴でもあるため、銀行にとっては使い勝手の良い仮想通貨なのです。

仮にこのリップルの仕組みが採用されれば、仲介の銀行が必要となくなるため、今支払っている決済コストを大幅に削減することができるのです。

これを考えると、今の時価総額で維持することは考えられないのです。

→リップルの口座解説方法を解説(初心者編)

リップルの価格が上がらない最大の理由

これだけ期待されているリップルですが、2017年の後半は予想以上に価格が伸び悩んでいます。

価格が高騰しない理由に関しては様々な説がありますが、重要なのは『リップルが実際にブロックチェーンを通じて送金を展開するのは2018年に入ってから』だということです。

途中でもお伝えしましたが、リップルというのは『仲介通貨(ブリッジ通貨)』として使われるため、リップル(XRP)自体にはあまり価値がありません。

そのため、XRP自体に大きなボラリティ(価格変動)が発生しないように、リップル社が調整する必要があるのです。

リップル社によってボラリティが抑えられれば、大幅な高騰がしばらく起こらない可能性もありますが、投資している側からすると、大幅な下落が起こる可能性も少ないため、安心材料にもなります。

2018年以降にはリップルには好材料がいくつも揃っているため、今のうちに投資をして、リップルの価格高騰に期待しているユーザーも多いことでしょう。

リップルはこれから投資する価値のある仮想通貨なのか?

リップルに関しては賛否両論意見があるため、どちらを信じるかは人それぞれです。しかし技術的にリップルが優れている点は間違いありません。

現在価格が高騰しているビットコインですが、こちらは一般的な決済手段として使われるとは思いますが、企業向けの仮想通貨ではありません。

ビットコインのトランザクションは最大7と言われていますが、リップル(XRP)に関しては、毎秒1000トランザクションの処理を可能としています。

多くの人がお金を動かすことによって、スケーラビリティの差が大きく関わってきます。

取引量が増えているのに処理スピードが遅ければ、いずれスケーラビリティの問題を起こすことになります。

現時点でリップルの取引処理速度は、世界最大の支払いサービスである『Visa』と同等レベルになりますので、リップルがどれだけ優れているかが理解していただけることでしょう。

リップルは将来的に、銀行間の取引、そして銀行と顧客の取引を大きく変える可能性を秘めた仮想通貨なのです。

これを考えると、今の時価総額の何倍・何十倍・何百倍もの高騰をしてもおかしくないということです。

リップルがなくなる可能性はあるの?

リップルに関しては、将来的に消えてなくなる可能性はゼロではありません。

というより、これはどんな仮想通貨にも言えることです。現時点で優れている仮想通貨であることは理解していただけたと思いますが、いずれリップルを超えるような仮想通貨が登場したり、リップル自体の仕組みが問題を起こし、信頼を失う可能性もゼロではありません。

結局仮想通貨は投資対象となりますので、100%確実に儲かるということはありえないのです。

リップルが構想している未来を考えると、数ヶ月単位での保有にはあまり向いていません。

リップルに投資するのであれば、数年単位の長期保有を頭に入れておくことが重要です。

リップルに投資してコールドウォレットに保管しておき、数年後に価格が高騰していれば良いという考え方がベストだと私は考えています。

→リップルを取り扱っている日本の取引所を紹介!

まとめ

いかがでしたか?今回はリップル肯定派の私の意見を元に、リップルの価格が高騰しない理由を解説してきました。

リップルに関してはアンチが多い仮想通貨としても有名です。私のように将来的に期待している人もいれば、逆にリップル自体の仕組みを否定している考えの方もいます。

どちらが正しいのかを証明するためには数年の歳月が必要ですが、今現時点で投資する価値はあると思っていますので、興味のある方はぜひリップルへの投資を頭に入れておきましょう。

逆にリップル自体に魅力を感じないのであれば、他にもアルトコインは数多くありますので、自分が可能性を感じたものに投資をしてみてください♪

まだ仮想通貨について深く理解できていない方のために、このサイトでは仮想通貨について基礎から解説しています。  
 
まずは仮想通貨を理解する上で重要な『ビットコイン』や、仮想通貨の仕組みや投資のリスクを知ることが大切です。  
 
今後期待できる仮想通貨ランキングもまとめていますので、そちらもチェックしておきましょう!  
 
→初心者でもわかるビットコイン基礎知識!  
 
→完全日本語対応のオススメ海外取引所について解説!  
 
→将来有望な仮想通貨ランキング!

当サイト限定無料メルマガ配信!

そして段階的に仮想通貨を学びたいという方は、私のサイトの読者限定でメルマガを配信しています。  
 
こちらでは、仮想通貨を基礎から解説しており、ネット上には出回らない仮想通貨の最新情報も定期的に配信しています。  
 
無料で参加することができますので、新しい時代の流れに取り残されないためにも、仮想通貨初心者の方はぜひメルマガ登録をしてみてください。  
 
→仮想通貨投資無料メルマガはこちら!  
 
今回の記事が少しでもお役に立ちましたら、こちらをポチッと押していただけると今後の記事更新のモチベーションに繋がります。

仮想通貨初心者へ!

仮想通貨最新メルマガ

当サイト読者限定で、初心者でもわかりやすく理解できる仮想通貨の基礎知識や最新情報を無料メルマガで解説しています。 これから仮想通貨投資を始める方は、無料メルマガに登録して投資方法や今後価値の上がる仮想通貨の情報を取り入れてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *