liskの仕組みに使われているサイドチェーンとは?

今回は価格高騰が著しい仮想通貨リスク(lisk)について掘り下げるのではなく、そもそもリスクに使われている技術『サイドチェーン』とは一体なんなのか?について詳しく解説していきたいと思います。

結局リスクについて深く掘り下げることになると思いますので、もしリスクに興味を持っている方は、この記事を一つの参考にしてサイドチェーンについて理解していただければと思います。

今後価格高騰が期待できる数少ない仮想通貨?でもありますので、今のうちに仕組みについて理解しておきましょう。

投資初心者
正直サイドチェーンとメインチェーンの違いについて考えたこともないですね笑。なのでこの記事で勉強させていただきます。
管理人
そうですよね笑。この2つの違いを理解しておくと、仮想通貨リスクがなぜ価格高騰しているのかをある程度理解できるかもしれませんよ♪

仮想通貨リスクについて

ここではリスクに使われているサイドチェーンという技術を解説していきます。

その前に、そもそも仮想通貨リスクがどんなものなのかあまりよく分からないという方は、別の記事で詳しく解説していますので、まずはそちらを読んでみてください。

→仮想通貨リスクの詳細

仮想通貨リスクでよく言われることは『仕組みがイーサリアムとかなり似ている』ということです。

イーサリアムとリスクに関しては、同じ『スマートコントラクト属性』の仮想通貨になりますので、その解釈は正しいと言えます。

しかし両者には大きな違いがあり、その違いというのが今回ご紹介する『サイドチェーン』と呼ばれる技術なのです。

仮想通貨リスクのサイドチェーンとは?

まず、仮想通貨イーサリアムの場合、メインチェーンを使ってスマートコントラクトを備えたDApps(分散型プラットフォーム)を構築しています。

対して仮想通貨リスクは、このメインチェーンではなく、独立したブロックチェーンであるサイドチェーンを用いて取引処理を行なっています。

これだけ聞いても両者の違いがよくわかりませんよね?ではサイドチェーンとは具体的にどんな仕組みなのかをさらに掘り下げていきましょう。

サイドチェーンの詳細について

このサイドチェーンというのは、考え方としてはメインチェーンとは独立したブロックチェーンになります。

リスクはメインチェーンにスマートコントラクトのコードを記述するのではなく、このサイドチェーンを使ってスマートコントラクトのコードを記述することになります。

このメリットとしては、メインチェーンに直接記述するよりも取引処理・性能が向上させることができます。

メインチェーンを使わずにサイドチェーンを利用することで、複数のブロックチェーンを使って取引処理をすることが可能です。

考え方としては、メインチェーンにサイドチェーンの情報をリンクさせるような感じですね。

イーサリアムのようにメインチェーンに記述するタイプの場合、一つのチェーンで全ての取引を処理する必要がありますが、リスクのサイドチェーンに関しては、無限に作り出すことができるため、処理能力が高くなるのです。

サイドチェーンはセキュリティにも強い

そしてサイドチェーンのもう一つの利点としては『セキュリティに強い』ことが挙げられます。

例えばイーサリアムの場合、メインチェーンに全ての取引を記述しているため、仮にハッキングの被害に遭えばメインチェーンごと変えることになります。

要するにハードフォークを行うことになるのです。

しかしリスクのようにサイドチェーンを利用している場合、仮にハッキングの被害にあっても、サイドチェーンだけを切り離せば問題を解決することが可能です。

メインチェーンに被害が出ることはないため、大規模なハードフォークをする必要がなくなるのです。

ハッキングによるハードフォークは投資家からの信頼もガタ落ちしますので、このセキュリティの高さというのは大きなメリットとなるのです。

サイドチェーンのメリット・デメリットについて

仮想通貨リスクに使われているサイドチェーンの大きなメリットとしては『スケーラビリティ問題が起こりづらい』ことと『柔軟性の高さ』が挙げられます。

まず仮想通貨が使われるようになると、取引処理が追いつかずにスケーラビリティ問題が起こることがありますが、サイドチェーンであれば、複数のDAppsを使うことができるため、メインチェーンを使っている仮想通貨よりも負荷を小さくすることができます。

そしてサイドチェーンのもう一つのメリットである『柔軟性』も魅力的です。

サイドチェーンは無限に作り出すことができるため、プログラミング言語である『jabascript』を扱えれば、誰でも簡単に新しいサービスを生み出すことができるのです。

これはイーサリアムではできない大きな利点となります。しかしサイドチェーンにもデメリットがあることも事実です。

このサイドチェーンを構築する際に『承認者』を設定する必要があります。

この承認者が少ない場合には、ブロックチェーンのフォークが起こる可能性が高くなるため、セキュリティが不十分になる可能性もあるのです。

メインチェーンVSサイドチェーン

イーサリアムとリスクのどちらが優れているのかはよく議論されていますが、どちらにも長所と短所があるため、賛否が分かれているのが現実です。

イーサリアムに関しては『チューリング完全』というプログラミングの応用が可能なプラットフォームを目指しています。

対して仮想通貨リスクは、プログラミング言語に『javascript』を採用しているため、多くの技術者たちが容易に参入できるというメリットがあります。

現時点ではイーサリアムの方が時価総額や提携企業も多いとされていますが、将来的にはイーサリアムを超えるポテンシャルを持っていると考えられるでしょう。

別の記事で、イーサリアムとリスクの違いについて詳しく解説しているものがありますので、興味があればそちらの記事も読んでみてください。

→仮想通貨リスクとイーサリアムの違いについて

まとめ

今まで『サイドチェーンとメインチェーンは何が違うの?』と思っていた方も、今回の記事でざっくりと両者の違いについて理解していただけたと思います。

さらに深く解説していくと、かなり技術的な話になってしまいますので、頭が混乱してしまう可能性があります笑。

仮想通貨ランキングでは、リスクよりもイーサリアムが上位に位置していますが、それは今の話です。

現在リスクの価格も高騰を続けているため、将来的にはこのランキングにも変動が起こる可能性は十分にあります。

イーサリアムと似ている通貨という解釈ではなく、リスクとイーサリアムの違いを理解しておくことで、今後の可能性について別の視点から見ることができるでしょう。

今後もリスクに関しての最新情報をお伝えしていきますので、そちらも楽しみにしていて下さい。

まだ仮想通貨について深く理解できていない方のために、このサイトでは仮想通貨について基礎から解説しています。  
 
まずは仮想通貨を理解する上で重要な『ビットコイン』や、仮想通貨の仕組みや投資のリスクを知ることが大切です。  
 
今後期待できる仮想通貨ランキングもまとめていますので、そちらもチェックしておきましょう!  
 
→初心者でもわかるビットコイン基礎知識!  
 
→完全日本語対応のオススメ海外取引所について解説!  
 
→将来有望な仮想通貨ランキング!

当サイト限定無料メルマガ配信!

そして段階的に仮想通貨を学びたいという方は、私のサイトの読者限定でメルマガを配信しています。  
 
こちらでは、仮想通貨を基礎から解説しており、ネット上には出回らない仮想通貨の最新情報も定期的に配信しています。  
 
無料で参加することができますので、新しい時代の流れに取り残されないためにも、仮想通貨初心者の方はぜひメルマガ登録をしてみてください。  
 
→仮想通貨投資無料メルマガはこちら!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨初心者へ!

仮想通貨最新メルマガ

当サイト読者限定で、初心者でもわかりやすく理解できる仮想通貨の基礎知識や最新情報を無料メルマガで解説しています。 これから仮想通貨投資を始める方は、無料メルマガに登録して投資方法や今後価値の上がる仮想通貨の情報を取り入れてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *

ABOUTこの記事をかいた人

ひろみつ

初めまして、ひろみつです。このサイトは初心者でもわかりやすいように仮想通貨を解説しています。現在は仮想通貨の可能性を多くの方に伝えつつ、仮想通貨投資や資産運用で資産を増やし続けています。