ビットコイン 2018年以降の投資は遅いのか?

仮想通貨元年と言われていた2017年は、ある意味ビットコインの独壇場となっていたかもしれません。

確かに数多くのアルトコインの価格が高騰したことも注目されましたが、1年という短い期間で、数万円程度のビットコインが200万円にまで高騰した時期もありました。

多くの方が『2018年には1BTC=100万円を超えるかな!』という意見でしたが、実際にはその期待を良い意味で裏切り、2017年の時点で200万円を突破しましたね。

2017年の時点でここまで上がったのであれば、今後もさらに右肩上がりで高騰し続ける!とは言い切れないかもしれません。

誰もが今後の価格高騰を願っているとは思いますが、おそらく今後はビットコインが時価総額ランキングトップの座から降りる可能性もあります。

なのでここでは2018年以降のビットコインの動きについて、今ある情報から私なりの考えをお伝えしていきたいと思います。

2017年のビットコインの価格高騰をおさらい

未来を知るために、まずは去年1年でビットコインの価格がどこまで高騰したのかをおさらいしておきましょう。まず年間のビットコインチャートですが

このように右肩上がりで高騰しているのがわかります。最初は11万円程度の価格からスタートし、現在は150~200の間を上がったり下がったりを繰り返しています。

1年間の上がり幅としては、おおよそ15倍以上となるのです。実際に仮想通貨に詳しい専門家を大きく裏切る結果となりました。

2017年末にはビットコインの好材料が数多くあった!

2017年のビットコインの価格高騰で注目すべき点としては、12月の急激な上がり幅となります。

チャートを見るとわかりますが、ここだけ上がり方がかなり急になっているため、徐々に上がってきた価格から一転してビットコインが大きく高騰する結果となりました。

この時期には世界最大級の銀行がビットコインの先物を検討したり、価格が高騰したことによってメディアでも取り扱われる回数が増えたことによって、投資する人の数が激増しました。

実際にこの時にビットコインに投資していた方ならば分かると思いますが、90万円を超えたあたりから異常なほど伸びましたよね?笑。

この時期は『好材料』『注目度』の両方が重なり、専門家の予想をはるかに上回る伸び代となったのです。

2018年のビットコインは引き続き伸び続ける?

この2017年末のビットコインの上がり幅を見てしまうと、多くの方が2018年にも期待してしまうとは思いますが、実はビットコインの価格高騰よりも、この先は『アルトコイン』の方が伸びるとも言われています。

最終的にはビットコインの価格は200万円以上にはなると言われているのですが、今後の材料を見ると、ビットコインにとってあまりよろしくない材料がいくつか出てきています。

中国がマイニングを禁止する可能性

まず仮想通貨を代表するビットコインは、ほとんどが中国などの発展途上国がマイニングをしています。

以前から囁かれていますが、中国でのマイニングの禁止が決定し、将来的には中国が独占していたマイニング市場が別の国に移ることになるため、中国のマイナーが小規模になるとも言われています。

正直なところ、中国はデマの情報も多いため、このマイニングの禁止が行われるかは分かりませんが、仮にマイニング事業が小規模になれば、今後は中国一強のビットコイン市場が大きく変わってくる可能性があります。

ビットコインは多くのマイナーに支えられて運営していますから、このマイニングの小規模化が今後大きく価格に影響する可能性も十分に考えられます。

ビットコイン以上の機能を持ったコインが高騰する

そしてこれは私の意見も含まれていますが、将来的には現在時価総額ランキング1位のビットコインを追い抜くようなアルトコインが必ず出てくると思っています。

まずビットコインに続いて第2位の位置にあるイーサリアムですが、2018年はこのイーサリアムが大きな躍進を遂げることでしょう。

というのも、2017年前半はビットコインを基軸とした仮想通貨がメインで作られていましたが、後半になるとイーサリアムを基軸としたアルトコインが数多く市場に出回っています。

言ってしまえば、イーサリアムを基軸とした通貨が増えれば、それだけイーサリアムのブロックチェーンが使われる機会が増えるため、自然と価格が高騰することになるのです。

ビットコインから基軸通貨がイーサリアムに移行する流れは今後も加速することが考えられますので、いずれは時価総額ランキングの変動も起こるでしょう。

そして将来的に金融機関に採用される可能性の高いリップルも大躍進を遂げているため、この仮想通貨のランキング上位が2018年に入れ替わる可能性も十分にあるのです。

→ビットコインの今後の暴落を勝手に予想してみた!

ビットコインの時代は終わるのか?

よく大げさに『将来的にはビットコインはこの業界から消えるよ!』なんて発言をしている人もいるようですが、それは考えずらいです。

確かに他のアルトコインのインフラが整えば、ビットコイン自体の希少性は薄れていくため、価格が下がることは考えられます。

しかしここまで価格が高騰しているビットコインが右肩下がりに価格を落としていき、最終的に消えるようなことはまずないでしょう。

おそらく『ボラリティ』が低い通貨へと変わっていく可能性が高いです。

数多くの通貨が上場することで資金が分散し、集中的に投資されることがなくなれば、2017年のようなボラリティは起こりづらくなります。

逆にボラリティが低くなったビットコインの裏で、通貨として優れたアルトコインが評価されて大きく価格を高騰させる出来事が起こる可能性は高いでしょう。

現にビットコインよりも取引処理スピードが早い通貨は数多くありますから、一般的な決済手段としてアルトコインを採用したい企業は山ほどあります。

その数あるアルトコインの中でも、注目すべきなのは『時価総額ランキング上位のもの』です。

イーサリアムやリップルは、今後金融機関や決済手段としてのインフラが整うことで、一般的に使われる可能性の高い通貨と言われています。

ビットコインという看板を背負い仮想通貨業界は大きくなってきましたが、2018年は世代交代の時代が来るかもしれません。

それを考えると投資のチャンスが多い!

せっかく投資をするのであれば、多くの方はボラリティの高いものを選びたいと考えます。

そして調べれば分かる通り、ICOなどでも面白いアルトコインは続々と登場しているのです。

今はまだ価値のないアルトコインでも、その業界にマッチした機能を持っていれば、一夜にして数十倍・数百倍もあり得る世界なのです。

ビットコインのおかげでこの業界の認知度も高まりました。2018年から積極的に投資を始める人たちも増えることが予想されるため、アルトコインの躍進は期待できるでしょう。

逆に機能面で差別化できていない通貨に関しては、おそらく今後は消えていくことになるでしょう。

本当のキャッシュレス化が始まる!

世界から見ても、日本はかなりキャッシュレス化が遅れています。

海外ではほとんど現金を使わずにカードでの決済をしている中、日本人は半数以上が現金での支払いをしているというデータもあるようです。

これを考えると、2020年の東京オリンピックの際にキャッシュレス化が進んでいる外国人が日本に訪れた時、仮想通貨での決済が普及していなければお金を落としてくれる機会が減ることになります。

そのため、2018年2019年は日本の政府も本腰を入れて仮想通貨のインフラを整えるはずです。

インフラが整えば当然仮想通貨を使う人の数が増えますし、認知度も高まります。

そうなれば国内だけでも相当な数の仮想通貨の取引が行われることになるため、市場自体はさらに伸びていくことでしょう。

現金が必要ない時代も遠くない!

私はキャッシュレスの文化に賛成なのですが、日本に住んでいると現金で払うのが当たり前のような感じがしますよね?

時代によってお金の概念は異なりますが、お金はお札のような紙ではなく『信用が形になっているだけ』になりますので、この先お札から仮想通貨に変わることも十分に考えられるのです。

貝殻をお金として扱った時代、そこから紆余曲折を経て今では小銭とお札をお金としているだけです。そうすると、将来的には仮想通貨のような実在しない通貨がお金として考えられる日も来る気がします笑。

『何言ってんだよ!』と言われそうですが、私自身は2020年までに仮想通貨の文化が浸透し、もしかしたら仮想通貨での決済が当たり前の世の中になっているのではないか?と考えています。

それを考えると、10年後・20年後の世界はガラッと変わっていることが想像できますよね?

ビットコインがきっかけで2017年に仮想通貨の文化がある程度浸透しましたが、2018年はビットコイン以外の通貨の動きが大きくなっていくことでしょう。

→ビットコインの買い方をわかりやすく解説!

まとめ

ビットコインに関しては、金融の世界をガラリと変えるという役割を果たしてくれました。

このビットコインという看板があったからこそ今この業界が知られています。

しかしこの先もビットコインがトップを走り続けるのか?と聞かれると、そこは疑問が残るところです。

ビットコイン自体が悪いわけではなく、アルトコインの機能が高く、将来的にはこちらが採用される可能性が高いのは否定できない事実です。

この先ビットコインは残り続けて価格も高騰していくとは思いますが、2018年以降にこの業界を引っ張っていくのは別のアルトコインになる可能性も高いです。

もしこれから投資を考えている方がいれば、ビットコイン一つに絞って投資をするのではなく、幅広い情報を取り入れることが重要になりますので、その点だけは頭に入れておきましょう。

まだ仮想通貨について深く理解できていない方のために、このサイトでは仮想通貨について基礎から解説しています。  
 
まずは仮想通貨を理解する上で重要な『ビットコイン』や、仮想通貨の仕組みや投資のリスクを知ることが大切です。  
 
今後期待できる仮想通貨ランキングもまとめていますので、そちらもチェックしておきましょう!  
 
→初心者でもわかるビットコイン基礎知識!  
 
→完全日本語対応のオススメ海外取引所について解説!  
 
→将来有望な仮想通貨ランキング!

当サイト限定無料メルマガ配信!

そして段階的に仮想通貨を学びたいという方は、私のサイトの読者限定でメルマガを配信しています。  
 
こちらでは、仮想通貨を基礎から解説しており、ネット上には出回らない仮想通貨の最新情報も定期的に配信しています。  
 
無料で参加することができますので、新しい時代の流れに取り残されないためにも、仮想通貨初心者の方はぜひメルマガ登録をしてみてください。  
 
→仮想通貨投資無料メルマガはこちら!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨初心者へ!

仮想通貨最新メルマガ

当サイト読者限定で、初心者でもわかりやすく理解できる仮想通貨の基礎知識や最新情報を無料メルマガで解説しています。 これから仮想通貨投資を始める方は、無料メルマガに登録して投資方法や今後価値の上がる仮想通貨の情報を取り入れてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *

ABOUTこの記事をかいた人

ひろみつ

初めまして、ひろみつです。このサイトは初心者でもわかりやすいように仮想通貨を解説しています。現在は仮想通貨の可能性を多くの方に伝えつつ、仮想通貨投資や資産運用で資産を増やし続けています。