リップルの将来性について(2018版)

数ある仮想通貨の中で、一つだけ少し違った存在感を醸し出しているのが『リップル(XRP)』になります。

私自身いくつか複数の仮想通貨に分散投資をしているのですが、このリップルに関してだけは少し違った考え方を持ち、投資をしています。

おそらく多くの仮想通貨の中で、このリップルほど話題が尽きない仮想通貨は他にないでしょう。

実際に取引所のチャットを見続けていると『リップル』という単語が頻繁に取り上げられています。

ではなぜ世界中に数千と出回っている仮想通貨の中で、このリップルが多くの方に注目されているのか?そして2018年以降、リップルは将来的にどうなっていくのかを今ある情報をもとに予想していきたいと思います。

なぜリップル(XRP)はここまで注目されているのか?

ではまず最初にリップルがなぜここまで注目を集めているのかをおさらいしておきましょう。

そもそもこの仮想通貨リップルというのは『銀行間の国際送金』で使われる仮想通貨となります。

言ってしまえば、世界各国の銀行間の国際送金手段のために開発されたのです。

詳細に話すとかなり大規模なプロジェクトとなるのですが、ここではあえて国際送金手段として使われると言っておきましょう。

雑な感じで表現すると『今の銀行間の国際送金の手数料は高すぎるわ!だったらリップルを採用して格安で、尚且つ最速で送金できる環境を作ってしまおうぜ!』という感じですね笑。

国際送金の現状

今の国際送金というのは、日本から海外に送金するだけでも、数千円、場所によっては数万円以上の手数料がかかってしまいます。

海外の場所によっては、何個も銀行を経由して送金する必要があるため、その都度銀行側に仲介手数料が引かれるのです。

この高すぎる手数料を解消するためにリップルに白羽の矢が立ちました。日本円からXRPを経由して、海外に送金すれば、それだけで『安く』『早く』送金することが可能なのです。

世の中の仕組みとしては『便利なものは積極的に採用していく』流れとなりますので、このリップルに関しては、将来的に銀行間の送金手段としてスタンダードになる可能性が高いのです。

リップル(XRP)の価格が高騰する理由

では今後リップルの価格が高騰する理由について、今ある情報から考えていきましょう。

おそらくこの記事を読んでいるほとんどの方はリップルに投資している、もしくはこれからリップルに投資をしようと考えている方だと思います。

様々な情報が飛び交っていますが、実際のところどこまで価格が高騰するのか気になりますよね?なので数字を交えて価格を予想したいと思います。

リップルが高騰する一番の理由は『銀行の数』

まずリップルが高騰すると考える理由としては、この『取引銀行の数の多さ』が挙げられます。

よく言われるのが『世界中に数千の仮想通貨が出回っている中で、多くの銀行がリップルを採用するとは限らないのでは?』というものです。

確かに一つの通貨としてどれかを採用しなければならないとなった場合、全ての通貨が横並びの状態となるので、機能面に優れた通貨が採用される可能性が高いでしょう。

しかしリップルはその通貨としての考え方が違います。

実はリップルというのは仮想通貨ではなく『多くの通貨を補助するために作られたネットワーク』になりますので、数ある仮想通貨と競うという表現はそもそも間違っているのです。

リップルのネットワークの最終的な目的は『あらゆる通貨のスムーズな送金』を目指していますので、ここが銀行が注目している大きなポイントとなるのです。

すでに銀行間での送金実験を開始・成功している!

そして実際の送金手段として使うことを想定し、2017年末の時点でリップルの送金実験を開始しています。

このニュースにより、リップル自体の知名度が日本や韓国などで大幅に上昇することになりました。

私の知り合いも、以前は仮想通貨という言葉さえ知らなかったのですが、リップルが日経やテレビで取り上げられたことによって『リップルって知ってる?』という話をするまでになりました。

全人口から考えるとまだまだ認知度は低いかもしれませんが、それでも今回の送金実験によって認知度が上がったのは間違いないでしょう。

金融というマーケットを狙っているのが強みになる!

リップル自体がメインの通貨としてではなく、数多くの通貨を補助するネットワークだということをお伝えしましたが、その時点で他の仮想通貨と差別化を図ることができています。

そしてそれに加えて金融の市場のニーズを汲み取り、インフラを整えて今後は国内・国外の送金手段として利用できるように整備が進んでいるのです。

実際にリップルの取引処理スピードや手数料の安さを他の仮想通貨と比較してみても

これだけの違いがあります。今後インフラが整い送金手段として利用されることになれば、時価総額ランキングトップの座も見えてくるかもしれません。

逆にリップルが銀行間の送金で採用されれば、銀行の手数料が格安となるため、今後銀行員の職に対するイメージも変わってくることでしょう。

リップルの将来的な価格を数字で予想してみよう!

リップルの好材料に関しては、SNSやブログを検索すればいくらでも出てきますので、ある程度のところで切り上げます笑。

ここからは『将来的にリップルがどこまで価格を高騰させるのか?』について具体的に考えていきましょう。

よくネット上で現実的ではない数字が出ていることが多々ありますが、果たしてリップルは数年後・数十年後にどこまで価格を高騰させていくのでしょうか?

リップルとビットコインの発行上限枚数の違い

まず前提として、リップルはビットコインと同じように価格が上がることはまず考えられません。基本的な話ですが

  • ビットコインの発行上限枚数:2100万枚
  • リップルの発行上限枚数:1000億枚

これだけ上限枚数に違いがありますので、リップルの価格が100万円を超えるようなことはまず考えられないでしょう。

この点はネット上の情報に騙されないようにしてくださいね笑。

リップル社のロックアップなどの情報もありますが、ここでは1000億枚のリップルが市場に出回ったと仮定して計算していきたいと思います。

国際送金を支配している『SWIFT』

まず現在の国際送金手段を支配しているのが、こちらの非営利組織である『SWIFT(society for worldwide interbank financial telecommunication)』になります。

このSWIFTはおよそ40年以上もの間、世界の国際送金を支配してきた組織となっているため、現在の金融機関の送金のほどんどはこのSWIFTが関わっています。

このSWIFTが送金元・送金先のデータを管理して資金移動をすることで、今現在安全に資金の移動ができているわけです。

今の国際送金市場の覇権を握っているSWIFTは、1日におおよそ5兆ドル(約600兆円)の取引を行なっているため、ここにリップルが参入した場合には、途方もない価格高騰が期待できるでしょう。

リップルはSWIFTの対抗馬!?

40年間不動の地位を確立してきたSWIFTですが、現代の仮想通貨の登場によって、このリップルが対抗馬として覇権を争う可能性があります。

リップルが目指しているのは『ネットで全ての価値が一律に評価され、流動性を持ち取引される社会』なので、コストが限りなくゼロに近い資金の移動を誰でも簡単にグローバルに行えるインフラ作りを目指しているのです。

言ってしまえば国際送金手段としての用途はその最初のターゲットだということですね。

→仮想通貨後発組が投資する際に意識すべき3つのこと!

リップルが国際送金市場に参入した場合

実際に1000億枚のリップルが、この国際送金市場に参入した時の価格がどこまで上がるのか?

まず、リップルの価格を1XRP=100円として考えてみましょう。上限発行枚数が1000億枚ですから、単純に

1000億枚×100円=10兆円

という計算になります。そうすると、リップルの価格が100円の場合には、世の中で10兆円の取引しかできないことになります。

最初にもお伝えした通り、SWIFTの1日の取引額が600兆円ですから、仮にこの市場に参入したとしても、まだまだ取引量が足りませんね。

では1XRP=1000円になるとどうでしょうか?

1000億枚×1000円=100兆円

ここまで価格が高騰すれば、SWIFTの国際送金市場の6分の1をまかなうことができますね。

しかし将来的にはリップルの格安の手数料、そして送金スピードの早さが評価されるはずですから、いずれは国際送金の覇権がリップルに移る可能性も十分に考えられます。

大げさな話、600兆円の市場全てをリップルが握ることができれば、

1XRP=6000円

まで高騰する可能性もありますね笑。

これは今の段階ではあまり現実的ではないかもしれませんが、将来的には十分に可能性として考えられますので、この先の価格の動きには期待したいところですね。

リップルは将来的に伸びる可能性は高い!

将来的な話をしても、今後は懸念材料が出てきて予想が外れることも考えられますが、市場を考えると今のリップルの価格で頭打ちになる可能性は低いことが分かっていただけるでしょう。

現在の価格は『送金手段として使われていない時点での価格』になりますので、リップルのネットワークが取引に使われ始めれば価格が高騰するのは必然と言えるでしょう。

稀にネット上で『リップルは100万いくっしょ!』という話もあるようですが、あれは現実的ではありませんので、騙されないように注意してくださいね。

そして良い点だけではなく、リップルに関する懸念材料も定期的に取り入れて、冷静な市場分析をする必要もあります。

どちらにせよ、今後リップルの価格は上がる可能性が高いため、数ある仮想通貨の中でも特に注目しておくべきものであることは間違いありません。

→リップルとは?買い方や取引所での購入方法を解説!

まとめ

いかがでしたか?今回はリップルの将来性について私独自の視点で考えてみましたが、懸念材料を考慮しても、将来的に伸びる可能性をひめた仮想通貨だということが理解していただけたと思います。

熱狂的なリップルのファン(リップラー)もいるので、価格の底上げもされやすい通貨と言われています(暴落するときはかなり下がりますが笑)。

長期ホールド組、そして認知度が高まったことによる投資家の増加によって、今後リップルの価格がどこまで高騰するのかは気になるところです。

また最新のリップル情報が入れば再度このサイトでお伝えしていきたいと思いますので、そちらもチェックしてみてくださいね。

まだ仮想通貨について深く理解できていない方のために、このサイトでは仮想通貨について基礎から解説しています。  
 
まずは仮想通貨を理解する上で重要な『ビットコイン』や、仮想通貨の仕組みや投資のリスクを知ることが大切です。  
 
今後期待できる仮想通貨ランキングもまとめていますので、そちらもチェックしておきましょう!  
 
→初心者でもわかるビットコイン基礎知識!  
 
→完全日本語対応のオススメ海外取引所について解説!  
 
→将来有望な仮想通貨ランキング!

当サイト限定無料メルマガ配信!

そして段階的に仮想通貨を学びたいという方は、私のサイトの読者限定でメルマガを配信しています。  
 
こちらでは、仮想通貨を基礎から解説しており、ネット上には出回らない仮想通貨の最新情報も定期的に配信しています。  
 
無料で参加することができますので、新しい時代の流れに取り残されないためにも、仮想通貨初心者の方はぜひメルマガ登録をしてみてください。  
 
→仮想通貨投資無料メルマガはこちら!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨初心者へ!

仮想通貨最新メルマガ

当サイト読者限定で、初心者でもわかりやすく理解できる仮想通貨の基礎知識や最新情報を無料メルマガで解説しています。 これから仮想通貨投資を始める方は、無料メルマガに登録して投資方法や今後価値の上がる仮想通貨の情報を取り入れてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *

ABOUTこの記事をかいた人

ひろみつ

初めまして、ひろみつです。このサイトは初心者でもわかりやすいように仮想通貨を解説しています。現在は仮想通貨の可能性を多くの方に伝えつつ、仮想通貨投資や資産運用で資産を増やし続けています。