コールドウォレットとは?ホットウォレットとの違いも解説!

仮想通貨の取り扱いには、このウォレットが必要不可欠なものになりますが、実際にウォレットに関して調べてみると、種類が数多くあるため、どれを選べば良いか混乱してしまうこともあるでしょう。

モバイルウォレットやデスクトップウォレットなど数多くの種類がありますが、その中でも今後使う可能性の高い『コールドウォレット』について今回は詳しく解説していきたいと思います。

コールドウォレットに関しては、今の所セキュリティ面で安全性が高いと言われているのが、このコールドウォレットとなりますので、おそらく今後は多くの方が使うことになると思います。

コールドウォレットとはなんなのか?他のウォレットと比べてどこが優れているのかについて、わかりやすく解説していきたいと思います。

仮想通貨を安全に保管する方法はあるのか?

最近は仮想通貨関連の事件が頻繁に取り上げられていますが、そのほとんどは『ネガティブな情報』となります。

今まで仮想通貨を知らなかった人が、いきなり仮想通貨について悪いニュースを見てしまうと『この仮想通貨業界ってヤバいんじゃないのか?』と不安が強くなるはずです。

銀行にお金を預けておけば、銀行が倒産しない限りは安心して預けることができますが、この仮想通貨に関しては、全てが自己責任となるため、万が一ハッキングの被害を受けても、それを保証してくれることはありません。

取引所であれば決まった上限額の保証はありますが、それでも会社の倒産などが起これば、その保証も意味のないものとなるでしょう。

ではこの仮想通貨を安全に保管する方法はあるのか?そこで白羽の矢が立つのが今回ご紹介する『コールドウォレット(ハードウェアウォレット)』なのです。

コールドウォレットとは?

まずこのコールドウォレットというのは、簡単に言ってしまえば『インターネット上から切り離した環境で保管できるウォレット』のことを言います。

このコールドウォレットは秘密鍵自体をオフラインで管理することができるため、自分の持っている秘密鍵が第三者に知られない限り仮想通貨を引き出すことはできません。

そのため、現在考えられる保管方法の中では最も安全性の高いウォレットと言われています。

コールドウォレットとホットウォレットの違いについて

このコールドウォレットとホットウォレットについてゴチャゴチャになっている方も多いようですが、2つのウォレットは大きく異なります。

ホットウォレットの特徴

まずこちらのホットウォレットに関しては『常にインターネット上に接続された環境で保管されているウォレット』のことを言います。

具体的なウォレットで言うと

  • デスクトップウォレット
  • ウェブウォレット
  • スマホアプリのウォレット

などがこちらのホットウォレットですね。

ホットウォレットの最大のメリットとしては『インターネット上のウォレットなので、手軽に仮想通貨を送金・決済することが可能』です。

たとえば近くのお店で仮想通貨での決済ができる場合、このホットウォレットを利用することで、スマホ一つで商品を購入することができます。

スマホで操作すれば、いつでも仮想通貨を送金することができるため、仮想通貨で買い物をする機会が多い方にはオススメのウォレットとなります。

ただし24時間いつでもインターネットに接続されているため、外侮からの攻撃(ハッキング)によって、自分の資産を盗まれる可能性も考えられます。

なのでホットウォレットには自分の全財産を保管することは避けるようにしましょう。

ホットウォレットのメリット・デメリット

  • 気軽に仮想通貨の決済・送金ができる
  • スマホ一つで操作が可能
  • 外部からの攻撃で仮想通貨を盗まれる可能性がある

コールドウォレットの特徴

では反対にコールドウォレットの特徴を解説してきましょう。こちらのコールドウォレットに関しては、名前からしてホットウォレットとは違った機能を持っていることはだいたい想像がつくと思います笑。

特徴としては途中でもお伝えした通り、『インターネット上から切り離した環境で仮想通貨を保管できる』ため、秘密鍵さえしっかりと保管しておけば、外部から自分の資産を盗まれることはまずありません。

現在多くの取引所もこのコールドウォレットを導入しており、安全に仮想通貨を保管するためには必須のウォレットとなっています。

秘密鍵の保管に注意する

しかしいくつかデメリットがあるのも事実です。

コールドウォレットは秘密鍵がなければ仮想通貨を取り出すことができないため、万が一コールドウォレットの秘密鍵を紛失した場合には、一生自分の仮想通貨を引き出すことができなくなります。

開かずの宝箱となるわけですね。

送金がやや不便に感じる

そしてネット上から切り離した環境で保管するため、頻繁に取引をする場合には少し手間がかかります。

ホットウォレットと比較すると、セキュリティ面には優れていますが、取引や送金手段として使うのにはあまり適していないウォレットとなります。

考え方としては『金庫』のような感じですかね。

コールドウォレットのメリット・デメリット

  • オフラインで資産を保管できるため安全
  • 自分で秘密鍵を管理する必要がある
  • 鍵を紛失すると引き出せなくなる

コールドウォレットの使い方について

私自身は仮想通貨を始める人に必ず『コールドウォレットを必ず使ってください!』と念押しするのですが、上記の説明でその理由をある程度理解していただけたと思います。

結局仮想通貨は仮装(実在しない)通貨となりますので、全てデータで管理されています。

つまりインターネット上(オンライン)に保管している場合、ハッキングされるリスクが必ずついてくるということです。

その状態で保管していると、毎日が不安で仕方ありませんよね?そこでこの秘密鍵をオフラインで管理することができるコールドウォレットを持つことをオススメしているのです。

では実際コールドウォレットにはどのような種類があるのか?使い方なども解説していきます。

基本的に取引所はコールドウォレットを採用している

まず最初にお伝えしておきますが、私たちが仮想通貨取引をする際に必ず利用する『取引所』に関しては、このコールドウォレットを採用しています。

全ての取引所で採用されているかどうかはわかりませんが、大手の取引所であれば、この安全性の高いコールドウォレットを使っているため、基本的にはハッキングされる心配はないようです。

コールドウォレットを分散して作成し、万が一のことが起こっても資産が全て消えてしまわないような工夫をされています。

しかし各国の取引所は毎日のようにハッカーから攻撃を受けているため、今後何が起こるかは全くわかりません。

全て取引所を信用するのではなく、必ず自分専用のコールドウォレットを準備しておき、そちらに資産を保管しておきましょう。

安全に資産を保管したい場合はハードウェアウォレット

コールドウォレットとして安全性が高く、使いやすいと言われているのは、こちらの『ハードウェアウォレット』になります。

このハードウェアウォレットに関しては、専用のハードウェアに秘密鍵を保管することができるため、ネット上から切り離した環境で安全に保管することができます。

ハードウェアから仮想通貨を送金する場合には、パソコンに接続して専用のアプリを介して送金することが可能です。

仮想通貨で莫大な資産を持っている方に関しては、こちらのハードウェアウォレットを当たり前のように使っていますので、今後は必ず準備しておくようにしましょう。

→ハードウェアウォレットとは?仕組みを簡単に解説!

長期ホールドならばペーパーウォレット

そしてもう一つコールドウォレットとしておすすめなのが『ペーパーウォレット』になります。

こちらに関しては、長期ホールド(数年単位で仮想通貨を持ち続ける)場合には特におすすめのウォレットです。

アドレスと秘密鍵を紙に書き、それを金庫などに保管しておけば、第三者に秘密鍵を知られることなく長期で保管することが可能です。

ただし、頻繁に取引をする場合には、このペーパーウォレットだと不便なことが多いため、半年・1年単位でホールドを考えている方向けのウォレットとなります。

管理人が選ぶおすすめのコールドウォレット

最後になりますが、今後このコールドウォレットを使いたいという方のために、私自身が実際に現在も使っているおすすめのコールドウォレットをいくつかご紹介しておきたいと思います。

ちなみに私自身は『ハードウェアウォレット』が一番使いやすいと感じるため、その中でおすすめできる2つのハードウェアウォレットをご紹介したいと思います。

メインで使っている『Ledger Nano S』

仮想通貨上級者であれば、おそらく誰もが持っているであろう商品が、こちらの『Ledger Nano S』になります。

こちらのハードウェアウォレットに関しては、小指程度の大きさのハードウェアに

  • ビットコイン
  • リップル
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアムクラシック

などの主要通貨のほとんどを保管することが可能です。

最近イーサリアムやリップルが爆上げしたことによって、それらの通貨に対応しているLeder Nano Sが爆発的に売れているようで、現在ネット上では品切れ状態となっているかもしれません。

海外の製品なので、日本では品薄状態が続いているようですが、定期的に入荷しているようなので、なるべく早い段階で買っておくことをおすすめします。

リスク管理をするのであれば、このLeder Nano Sを2つ購入しておいても良いかもしれませんね。ちなみに私は心配性なので2つ持っています笑。

利用者の多い『Trezor』

そしてLeder Nano Sと同じくらい人気の高いウォレットなのが、こちらの『Trezor』になります。

こちらはUSBタイプのウォレットとなっており、対応通貨としては

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • ダッシュ
  • Cash
  • ライトコイン

などが挙げられます。

Leder Nano Sでは対応していないアルトコインも保管することができるため、2つを使い分けている人もいるようです。

こちらも最近利用者が増えているウォレットとなりますので、現在買うことができるかはわかりません。

自分がどの通貨に投資をするのかによって使い分けることができますので、対応通貨を確認してウォレットを選んでみてください。

ウォレットの購入で必ず覚えておくこと!

このハードウェア・USBのウォレットを使うことで安全に資産を保管することができますが、一つだけ必ず覚えておいていただきたいことがあります。

それは『正規の販売店から購入すること!』です。

間違ってもメ●カリのような中古品を販売しているような場所で格安で購入しないでください。

というのも、中古品の場合、事前に秘密鍵の設定をされている可能性もあるため、自分が仮想通貨を保管していても、第三者から盗まれる可能性もあります(実際にこのような事件が起こっています)。

そのため、ハードウェアウォレットに関しては、正規の販売店から新品のものを購入して使うようにしましょう。

稀にアマゾンで格安で販売されていることもありますが、あれも販売元が謎なので、手を出さないほうが良いでしょう。

ウォレットの価格をケチってしまうと、後々多額の資産を失うことになりますので、その点に関しては、必ず頭に入れておいてください。

→仮想通貨取引所のハッキング事件は今後も起こるのか?

仮想通貨取引所の破綻・倒産はいずれやってくるのか!?

まとめ

今回はコールドウォレット・ホットウォレットについてわかりやすく解説してきました。

ウォレットに関してよくわからなかった方も、今回の記事である程度理解していただけたと思います。

このウォレットは、いわば私たちの使っているお財布のようなものですので、管理方法を間違えると大変なことになります。

秘密鍵を第三者に知られるような保管方法をしているということは、自分のお財布を人通りの多い道端に置いているようなものです。

仮想通貨は目には見えませんが、お金と同じ価値のあるものですので、管理方法に関しては十分に気をつけておきましょう。

しっかりと管理しておけば自分の資産を盗まれる心配はまずありませんよ。

まだ仮想通貨について深く理解できていない方のために、このサイトでは仮想通貨について基礎から解説しています。  
 
まずは仮想通貨を理解する上で重要な『ビットコイン』や、仮想通貨の仕組みや投資のリスクを知ることが大切です。  
 
今後期待できる仮想通貨ランキングもまとめていますので、そちらもチェックしておきましょう!  
 
→初心者でもわかるビットコイン基礎知識!  
 
→完全日本語対応のオススメ海外取引所について解説!  
 
→将来有望な仮想通貨ランキング!

当サイト限定無料メルマガ配信!

そして段階的に仮想通貨を学びたいという方は、私のサイトの読者限定でメルマガを配信しています。  
 
こちらでは、仮想通貨を基礎から解説しており、ネット上には出回らない仮想通貨の最新情報も定期的に配信しています。  
 
無料で参加することができますので、新しい時代の流れに取り残されないためにも、仮想通貨初心者の方はぜひメルマガ登録をしてみてください。  
 
→仮想通貨投資無料メルマガはこちら!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨初心者へ!

仮想通貨最新メルマガ

当サイト読者限定で、初心者でもわかりやすく理解できる仮想通貨の基礎知識や最新情報を無料メルマガで解説しています。 これから仮想通貨投資を始める方は、無料メルマガに登録して投資方法や今後価値の上がる仮想通貨の情報を取り入れてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *

ABOUTこの記事をかいた人

ひろみつ

初めまして、ひろみつです。このサイトは初心者でもわかりやすいように仮想通貨を解説しています。現在は仮想通貨の可能性を多くの方に伝えつつ、仮想通貨投資や資産運用で資産を増やし続けています。