トークンエコノミーとは?初心者にわかりやすく解説!

今回は最近よく聞く単語である『トークンエコノミー』についてわかりやすく解説していきたいと思います。

仮想通貨関連の情報を調べると、このように必ず専門的な用語が出てきますが、正直初心者からするとよくわからないものが多いですよね?

ある程度知識があれば当たり前のように理解することができますが、最近仮想通貨業界に参入した場合には、一つ一つの単語を調べながら文章を読んでいく必要があります。

その中でも、今回はこの『トークンエコノミー』についてご紹介していきます。

トークンについておさらい

まずトークンエコノミーを理解する前に『トークンエコノミーとトークンは一体何が違うのか?』という疑問が出てくると思います。

まずトークンというのは、実際にはちゃんとした定義をされていませんが、簡単に言ってしまえば『ブロックチェーン上に発行した独自のコイン』のことを言います。

仮想通貨ビットコインが発行されていますが、そのブロックチェーンを使って新しく独自に作られたコインがトークンになるということですね。

認知度が高まり流通しなければ、ただの価値のないコインとなりますが、他の通貨にはない独自の機能を取り入れて認知度が上がれば、そのトークン自体の価格が高騰することになります。

トークンエコノミーとは?

このトークンエコノミーは『トークン(代替紙幣)を用いたエコノミー(経済)』という意味になります。

トークンに価値が生まれる仕組みに関しては最初にお伝えしましたが、このトークンが通貨として取引されることで価値が生まれると、そこに経済(トークンエコノミー)成り立つのです。

トークンエコノミーの詳細

例えばですが、私が仮想通貨トークン『Aコイン』を作ったとします。

そのトークンが他の通貨にはない新しい機能を持っていたため、多くの人がこのAコインに興味を持ち、実際にお金を払って購入したとします。

もともと価値のなかった私のAコインも多くの人が購入することで、その通貨事態に価値が生まれて価格が高騰していきます。

そしてそのAコインを使った新しいサービスを作り出し、そこで決済手段として私のAコインを採用すれば、ここで経済が生まれるのです。

これをトークンエコノミーと呼んでいます。ある程度理解していただけたでしょうか?

トークンエコノミーが注目されている理由

今まで私たちの常識としては、何か新しいものを購入する場合、その商品を買う代わりに『法定通貨(日本円)』を支払っていました。

これは結局銀行が仲介に入り、個人→銀行→個人の流れで交換をされていたのです。

これが今までのエコノミー(経済)だとしたら、トークンエコノミーは『通貨を発行している人と生産者が同じ』でも全く問題ないのです。

例えばですが、私が動画コンテンツを作ったとします。その際に、私が事前に作っておいたトークン『Aコイン』を支払わなければ動画を見ることはできません!と決めたとします。

そうすると、その動画を見る人たちは必ず私の独自トークンを購入して動画を見ることになるのです。

これは仲介に銀行を一切通していませんよね?

今までは国が発行した通貨が必ず必要でしたが、トークンエコノミーがあれば『国の発行した通貨自体を使う必要がなくなる』のです。

日本円が必要なくなる時代は来るのか?

トークンエコノミーの話を聞いても、やはり多くの人は日本円でいくらなのか?という基準で考えるはずです。

例えば先ほどから例に出している私の発行したAコインも、1Aコイン=○円と表現すると分かりやすくなります。

しかしこれだと今までの経済圏にトークンを代わりに置いているだけなので、それならば日本円でやり取りをした方が簡単です。

ですが仮に『ビットコイン』が基準となった場合、Aコイン=○BTC(ビットコイン)という基準となるため、こうなれば日本円を基準として考えなくなります。

ビットコインは一例ですが、いずれ仮想通貨業界が私たちの生活に浸透してくれば、いずれは基軸となるものが出てくることになります。

そうすると、この日本円基準で考えるのではなく、一つの仮想通貨を基準としてトークンを扱うことができるのです。これが現実化したら時代は大きく変わることになりそうですね!

ブロックチェーン技術がトークン発行を実現した!

このトークンの発行に関して忘れてはならない技術が『ブロックチェーン』になります。

というのも、自分で独自のトークンを発行したとしても、必ずそのトークンを使って悪さを企む人が出てきます。

例えばトークンの発行枚数が100枚だと発表しているのにも関わらず、実際には300枚が上限発行枚数だとしたら、取引する際に全く信用性がなくなります。

しかしこのブロックチェーン技術があることによって『一切不正ができない仕組み』になるのです。

自分が開発した独自トークンにビットコインのブロックチェーン技術を使えば『第三者が取引記録を承認する』ことになるため、一切の不正ができないのです。

独自トークンを発行して価値を上げるためには、多くの人に手に取ってもらわなければなりません。

そのためには『信頼性』がとても大切になりますので、ブロックチェーン技術を欠かすことはできないのです。

トークンに投資するメリット・デメリット

今後は自分で独自トークンを開発するのも面白いかもしれませんが、初心者がいきなりそこに挑戦するのは難しいと思いますので、まずはトークンに投資する側の視点から入ってみましょう。

すでにご存知かもしれませんが、今世界中で新しいトークンが続々と登場しています。有名なのが『ICO』と呼ばれるものですね。

これは簡単に言ってしまうと『新しいトークンを独自に開発するから、みんな資金を投資してくれ!』というものです。

事前に新しいトークンの詳細を記載したホワイトペーパーを投資家たちに発表し、そのトークンが今後どのように使われるのかを解説します。

そこで可能性を感じた投資家たちが、そのトークン開発に資金を投じるのです。これがいわゆるICOと呼ばれるものですね。

よくネット上では『ICOは誰でも簡単に儲かる』というような話をしていますが、その美味しい話に騙されてはいけませんよ!

確かにICOに投資をして100倍1000倍のリターンを得た方も数多くいますが、それはごく一部のトークンだけです。

ICOの大半は資金を集めるだけの詐欺通貨なので、投資をしても、お金だけ持ち逃げされることがほとんどです。この点は十分に注意する必要があります。

今後はトークンエコノミーがさらに注目される

正直このトークンエコノミーには大きな可能性を感じています。

今はまだICOやトークンには投資対象としてしか見られていませんが、実際にトークンエコノミーがこの世で使われるようになれば、独自のプラットフォームが続々と登場することになるでしょう。

例えば面白い動画を作るスキルに長けた人は、自分の動画配信サービスを作り、そこのプラットフォームでしか使えないトークンを開発すれば、自分一人でトークンエコノミーを作ることができます。

広い視点で考えれば、今支払っている公共料金の支払いのためのトークンを開発し、自分が使った分だけを毎回自動で引き落とされるような仕組みも構築することができると思います。

もちろんここまでの仕組みを作り上げるには数多くの課題をクリアしなければなりませんが、全く不可能な話ではなないのです。

仮想通貨の本格的な普及はこれから!

多くの方が『仮想通貨=投資して儲かるもの』と考えがちですが、実はその先にはより私たちの生活を便利にしてくれるような未来が待っています。

今価格が高騰し、時価総額ランキング上位に位置する仮想通貨も、そのほとんどはICO(トークン)として市場に出回りました。

ビットコインに関しても、数年前までは数千円程度の価値しかなかったものが、もうすでに数十万・数百万にまで高騰しています。

これはビットコインに将来性を感じた人たちが投資した結果であり、ビットコイン自体は何も変わっていません(技術的なことは進化し続けています)。

それを考えると、今後独自トークンを開発し、トークンエコノミーを構築することが可能性のある話に感じませんか?

最近ではIoT(internet of things)の技術も進歩していますので、いずれは物とインターネットが繋がることになります。

そこに仮想通貨のトークンが組み合わされば、物自体が料金を支払ってくれるような話も現実化するのです。

そろそろ話が逸れまくってきたので、この辺で終わりにしたいと思います笑。

zaif トークンとは?チャートも詳しく解説!

『マイクロペイメント』とは?仮想通貨をやるならば覚えておこう!

マイニングのハッシュレートとは?具体的に解説します!

まとめ

いかがでしたか?

トークンエコノミーに関して簡単に解説してきましたが、ある程度可能性を感じていただけたでしょうか?

以前のエコノミー(経済)は日本円が必ず関わっていましたが、これからは独自トークンの発行により、トークン同士でもトークンエコノミーを構築することも考えられます。

そうなると、最終的には日本円を使う場面も減り、仮想通貨という文化が当たり前のように浸透している世の中も想像できるため、私自身は今後も仮想通貨の技術を多くの方に伝えて行こうと思っています。

『トークンエコノミー』という単語だけを聞くとピンとこないかもしれませんが、今回の記事のような具体例を読めば、ある程度可能性を感じていただけると思っています。

今後も新しい単語が出てきたら、なるべくわかりやすくて解説していきたいと思いますので、そちらもお楽しみに!

まだ仮想通貨について深く理解できていない方のために、このサイトでは仮想通貨について基礎から解説しています。  
 
まずは仮想通貨を理解する上で重要な『ビットコイン』や、仮想通貨の仕組みや投資のリスクを知ることが大切です。  
 
今後期待できる仮想通貨ランキングもまとめていますので、そちらもチェックしておきましょう!  
 
→初心者でもわかるビットコイン基礎知識!  
 
→完全日本語対応のオススメ海外取引所について解説!  
 
→将来有望な仮想通貨ランキング!

当サイト限定無料メルマガ配信!

そして段階的に仮想通貨を学びたいという方は、私のサイトの読者限定でメルマガを配信しています。  
 
こちらでは、仮想通貨を基礎から解説しており、ネット上には出回らない仮想通貨の最新情報も定期的に配信しています。  
 
無料で参加することができますので、新しい時代の流れに取り残されないためにも、仮想通貨初心者の方はぜひメルマガ登録をしてみてください。  
 
→仮想通貨投資無料メルマガはこちら!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨初心者へ!

仮想通貨最新メルマガ

当サイト読者限定で、初心者でもわかりやすく理解できる仮想通貨の基礎知識や最新情報を無料メルマガで解説しています。 これから仮想通貨投資を始める方は、無料メルマガに登録して投資方法や今後価値の上がる仮想通貨の情報を取り入れてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *

ABOUTこの記事をかいた人

ひろみつ

初めまして、ひろみつです。このサイトは初心者でもわかりやすいように仮想通貨を解説しています。現在は仮想通貨の可能性を多くの方に伝えつつ、仮想通貨投資や資産運用で資産を増やし続けています。