仮想通貨のウェブウォレットとは?わかりやすく解説!

仮想通貨を保管する場合、この『ウォレット』と呼ばれるものが必要となります。実際にウォレットと検索してみると、

  • ウェブウォレット
  • ハードウェアウォレット
  • デスクトップウォレット
  • モバイルウォレット
  • ペーパーウォレット

など多くの種類があります。

その中でも、今回は『ウェブウォレット』の詳細やメリット・デメリットについてわかりやすく解説していきたいと思いますので、ぜひ一つの参考にしていただければと思います。

最初にお伝えしておきますが、ウォレットを使うときに、この『ウェブウォレット』に全ての資産を預けるのは危険です。

その理由についても解説していきます。

そもそもウェブウォレットとは?

まずこのウェブウォレットというのは、簡単に言ってしまえば『インターネット上に繋がった場所に仮想通貨を保管するウォレット』のことを言います。

別の名称で『オンラインウォレット』『ホットウォレット』と呼ばれることもありますので、その点はごちゃごちゃにならないように注意しておきましょう。

ウェブウォレットに関してはインターネットにつながる環境であればいつでもウォレットサービスを利用することができるため、頻繁に取引をする際には便利になります。

ウェブウォレットのメリットについて

このウェブウォレットには多くのメリットがあります。

端末を選ぶ必要がない

一番のメリットは、この『端末を選ばない』ということです。

例えばあなたが使っているスマホやパソコンにウォレットのアプリをダウンロードして使う場合、その2つの端末がなければ自分のウォレットを開くことができませんよね?

しかし、ウェブウォレットの場合は、インターネットに繋がりさえすればいつでもウォレットを開くことができるため、場所を問わずどこでも使用することが可能です。

例えばスマホを無くしてしまったとしても、端末に依存したものではないため、新しくスマホを購入すれば、そこから簡単にウォレットにアクセスすることができるのです。

無料登録で手軽に始めることが可能

そしてこのウェブウォレットに関しては、特に難しい設定や使用料のようなものは必要ありません。

ほとんどのウェブウォレットが無料で簡単に開設することが可能なため、仮想通貨初心者であってもすぐに登録することができます。

ウォレットを使うだけですが、種類によってはウォレットを購入したり登録料が発生することもありますが、このウェブウォレットに関しては、無料で簡単に使えるのです。

これは大きなメリットと言えそうですね。

管理がとても簡単

ウォレットの管理に関しても、そのサイトの管理人が全て担ってくれますので、メールアドレスとパスワードさえ登録してしまえば、あとはほったらかしで大丈夫です。

セキュリティに関しても、運営側が全て設定してくれていますので、私たちユーザーがやることはほとんどありません。

運営側に依存しているのはデメリットでもありますが、面倒な管理が全くないという点ではメリットと言えるでしょう。

他のウォレットに比べて圧倒的に楽に使うことができます。

ウェブウォレットのデメリット・リスクについて

メリットの多いウェブウォレットですが、ここからは必ずウェブウォレットを使う際のデメリットやリスクについても解説していきます。

ちなみにですが、私自身はこのウェブウォレットをほとんど使っていません。

その理由は今から紹介するデメリットが怖いからです。

運営側のサイトに依存していること

やはりウェブウォレットを使う場合のリスクとして、この『運営側に依存していること』が挙げられます。

仮想通貨自体はハードウェアウォレットなどを用意すれば、自分の手で保管することが可能ですが、このウェブウォレットに関しては、全て運営側に依存した形で保管されるため、ハッキングされる可能性があるのです(24時間インターネットに繋がっているため)。

ウェブウォレットの利用規約などを調べてみると分かりますが『一切保証などはしない』という記載がありますので、これを考えると、自分の資産をウェブウォレットに全て入れてしまうことがどれだけハイリスクなのかが分かっていただけると思います。

銀行に自分のお金を預ける感覚でウェブウォレットを使っている人は、十分に注意しておいてください。

保管できる通貨の数が圧倒的に少ない

現在ビットコイン以外にも、数多くのアルトコインが出回っていますが、このウェブウォレットに関しては、保管できる仮想通貨の数が少ないため少し物足りないと感じます(特に非取引所系のウェブウォレット)。

そのため、ビットコインやイーサリアム などの主要通貨以外のアルトコインを取り扱いたいと考えている場合には、このウェブウォレットは不向きと言えるでしょう。

正直な話、どんなに数多くのアルトコインを取り扱ったとしても、このウェブウォレットに大量のコインを預けることはないんですけどね笑。

セキュリティが弱い

これはウェブウォレットだけではありませんが、今の仮想通貨業界のセキュリティは、ハッカー側からすると『めちゃめちゃ甘い』らしいです笑。

これはホワイトハッカーから直接聞いたので、間違いありません。

例えば取引所のセキュリティに関しても、ハッカーからするとすぐに資金を抜き出すことができるため、取引所=安全と考えているユーザーのウォレットは特に狙われています。

仮想通貨に関しては、取引所=銀行のような解釈をしている方が多いため、その場合には

  • 取引所が破綻するリスク
  • 取引所のセキュリティが甘く、盗まれるリスク

の両方を抱え込むことになります。

このセキュリティに関しては、仮想通貨の今後の大きな課題となりますが、今のところ100%安全な保管方法はないということだけ覚えておきましょう。

自分で管理することができない

これは運営側に依存していることと同じような意味になりますね。

預けている通貨は全て自分の資産ではありますが、ウォレット自体が運営側のサービスとなりますので、

  • どんなセキュリティを取り入れているのか?
  • 運営側の体制は万全なのか?
  • ユーザーへの対応は十分にされているのか?

など見えないところに不安が出てきます。

自分で管理していないということは、運営側が相当信頼できなければ安心して預けることができません。

もちろん中には信頼できるウェブウォレットの運営元もあるかもしれませんが、途中でもお伝えした通り、現段階では100%安全な保管場所はありませんので、今後自分の資産を全てウェブウォレットに保管することは絶対にやめておきましょう。

ウェブウォレットは便利!しかし注意点も覚えておこう!

デメリットやリスクを理解した上でウェブウォレットを使うのは問題ありませんが、良い点ばかりを解説しておいて悪い部分をひた隠しにすることは違うと思いますので、今回はメリット・デメリットをしっかりとお伝えしました。

しかし今後ウェブウォレットを利用する場面も出てくると思います。正直24時間いつでもどこでもウォレットを使えるのは便利ですし、決済手段として使う場合にも楽です。

ここからはウェブウォレットを使う上で注意すべき点をいくつかお伝えしておきたいと思います。

使う分だけウォレットに通貨を入れる

基本的には、ウェブウォレットの中には『大金を入れておかない』ことが何よりも重要になりますので、今後は最悪の事態が起こって無くなっても問題ない金額を入れておきましょう。

自分の総資産をウェブウォレットに入れておくということは『ハッカーさん、どうぞ自分の総資産を盗んでください!』と言っているようなものなので、これだけは絶対に避けてください。

決済用・送金用で使う分だけ入れておくことで、便利に使うことができます。

必ず資産は分散しておく

そしてもう一つの注意点としては、このウェブウォレット以外にも、いくつかのウォレットを用意しておき、そこに自分の資産を分散して保管しておくことです。

現状仮想通貨を保管する場所で100%安全なものはありませんから、一つのウォレットから資産を盗まれても総資産を失わないように、必ず複数のウォレットに分散して保管しておくようにしましょう。

銀行を利用する場合でも、自分のお金を複数の銀行に分散して保管しておくことはある意味常識ですよね?それと同じような考えを持ち、今後も仮想通貨と付き合っていきましょう。

他のウォレットを簡単にご紹介!

ウォレットを分散すると言っても

  • ウェブウォレット(A社)
  • ウェブウォレット(B社)
  • ウェブウォレット(C社)

のように、全てウェブウォレットを使ってもあまり意味がありません。

いや、意味がないというのは嘘になるかもしれませんが、ハッキングのリスクはそこまで減りませんので、できれば別のウォレットを使って資産を分散すべきなのです。

そのため、ここではウォレットの種類と特徴についていくつかご紹介しておきます。

ハードウェアウォレット

今のところ、セキュリティが一番強固だと言われているのが、こちらの『ハードウェアウォレット』になります。

このハードウェアウォレットの特徴としては『秘密鍵が盗まれない限り、自分の資産を取られることはない』という点です。

最初の設定で秘密鍵を設定し、自分の通貨を引き出す際に暗証番号を入力することで、ウォレットから送金することができます。

ただ、一つだけ注意していただきたいのは、ほとんどの方はこのハードウェアウォレットに入れておけば100%安心だと思っているようですが、実はそんなことはありません。

ハードウェアウォレット は秘密鍵があれば復元することが可能です。ということは、秘密鍵自体がクラウド上に存在することになるため、ハッキングのリスクはゼロではないのです。

この秘密鍵さえ見つけてしまえば、あとはハッカーが資産を引き出すだけになりますので、この点は頭に入れておきましょう。

ただ、現在考えられる保管場所として最もセキュリティが高いのが、こちらのハードウェアウォレットなのも事実です。

ハードウェアウォレットとは?仕組みを簡単に解説!

モバイルウォレット

多くの資産はハードウェアウォレットに入れておくことが一番ですが、こちらのモバイルウォレットに関しても、利便性は高いので、一つ作っておくと良いでしょう。

モバイルウォレットの場合、ウォレットのスマホアプリをダウンロードして、そこに自分の通貨を保管するため、スマホ自体を紛失してしまうと資産を飛ばすこともあります。

なので事前にスマホのバックアップを取っておき、最悪の自体を起こさないように注意しておきましょう。

バックアップ自体はそこまで面倒なことはありませんので、必ず事前に設定しておいてくださいね。

コールドウォレットとは?ホットウォレットとの違いも解説!

仮想通貨のハードウェアウォレットが故障した!復元は可能?

まとめ

ウォレットに関する悩み・不安に関しては、今の所100%解決することができません。

ハードウェアウォレットでも、秘密鍵が使われているので確実に安全な環境ではないのです。

しかし今の所、どのウォレットでも『絶対に安心です!』と言い切れるものはありませんので、どうしても不安な方は、仮想通貨を持つのではなく、なるべく円に変えて銀行に資産を預けておいたほうが良いでしょう。

そのほうがストレスもありませんし笑。

この先私たちが求めている『絶対に安心できるウォレット』が市場に出回れば、この業界もガラッと変わることになるでしょう。

取引所のハッキング問題・ウォレットの安全性は今後の最優先課題となりますので、この先もし良い情報が出てきた場合には、いち早くご紹介していきたいと思います。

まだ仮想通貨について深く理解できていない方のために、このサイトでは仮想通貨について基礎から解説しています。  
 
まずは仮想通貨を理解する上で重要な『ビットコイン』や、仮想通貨の仕組みや投資のリスクを知ることが大切です。  
 
今後期待できる仮想通貨ランキングもまとめていますので、そちらもチェックしておきましょう!  
 
→初心者でもわかるビットコイン基礎知識!  
 
→完全日本語対応のオススメ海外取引所について解説!  
 
→将来有望な仮想通貨ランキング!

当サイト限定無料メルマガ配信!

そして段階的に仮想通貨を学びたいという方は、私のサイトの読者限定でメルマガを配信しています。  
 
こちらでは、仮想通貨を基礎から解説しており、ネット上には出回らない仮想通貨の最新情報も定期的に配信しています。  
 
無料で参加することができますので、新しい時代の流れに取り残されないためにも、仮想通貨初心者の方はぜひメルマガ登録をしてみてください。  
 
→仮想通貨投資無料メルマガはこちら!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨初心者へ!

仮想通貨最新メルマガ

当サイト読者限定で、初心者でもわかりやすく理解できる仮想通貨の基礎知識や最新情報を無料メルマガで解説しています。 これから仮想通貨投資を始める方は、無料メルマガに登録して投資方法や今後価値の上がる仮想通貨の情報を取り入れてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *

ABOUTこの記事をかいた人

ひろみつ

初めまして、ひろみつです。このサイトは初心者でもわかりやすいように仮想通貨を解説しています。現在は仮想通貨の可能性を多くの方に伝えつつ、仮想通貨投資や資産運用で資産を増やし続けています。