ビットコインのリプレイアタックとは?対策もご紹介します!

仮想通貨の分裂(ハードフォーク)という言葉はよく使われるため、多くの方がある程度知識があるとは思いますが、ハードフォークの後に潜む怖いリスクである『リプレイアタック』についてはあまり知られていません。

何度か聞いたことはあるかもしれませんが、実際にこの言葉の意味を理解している方はごくわずかでしょう。

なのでここではリプレイアタックについてわかりやすく解説していきたいと思います。

この言葉を理解しておかないと、知らない間に自分の資産を抜き取られる可能性もあります。

その意味についても解説していきますので、ぜひ今回の記事でこの言葉の意味を理解しておいてください。

リプレイアタックを知る前に!

まずこのリプレイアタックを理解するためには、最初に『ハードフォーク』についておさらいしておく必要があります。

ハードフォークというのは、簡単に言ってしまうとブロックチェーンを新しくアップグレードし、以前使っていたネットワークを完全に分岐させることを言います。

例えば、以前にビットコインのハードフォークが起こりましたが、この時にビットコインと『ビットコインキャッシュ』の2つの通貨に分かれましたよね?

ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するためのハードフォークでしたが、このように2つのネットワークに完全に分岐するのです。

場合によっては以前のサービスを使わずに新しいシステムだけを採用することもありますが、ビットコインやイーサリアムに関しては、ハードフォークによって両方の通貨を残しているのです。

ハードフォークの詳細

このハードフォークによって通貨が分岐すると、今まで使っていた通貨と、新しくアップデートされた通貨の両方を使えることになります。

実際に『ハードフォークが起こりますよ!』という情報が出回ると、多くの投資家がその通貨に投資を始めるため、一時的に価格が高騰します。

そしていざハードフォークが行われると、分岐した後に両方の通貨が自分のものとなります。ビットコインとビットコインキャッシュの分岐の時もそうです。

例えばその時にビットコインを100万円分持っていたら、分岐したビットコインキャッシュも同じだけの通貨が付与されるということですね。

これで単純に資産が倍になるわけではありません。

市場価値としては全く別になるため、ハードフォーク=儲かるということでもないのです。

投資初心者
確かにハードフォークが起こる前は価格が高騰しますよね!
管理人
そうですね。多くの人が分岐によって得られる通貨を狙っているんでしょう。
投資初心者
分岐する前に売り抜けるのも良さそうですね!
管理人
それは戦略になりますが、価格が高騰しているうちに売り抜けて利益確定をする人も多いですよ♪

リプレイアタックについて

仮想通貨が分岐して、新しくアルトコインとして分岐した通貨が出回ることになると、一つ厄介な問題が出てきます。

それは『別の通貨ではあるが、使っている秘密鍵は一緒』だということです。

例えばビットコインとビットコインキャッシュのハードフォークが起こった時、ビットコインキャッシュが新しく付与されることになります。

分岐してから間もない頃にビットコインの送金をすると、秘密鍵が同じになるため『トランザクションが両方のブロックチェーンで有効』となってしまうのです。イメージ的には

分岐が起こる前は1つのブロックチェーンを使って送金していたものが

分岐した後は2つのブロックチェーンでトランザクションが有効になります。

一方の通貨を送金したとしても、トランザクションが有効となっているため、一度の送金でトランザクションを再利用できるのです。

ここを狙って攻撃してくるのが『リプレイアタック』なんですね。

リプレイアタックの具体例

よくハードフォークが起こった時には『すぐに取引をしないでください!』という注意が促されているのを見たことがありますか?

これはハードフォークによって取引所が混乱しているからではなく、ハードフォーク直後の送金によって『リプレイアタック』の被害を受ける人を出さないための注意なのです。

リプレイアタックによる攻撃の具体例

ハードフォークが起こり、その後あなたはビットコインで何かしらの買い物を考えているとします。

その時に1BTCをトランザクションを実行した場合、自分のアドレス→受取人のアドレスに送金することになります。

しかしハードフォークが起こっている場合、秘密鍵が2つのブロックチェーンで有効となるため、一回の送金によってもう一つのブロックチェーンでもトランザクションが有効となってしまうのです。

この送金の時にリプレイアタックで攻撃されると、気がつかないうちに自分の送金した通貨を引き出される可能性があるのです。

トランザクション自体は、ブロックチェーンが違っていても、元帳の取引の履歴は類似することになるため、結局は両方のブロックチェーンで取引がされるのです。

悪質なリプレイアタックにより、あなたのトランザクションを読み取り、もう一方のブロックチェーンを使って取引をすれば、簡単にあなたのブロックチェーンを使って送金ができてしまうのです。

投資初心者
資金が抜かれる理由は、この2つのブロックチェーンが原因だったんですね。
管理人
秘密鍵がどちらも一緒であれば、もう一方のブロックチェーンで送金が可能ですからね。
投資初心者
正直全く知らなかったです‥
管理人
リプレイアタックで被害者が多かったのも、やはり知らない人が大半だったからでしょうね。

リプレイアタックの対策について

仮想通貨が出回ったばかりの頃は、このリプレイアタック自体の仕組みを理解している人がごくわずかでしたから、多くの人が悪質なリプレイアタックによって資金を抜かれていました。

そして取引所事態にもリプレイアタックが仕掛けられており、この時に何の対策もしていない取引所であれば、簡単に通貨を抜き出すことができたのです。

しかし現在はリプレイアタックに対して有効な対策がいくつかあります。

ハードフォーク後は取引をしない

リプレイアタックの攻撃の被害に遭うということは、ハードフォーク後すぐに取引をしているのです。

すぐに自分の資産を守ろうとして、安全な場所に送金したくなる気持ちは分かりますが、ハードフォークの後は送金を狙われていますので、安易に取引をすることは避けるのが懸命です。

はっきり言ってしまえば、分岐直後は『リスクしかない』ため、一通り騒動が収まるまでは一切の取引をしないほうが安全なのです。

もちろん取引所自体がリプレイアタックの被害にあってしまえば防ぎようがありません。

ですがセキュリティに力を入れている取引所であればその心配もありませんので、とにかくじっと待つことが一番です。

リプレイプロテクション

リプレイアタックを防ぐために有効なのが、こちらの『リプレイプロテクション(保護)』になります。

これを採用することによって、一つのブロックチェーンで送金をしたとしても、もう一つのブロックチェーンでは署名をしなければ送金することができなくなります。

言ってしまえば『2つの通貨がそれぞれ独立した形で使えるようになる』ということです。

結局はこのリプレイプロテクションが使われればリプレイアタックの被害に遭う可能性はグッと低くなるため、安全に取引を再開することが可能です。

ビットコインキャッシュが新しく生まれた時も、この方法を使ってリプレイアタックの攻撃を避けることができたのです。

ちなみにハードウェアウォレット自体にはリプレイプロテクションが採用されているという話もあるため、ハードウェアウォレット経由で取引を再開するのもありですね。

どこかであなたの通貨を狙っている人がいる

結局仮想通貨を所持している以上、世界の何処かであなたの資産を狙っている人たちは山ほどいることを忘れてはなりません。

仮想通貨の登場によって、通貨の概念が大きく変わってきています。それに伴って、毎日のように価格が変動し高騰し続ける仮想通貨を狙い、そこで大儲けしようと思っている人もいるのです。

この業界に足を踏み込んだ以上、ある程度のリスクは頭に入れておく必要があります。

資産を増やすよりも、資産を守る方が実は難しかったりするんですよね笑。

秘密鍵の管理は徹底しておく!

今の仮想通貨の仕組みでは、この秘密鍵さえ相手に渡らなければウォレットから通貨を引き出すことはできません。

しかし雑に秘密鍵を保管していると、ハッカー側にこの情報が出回ってしまい、いずれはこっそりと通貨を抜かれることにもなります。

秘密鍵は銀行で言う『暗証番号』のようなものですから、これを知られることは絶対にあってはなりません。

この先もハードフォークが起こる可能性は高いので、今の内にリプレイアタックの怖さを頭に入れておき、もし実際にハードフォークが起こったら、今回お伝えしたことを踏まえて行動していただければと思います。

リプレイアタックのまとめ

  • リプレイアタックはハードフォーク後に送金した際、送信者から通貨を抜き取ることができる。
  • ブロックチェーンが分岐しても秘密鍵は同じなので、対策が打たれるまで送金はしない。
  • リプレイプロテクションを取り入れれば、この問題は解決する。

まとめ

いかがでしたか?リプレイアタックという言葉は難しく聞こえるかもしれませんが、一度理解してしまえばそこまで難しいものでもありません。

現在はリプレイアタックに対する対処法もいくつかありますので、管理方法さえ間違えなければ資産を抜かれる心配はほとんどないでしょう。

どの業界でも言えることですが、知らないというのが一番怖いことなので、なるべく早い段階で仮想通貨に関する用語を覚えておきましょう。

今後もこのサイトでは、仮想通貨の専門用語わかりやすく解説するシリーズをやっていきたいと思いますので、そちらも楽しみにしていてください。

まだ仮想通貨について深く理解できていない方のために、このサイトでは仮想通貨について基礎から解説しています。  
 
まずは仮想通貨を理解する上で重要な『ビットコイン』や、仮想通貨の仕組みや投資のリスクを知ることが大切です。  
 
今後期待できる仮想通貨ランキングもまとめていますので、そちらもチェックしておきましょう!  
 
→初心者でもわかるビットコイン基礎知識!  
 
→完全日本語対応のオススメ海外取引所について解説!  
 
→将来有望な仮想通貨ランキング!

当サイト限定無料メルマガ配信!

そして段階的に仮想通貨を学びたいという方は、私のサイトの読者限定でメルマガを配信しています。  
 
こちらでは、仮想通貨を基礎から解説しており、ネット上には出回らない仮想通貨の最新情報も定期的に配信しています。  
 
無料で参加することができますので、新しい時代の流れに取り残されないためにも、仮想通貨初心者の方はぜひメルマガ登録をしてみてください。  
 
→仮想通貨投資無料メルマガはこちら!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨初心者へ!

仮想通貨最新メルマガ

当サイト読者限定で、初心者でもわかりやすく理解できる仮想通貨の基礎知識や最新情報を無料メルマガで解説しています。 これから仮想通貨投資を始める方は、無料メルマガに登録して投資方法や今後価値の上がる仮想通貨の情報を取り入れてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *

ABOUTこの記事をかいた人

ひろみつ

初めまして、ひろみつです。このサイトは初心者でもわかりやすいように仮想通貨を解説しています。現在は仮想通貨の可能性を多くの方に伝えつつ、仮想通貨投資や資産運用で資産を増やし続けています。