ビットコインとは?買い方や仕組みを分かりやすく簡単説明!

今回は仮想通貨ビットコインについて詳しく解説していきたいと思います。まだまだ日本では認知度の低いものですが、今後間違いなく日本全体に広がっていくことでしょう。

日本人は今までなかった物や情報を受け入れようとしませんが、この仮想通貨は今世界を大きく変えるほどの力』を持っています。今のうちに正しく理解することで、今後私たちの日常生活に出てきたとしてもスムーズに受け入れることができるでしょう。

仮想通貨を学ぶのであれば代表的な『ビットコイン』から学ぼう!ということで、この記事では代表的なビットコイン、それ以外の仮想通貨についても紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

気になるところから読んでください

そもそも仮想通貨とは?

まず仮想通貨というのは、言葉の通り『現実に存在しない通貨』になります。日本では仮想通貨と呼ばれていますが、海外では一般的に『暗号通貨』と呼ばれています。

私自身も暗号通貨の方がしっくりくるのですが、まだまだ日本では仮想通貨と呼ばれているようです。私たちが普段使っている円やドルとは違い、手にとって見えるものではなく、バーチャルの世界で取引する仮想の通貨になります。

アプリゲームに課金して使うような通貨を想像していただければわかりやすいと思います。

ビットコインとは?

仮想通貨を知らなくても、ニュースなどで『ビットコイン』という言葉は一度は聞いたことがあると思います。今テレビでも取り上げられるほど認知されていますが、まだまだ正しく理解している方は少ない印象です。

まず一つ理解していただきたいことは『ビットコインは電子マネーとは異なる』ということです。例えば駅でsuicaにチャージをすると、電子マネーとして使うことができますよね?これとビットコインは同じ仮想通貨ではないか?と思われるかもしれませんが、実は全く違うのです。

電子マネーというのは『管理先が存在するお金』に対し、ビットコインは『発行責任者がいない』のです。そしてここが一番重要なのですが、電子マネーは『現金の対価』となりますが、ビットコインは『ネットワーク上でゼロから生み出された通貨』になるのです。

投資初心者
てっきり電子マネーと同じ括りの通貨だと思っていました笑
管理人
意外と日本人はここを勘違いしている人が多いんですよね。

電子マネーとビットコインの大きな違い

少しわかりにくかったと思うので、もう少し掘り下げていきましょう。電子マネーの場合、国が認めた銀行が紙幣を印刷すれば無限に増やすことができます。

電子マネーの根本は銀行の発行したお金になりますので、世の中の流れによって発行量を変えることができます。

対してビットコインは最大発行量が2100万枚と決められており、それ以上ビットコインを生み出すことができないのです。

ビットコインの一例

ビットコインを別のもので例えてみましょう。例えば現在地球上に限られた数しか存在しない『金』がありますよね?これは地球上に一定量しか存在しないもので、それ以上手に入れようと思っても物理的に不可能なのです。

ビットコインも一緒です。2100万枚という限られた数以上はこの世に存在しないので、その決められた枚数で使っていかなければなりません。地球上に一定量しかない金は、欲しい人が多ければ多いほど価値が高まります。それと同様に、ビットコインを使いたいと考える人が増えれば増えるほど価値が高まるというわけです。

仮想通貨バブルという言葉がありますが、これはビットコインが便利だから使いたいと感じる人が増えてきているため、上限の決まっているビットコインの価値が上がり続けているということなのです。

投資初心者
なるほど。ということはビットコインに誰も価値を感じなければ、今後ビットコインの価値も下がり続けるということですね?
管理人
その通りです♪

ここが仮想通貨ビットコインの怖いところでもあり、逆に魅力的な部分でもあるのです!

ビットコインの価値はまだまだ上がる

2009年にこの世に出てきたビットコインですが、その頃の価値は日本円で1BTC0.07円となります。そこから紆余曲折あり、2017年の現在では20万円を超えています。最初の頃に比べると、ビットコインの価値は何百万倍にまで上がっているため、2009年にビットコインを所持していた人は『ビットコイン長者』として有名になったのです。

小さなきっかけから多くの人にビットコインが知られるようになり、そこから今では世界中の人がビットコインを使いたいと考えるようになりました。ビットコインは上限が決まっているので、今後一般的なお店でビットコイン決済が使えるようになると、その価値はさらに上昇することでしょう。

持っているだけで資産を増やすことができるということもあり、仮想通貨で大きな富を作っている人も続々と登場しているのです。

投資初心者
価値の低い時にビットコインを持っていたら、もしかしたら大きな資産を作れていたのかもしれないですね。
管理人
日本ではほとんどいませんが、海外では『ビットコイン長者』という人がゴロゴロ登場しています。

その人たちは昔からビットコインの情報を仕入れていた人たちですね♪

ビットコインの買い方について

日本でもビックカメラがビットコイン決済を導入しました。今後はアマゾンや楽天などでもビットコイン決済を導入するようなので、価値が上がる前にビットコインの購入をしておくと良いでしょう。

仮想通貨の取引所は色々と手続きが面倒なことが多いですが、今現在ほとんどの方がビットコインを購入する際に利用しているのが『コインチェック』になります。

→コインチェックはこちらをクリック!

ここでは初心者でも簡単に仮想通貨を購入することができるためおすすめです。

このコインチェックの使い勝手の良さから、多くの企業がコインチェックを導入しています。

今後ビットコインで公共料金も支払うことができるようになりますので、登録しておくと便利ですよ。

購入方法を詳しく解説

コインチェックのアカウント登録はかなり簡単になります。一通り手順をお伝えしていきます。

アカウント登録

コインチェックのホームページにアクセスし、そこでメールアドレスとパスワードを入力します。

ちなみにfacebookアカウントを使えば簡単に登録することも可能です。

メールアドレスとパスワードを入力すると、コインチェックからメールが届きます。

届いたメールからコインチェックにログインをします。

これでコインチェックの登録は完了です。かなり簡単です。

日本円を入金する


そして会員登録が完了したら、今度はビットコインを購入していきます。

ビットコインを購入する前に、まずは日本円を入金する必要があります。

コインチェックのウォレットという項目をクリックしていきましょう。

日本円を入金するを選ぶ

日本円を入金する場合もやることは簡単で、電話番号を入力してSMS認証をして入金を進めていきます。

 

まず日本円を入金するという項目を選びます。

 

オレンジ色のバナーで『電話番号登録をする』という項目をクリックします。

 

 

電話番号を登録し、認証コードを入力していきます。

 

 

コインチェックが運営している口座番号に銀行振込をするか、もしくはコンビニ振込を選択して入金します。

 

左上のメニューから『コインを買う』という項目を選択して、ビットコインを選び、数量を入力して購入するをタップすれば購入完了です。

他の取引所よりも使い勝手が良いので、コインチェックにはぜひ登録しておいてくださいね。

→コインチェックに今すぐ登録する!

 

 

ビットコインの価値が上がっている理由

ここで一つの疑問が‥。ビットコインを使わなくても電子マネーでお金を持たずに決済できるし、銀行があれば取引も簡単にできるのに、今後私たちの生活でなぜビットコインが必要なの?と思う方もいるでしょう。

確かに現状ある通貨や電子マネーでも十分便利なのは事実です。しかし、ビットコインを使うことによるメリットが多いのも事実です。円やドルなどの現金とビットコインの違いを解説していきます。

投資初心者
確かにわざわざビットコインを使わなくても、今の生活で不便はないですね〜。
管理人
今はまだビットコインは投資目的での購入が多いですが、今後はビットコインが一般的な決済に導入されていきますので、もしかしたら今後は円よりもビットコインを使う場面が多くなるかもしれませんよ♪

ビットコインは手数料が格安

銀行で振り込む時に、最後に『振込手数料』という項目がありますよね?だいたい数百円か数千円だと思いますが、毎回取引で銀行に手数料を取られていると年間でかなりの金額になります。

一定の手数料の支払いは、企業にとっては大きな負担となります。個人でも毎回お金を引き出す時に手数料がかかると負担が大きくなるのが事実です。しかし、ビットコインの場合、世界中のどこにいても手数料が格安で送金することが可能なのです。

銀行で海外送金をするとかなりの手数料を取られますが、ビットコインの場合はほとんどゼロに近い手数料になります。

個人から個人へ送金できる

ビットコインは銀行などの中間業者を挟まないため、個人→個人へと送金することができます。間に銀行が入ると手数料を取られてしまいますが、個人→個人であれば手数料もほとんどかかりませんし、何より24時間いつでも送金することができるのです。

直接送金という従来の考えを覆し、手数料として取られていたお金を他のところに使えるため、企業がこぞってビットコインを使いたいと考えているのです。

銀行を介さないで送金ができる仕組みには『ブロックチェーン技術』が使われていることが大きな要因です。

→ブロックチェーン技術について深く理解する

今後ビットコインの価値が上がる可能性が高い理由も理解していただけましたか?

世界中で同じ通貨が使える

個人的にはいずれ世界でビットコイン決済ができるお店が増えて欲しいと思っています。今日本で使っている円は、海外に行くと使うことができませんよね?そのため事前にドルやユーロなどに変えて海外旅行や出張に行くと思います。

しかし、このビットコイン決済が一般的となれば、今後海外に行ったとしても、お金を変えることなくビットコイン決済ができるようになるのです。

空港などで行列を作りお金を変える手間がなくなりますし、実在しないお金なので、盗難に合うリスクも少なくなります。このビットコインが世界中に広まることで、さらに私たちの生活が楽になるのです。

ビットコインのデメリットについて

便利な通貨ではありますが、その反面ビットコインを使うことによるデメリットがあるのも事実です。

ここを理解しておけば、今後ビットコインなどの仮想通貨を購入した場合に対策を打つことができます。デメリットまでしっかりと理解した上で、ビットコインを使っていきましょう。

投資初心者
まだあまり理解していない業界なので、確かに不安ですね。
管理人
リスクを知っておかないと、後々大きな被害にもつながりますので、ここは必ずチェックしておいてくださいね。

価値の変動が激しい

仮想通貨業界はまだまだ投機的側面が多いため、ちょっとしたことでも仮想通貨の価値が暴騰暴落します。例えばビットコインに関する悪いニュースがテレビで報道された場合、上昇していたビットコインの価値が急落することがあります。

逆にビットコインに関する良いニュースが出ると、今後伸びるかもしれないと考えて多くの方がビットコインを購入します。そのため価値が上昇し、持っているだけで価値が上がることもあります。

今後価値が上がる可能性は高いですが、情報収集を怠っているとビットコインの価値が高い時に買い、その後一気に急落することもありますので注意が必要です。

ビットコインは他の仮想通貨よりも送金が遅い

これは贅沢な悩みですが、ビットコインが登場した後に出てきた仮想通貨に比べて送金時間が遅いという側面があります。ビットコインは仮想通貨1.0と呼ばれており、その後に登場した仮想通貨は次世代仮想通貨2.0と呼ばれています。

ビットコインの短所を補った形で新しい仮想通貨が登場しているので、それに比べるとビットコインの取引は遅いと感じるでしょう。他の仮想通貨の価値が上昇している理由もここにあります。

続々と便利な仮想通貨を世の中に生み出しているため、場面によってはビットコインよりも使いやすいものがあるのが事実です。私のサイトでは他の仮想通貨の特徴も解説していますので、そちらも読んでみると良いでしょう。

ビットコインには保証が全くない

現状日本の銀行にお金を預けていて、いきなりお金がなくなったということはほとんど聞きませんよね?円という国が正式に認めている通貨を銀行が安全に守ってくれていますので、日本人が使っている円に関しては安全性が高いと言えます。

しかしビットコインは政府が正式な通貨として認証していませんので、もし自分のパソコンがハッキングされて大量のビットコインを盗まれたとしても、誰も保証してくれないのが現実です。

全ては自己責任という考えで仮想通貨を持たなければ、いずれ大きな損失を出すことにもなります。ですが、ビットコインをハッキングから守る方法はありますので安心してください。

ハッカーからビットコインを守ろう!

ビットコインは手に入れるよりもむしろ守る方が大変だと言われています。現状ビットコインの価値が上がり続けていますから、それを欲しいと狙っているハッカーが数多くいます。

例えばビットコインをコインチェックで購入した場合、そのままコインチェックの中に入れておくとハッカーに取られてしまう心配があります。ハッカーからビットコインを守るためには『ウォレット(お財布のようなもの)』が必要になるのです。

お金を受け取ったら誰でもお財布に入れますよね?取引所にビットコインを放置しているということは、道端にお金を置いているようなものです。

お金が落ちていたら誰でも拾うはずです。なのでビットコインを購入したら、なるべく早い段階でウォレット(お財布)に入れるように心がけましょう。

→ウォレットについて詳しく理解する!

投資初心者
ビットコインは取引所に預けたままではダメなのですか?
管理人
ダメということはありませんが、やはり安全を考えると自分のウォレットで管理するのが一番ですね♪

ビットコインの歴史から未来を読み解く

2009年に登場したビットコインが今までどのような経緯で今の価値まで上がったのかを一つずつ紐解いていきましょう。歴史を見ることで今後のビットコインの動向を予測することもできると思います。

2009年に最初のブロックが生まれる

ビットコインの生みの親である『satoshi nakamoto』がビットコインに関しての論文を2008年に発表したのは有名な話です。

そこから数ヶ月後にビットコインの最初のブロックチェーンである『genesis block』が生まれました。ビットコインは全てがここから始まったのです。

2010年にビットコインでピザを購入する

この当時仮想通貨での支払いという概念がなかった頃に、『laszlo hanyecz』という名前のプログラマーが二枚のピザを1万ビットコインで取引をします。現実世界でビットコインの支払いが成立したのはこれが初めてなのです。

正確に言うと、2010年5月17日にピザをビットコインで購入したいと投稿し、5月22日に取引が成立したようです。こちらはあまり知られていない情報ですが、ビットコイン決済が完了した5月22日は『ビットコインピザの日』としてビットコインの価格を示すような『ビットコインピザインデックス』というものが生まれているようです。

他のピザ屋でもビットコインユーザーに向けてピザを割引するサービスを展開している場所もあるようです。面白い話ですね。

2010年7月にビットコインが掲示板で取り上げられる

コンピューター系の電子掲示板にビットコインが取り上げられたことによって、ここからビットコインという名前が世の中に知れ渡るようになりました。

それまではビットコインの知名度もかなり低く、ほとんどの人が知らなかったそうです。

2011年にビットコインが日本上陸

2011年にマウントゴックスが日本を本社とするTibanne社に買収されます。

この買収が事実上初めての日本国内のビットコイン取引所となりました。

2011年6月に最初のビットバブルが起こる

ここで初めてのビットコインバブルが起こります。メディアがビットコインに注目したことにより、急速にビットコインの価値が上昇しました。

最高値としては、1BTC=1489円にまで上昇しています。

2013年にキプロスの金融危機が起こり高騰

これはキプロス国内で銀行が閉鎖されたため、法定通貨であるユーロへの信用がガタ落ちします。

しかしそれがビットコインにとっては追い風となり、こぞってビットコインを購入する人が出たため1BTC=4600円にまで高騰したのです。

資産を他の通貨に変えることでリスクを軽減する人が増えたようですが、そのおかげでビットコインの価値も急上昇しています。

2013年には日本のNHKでもビットコインを報道し急騰

2013年の年末にNHKがビットコインの特集を組んだところ、一気に1BTC=123100円にまで急騰しました。

1年で30倍もの価値を上げているため、ここで一気にビットコインの認知度が高まったと言えるでしょう。

2014年にマウントゴックスが閉鎖される

これは多くのテレビ局が取り上げていたことなので有名な話ですが、2014年にハッカーにビットコインを盗難されたとして、マウントゴックスが取引を中止して取引所を閉鎖することになりました。

ニュースではハッキングされたという話がよく出ていましたが、事実究明を進めると、ビットコインを代表が私的に横領していたという事実もあるようです。このマウントゴックス事件からビットコインの取引所を登録制にして取引をするルールが作られたとも言われています。

しかしこのマウントゴックス事件がきっかけで、世の中には『ビットコインは危険なもの』というイメージがついてしまったため、一気にビットコインの価値が下がっていきます。

→マウントゴックスが破綻した本当の理由

2016年にもビットコインが大暴落する

世界でも最大級とされる香港の取引所がbitfinexがハッキングの被害にあい、約12万BTCが盗まれる被害が起こりました。

この事件がきっかけで、2016年には急激にビットコインが下がった時期があります。

2017年4月には日本で法律が施行される

そして2017年の4月に日本で初めて仮想通貨に対する法律が施行されることになります。

これは取引所を使う利用者保護を目的とした規制になっており、マウントゴックス事件のような被害に遭う方を出さないための法律とも言えるでしょう。

4月の時点でビットコインの価値は1BTC=121628円となっています。

ちなみに日本の取引所を別の記事で比較しているものもあります。

→日本の大手仮想通貨取引所3つを比較してみた!

現在のビットコインの価格チャートについて

このチャートを見ると分かるように、あと少しで1BTC=100万円に到達する勢いです笑。

私自身2017年に100万円に到達するかどうかはわからなかったのですが、この調子でいけばすぐに100万円を超えて、いずれは150万・200万円と高騰を続けてくれそうですね笑。

ビットコインの専門家も驚いていることでしょう。

そして日本でもビックカメラという大手の家電量販店がビットコイン決済を取り入れたことで、一般的にビットコインの認知度も高まってきました。

今後アマゾンや楽天などもビットコイン決済の導入を予定しているようなので、2018年はさらに上昇することが考えられるでしょう。楽しみですね。

投資初心者
今までビットコインの過去を調べたことがなかったのですが、今までこんなに色々な出来事があったんですね。
管理人
ビットコインが世の中に認知されるまでにはかなりの時間が掛かったんですね。

歴史を紐解くことで、今後ビットコインの価格がどのように動くのかもある程度予測できますので、ここは頭に入れておきたい情報です。

ビットコインに関する法律

仮想通貨業界はまだまだ始まったばかりなので、現状国の法律が追いついていないのが現状です。これは日本だけではなく、世界各国の問題になりますので、今後ビットコインを使いやすいような法律を作っていくことが予想されます。

国の法律によってビットコインが使いやすくなる可能性もありますが、逆にビットコインの規制をかけて使いにくくなることもあります。国によってはビットコインの取引自体を規制している場所もあるため、今後何が起こるかわからないので、情報収集を怠らないことが重要です。

ビットコインはモノとして扱われる

基本的にビットコインはモノとして扱われるため、ウォレットに入れておけばただのモノ扱いになります。考え方としては金と同じですね。金を貸金庫に入れて保存しておくように、ビットコインもウォレット内に入れておけばただのモノです。

しかし一つだけ問題があります。それは『ビットコインを金融機関で出金をしたら税金が必要になる』ということです。現在日本の仮想通貨の取引所は法律によって登録制となっているため、金融庁が金融機関を通したビットコインをチェックすることになっています。

そのためこの場合には税金を支払う必要が出てきますので注意する必要があります。

ビットコイン取引をした場合の税金

今後コインチェックなどでビットコインの取引をする人もいるでしょう。その場合には『譲渡所得』が必要となります。

例えばビットコインを購入して価値が上がった時に売却をした場合、譲渡所得となります。

基本的に譲渡所得は50万円を超えない限り税金を納める必要はありませんが、もし51万円以上稼いでしまった場合には、50万円以上から税金が発生しますので注意が必要です。

ウォレットの種類を紹介

ウォレット(お財布)にも色々な種類がありますが、数あるウォレットの中でセキュリティ面に優れているウォレットはどれなのでしょうか?

まずは代表的なウォレットを紹介していきます。

WEBウォレット

こちらはインターネット上にウォレットのサービスを展開しているサイトを利用する方法です。手軽に誰でも利用することができますし、登録の手続きも簡単ですが、セキュリティ面で信頼できるサイトでないと、サイト自体をハッキングされたら自分のビットコインも取られてしまいます。

こちらは一つのサイトに依存する形になるため、リスクが高いウォレットと言えるでしょう。どんなコンピューターでもアクセスすることができますので、頻繁にやりとりをするビットコインを保管しておくには適しています。

逆に大量のビットコインを預けるのには不向きと言えるでしょう。

デスクトップウォレット

こちらは自分のパソコンにソフトウェアを入れて使用するウォレットになります。デスクトップにウォレットがあるのならば安心!と思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。

デスクトップといっても結局はオンライン上にありますので、ハッカーが侵入することは簡単です。やり方によってはオフラインのパソコンにウォレットを作ることもできますので、WEBウォレットよりはセキュリティ面に優れていると言えるでしょう。

デスクトップウォレットの他にもモバイルウォレットもありますので、スマホで頻繁にビットコインを使うのであればモバイルウォレットを持っておくのも良いでしょう。

ただし、こちらも大量のビットコインを保存するのには適していませんので、あくまでも普段使う程度のビットコインを保管することが大切です。

ハードウェアウォレット

こちらは私が一番おすすめしているウォレットになります。自分専用の端末にビットコインを入れて、アドレスや秘密鍵を設定することによりセキュリティ面も万全です。しかも『ネット上から切り離して保存できる』という点が一番重要です。

基本的にパソコンにハードウェアを差し込んでいる時間以外はネット上から切り離されているため、ハッカーが侵入することは不可能です。しかもビットコインを引き出す際も、ネット上につながっている時間はごくわずかなので、その時間でビットコインのセキュリティを突破してハッキングするのは不可能に近いのです。

大量のビットコインを保存する場合には、確実にこのハードウェアウォレットがおすすめです。数千円で購入することができますので、ビットコインを購入する場合にはあらかじめ用意しておきましょう。

投資初心者
ウォレットは場面で使い分けた方が良いということですね♪
管理人
そうですね。用途によって使い分けることで、資産を守りながらスムーズに決済をすることも可能ですから、大量のビットコインを保管するウォレット、決済専用のウォレットなどを使い分けると便利ですよ♪

ビットコイン投資について

ビットコインをある程度理解し、コインチェックでビットコインを購入できるようになり、ウォレットを持ちビットコインを守る準備もできた!ここまできたら、次はビットコインの投資について考えていきましょう。

ビットコインの普及によって、現在日本には海外から多くの投資案件が流れ込んでくるようになりました。しかし、その大半は詐欺案件なので、ビットコインの投資は危険という考えが刷り込まれてしまった方もいると思います。

しかしビットコインの投資はいくつかの手法に分かれています。それらを全て理解することによって、間違った投資をせずに済むでしょう。

ビットコインを使ったトレード

初心者でも簡単に参入できるビットコイン投資と言えるでしょう。途中でお伝えした取引所『コインチェック』では、口座を開設することによってビットコインの取引に参加することができます。仕組みが非常にシンプルで『安く買ったビットコインを高く売る』これだけです。

パソコンを持っていない方でもスマホで簡単に始められるので、若い方向けの投資とも言えます。

日本最大級の取引所であるコインチェックは、ビットコインだけではなく、その他の代表的な仮想通貨『イーサリアム』『リップル』なども取り扱っているので、興味のある方はコインチェックに登録して相場を見てみると良いでしょう。

→コインチェックはこちら

ビットコインのトレードのメリット

  • 仕組みがシンプルなので、誰でも簡単に始められる
  • スマホでも簡単に取り組むことができる。
  • レバレッジをかけられるため、少額でも多くの資産を作れる

ビットコイントレードのデメリット

  • 継続的に稼ぐことが難しい
  • 相場を見る力が必要になる

ビットコインHYIP案件

ビットコインを知っている方からするとかなり有名な投資案件ですが、このHYIPで痛い目にあっている人はかなり多いのが現実です。

途中にもお伝えしたように、ビットコインの投資案件はほとんどが詐欺だとお伝えしましたが、特にこのHYIP案件には注意が必要です。短期間でありえない収益を生み出せることを誘い文句に勧誘し、資金を集めて短期間で姿を消すというのが手口なので、悪質なHYIP案件に引っかからないように注意しておきましょう。

やり方次第では大きな資産を作ることができますが、長期的な投資としてはおすすめできません。HYIPの動きを読み、いつ切り上げるかというタイミングが重要になります。

ビットコインHYIP案件のメリット

  • 短期間で爆発的な収益を得られる
  • 投資をしたら、あとはほったらかしで大丈夫
  • バイナリー報酬にも期待できる

ビットコインHYIP案件のデメリット

  • ほとんどが詐欺案件
  • 海外の投資案件なので表記がほとんど英語
  • タイミングを間違えると大きな資産を失う

ビットコインマイニング投資

マイニングというのは、今まだ世に出ていないビットコインを探すことになります。ビットコインは2100万枚が上限とお伝えしましたが、現状はまだ全部世の中には出ていません。

マイニングによって世の中に全てのビットコインが出回るのが2040年と言われていますので、このマイニング投資も一つの選択肢になるのです。以前は個人のデスクトップパソコンでもマイニングができたのですが、今では企業レベルでないと太刀打ちすることができません。

HYIP案件にマイニングの報酬で日利を出しているものもありますが、マイニング結果を表示していないサイトは詐欺である可能性が高いので十分に注意しておきましょう。価値が上がり続けているビットコインマイニングは今後も注目されている投資の一つです。

長期投資としての魅力があるのですが、投資金額が高めに設定されているので、初心者には少しハードルの高い案件とも言えるでしょう。

ビットコインマイニング投資のメリット

  • 投資したら何もしなくて良い
  • ビットコインの相場がほとんど関係ない
  • 詐欺案件を見分けやすい

ビットコインマイニング投資のデメリット

  • 投資金額が他の投資案件よりも高い
  • 破綻する可能性もゼロではない

→ビットコインマイニングを正しく理解する!

投資初心者
ビットコイン投資にも色々あるんですね。今すぐどれかに挑戦してみようかな〜。
管理人
確かにビットコインの投資は様々な種類がありますが、その大半は詐欺案件であることが多いです。

なので正しい情報を仕入れない限り、安易な投資はオススメしません。特にHYIP案件には注意が必要ですよ!

ビットコインはどこまで上がる?

このビットコインが今後どこまで上がるのかは気になるところですが、正確にビットコインの価値がどれくらい上がるのかを予測することは不可能です。

しかし過去どのようにしてビットコインの価値が上がってきたのかを理解できれば、ある程度の上昇は予測することができるでしょう。

今後長期的にビットコインが高騰し続けるのかは疑問ですが、現状維持で止まることは考えづらいです。

ビットコインが高騰する理由

過去のニュースを振り返ると、このビットコインの高騰する理由として『中国』が大きく影響していることがわかります。

というのも、元々はビットコインの取引の半分以上は中国に偏っており、中国人が大量にビットコインを所持したことが原因で規制がかかる事態にまで発展しました。

中国で使われている『元』の価値が安くなるとビットコインへと変えて資産を守る動きも見受けられましたので、中国の通貨である元の動きが大きく影響していました。

しかし中国での規制がかかり、中国の影響によってビットコインが大きく動く可能性は低くなりました。

今は資本が日本に傾きつつありますので、日本が今後仮想通貨に対してどのような動きを見せるのかによって、ビットコインの価値も変わることでしょう。

今後ビットコインは大きく下落する可能性もある?

これから一般的にビットコイン決済が広まれば、急激にビットコインが高騰する可能性はありますが、逆にビットコインにはいくつか欠点があるため、今後大きく暴落する可能性もゼロではありません。

ビットコインは便利な仮想通貨ではありますが、今後避けては通れないいくつかの問題点があるのも事実です。

スケーラビリティ問題

今後ビットコインが避けては通れない問題の一つとして、この『スケーラビリティ問題』が挙げられます。ビットコインのブロックチェーン技術というのは、取引履歴を一つ一つブロックにまとめて記録をし、ネットワーク常に分散して保存しています。

一つ一つのブロックがつながっていることでブロックチェーンと呼ばれており、この仕組みがあるためデータを改ざんすることが不可能なのです。

仮に一つのブロックのデータが改ざんされた場合、ブロックチェーン上全てのデータが書き換えられてしまうため、すぐに不正を見抜くことができるのです。

このブロックチェーン技術はセキュリティ面では万全だと言われているのですが、今ビットコインが抱えている問題があります。それが『1つのブロックに記録できる容量の大きさが1MBしかない』ということです。

1MBの制限の場合、今後ビットコインが世界中に普及すると、データの処理速度が追いつかなくなり、決済手段として遅くなってしまいます。これが『スケーラビリティ問題』と呼ばれるものです。

スケーラビリティ問題を解決するために、ビットコインは『ハードフォーク』を行おうとしていますが、詳しくは別の記事でお伝えしていますので、興味のある方はそちらを参考にしてみてください。

→ビットコインのハードフォークについて

匿名性の問題

そしてもうひとつの問題として挙げられるのが『匿名性』になります。ビットコインでの取引は、基本的には全世界に公開されています。

暗号化されているため、普通の人が見たらなんのことかさっぱり分かりませんが、取引のデータとしては残るため、匿名性はないと考えられています。

送金自体に関わっていない人もビットコインの取引を閲覧することができるため、このプライバシーの問題も欠点の一つになっています。

送金問題

そしてスケーラビリティ問題を抱えていますが、現状でもビットコインの送金スピードには10分程度のロスがあると言われています。

ビットコインよりも後に登場したアルトコインに関しては、この送金スピードを改善しているものがほとんどですが、10分という送金の待ち時間があると、一般的な決済で使われることになった場合、かなりのストレスになります。

物を買って、それを決済するのに10分待つことを考えたら、わざわざビットコイン決済を選ぶ人はいないですよね?この送金問題に関しても、今後のビットコインの課題と言われています。

これからビットコインを始める方へ!

一通りビットコインについて解説してきましたが、ある程度ビットコインについて理解していただけましたか?

問題点はいくつかありますが、今後ビットコインや次世代仮想通貨であるアルトコインの価値が上昇することは確実です。

ではビットコインについて理解を深めたところで、これからビットコインを始める場合にどのような手順で進めていけば良いかを解説していきます。

ビットコインを始める方法は簡単なので、初心者でも安心してスタートできますよ。

まずはビットコインを購入する

ビットコインを始める場合、まず一番最初にやることは『ビットコインを手に入れること』です。ビットコインを手に入れる方法はいくつかあるのですが、基本的には取引所から購入することになります。

日本の取引所に登録し、そこで自分が購入するビットコインの数量を選べば簡単にビットコインを手に入れることができます。購入に関しては最初にもお伝えしてありますので、ぜひこちらの大手取引所『コインチェック』からビットコインを購入してみてください。

ちなみにコインチェックはビットコインだけではなく、現在仮想通貨ランキング上位にいるアルトコインのほとんどを取り扱っていますので、登録しておくとメルマガで最新の情報を得ることもできますよ。

登録を先延ばしにすると、もしかしたら仮想通貨が高騰するチャンスを逃すことにもなりますので注意してください。

ウォレットを用意する

そして取引所『コインチェック』でビットコインやアルトコインを購入したら、それを自分のウォレットで保管しましょう。

途中でもご紹介した通り、ウォレットというのはお財布のことなので、自分が購入した仮想通貨を安全に保管することができます。

ウォレットに保管しつつ、投資や決済の時に取り出してビットコインを使えば、ハッカーに盗まれることなく資産を守ることができます。仮想通貨を購入する際には、必ずウォレットの準備を忘れないようにしましょう。

→ビットコインウォレットについて

ビットコイン投資をしてみる

ビットコインを購入して、それをウォレットにしまうことができたら、次はビットコインの投資に参加してみると良いでしょう。最初から大きな金額を取引するのではなく、まずは少額の取引に参加してみて、実際にビットコインの取引がどのようなものなのかを体験できます。

私がビットコイン投資をオススメしている理由としては、一度ビットコイン投資に参加すると、仮想通貨に関するニュースに敏感になります。

コインチェックでは常に仮想通貨のチャートの情報をメルマガで届けてくれますし、今後仮想通貨関連のニュースが報道されれば、ビットコインが急激に価値を上げたり、逆に急激に下落することもあります。

投資に参加している人とそうではない人では仮想通貨の情報を吸収するスピードが異なりますので、できれば仮想通貨の投資には参加していただきたいのが本音です。

ただし、無理な投資をするのは危険ですので絶対にやめておきましょう。リスク管理を徹底して投資に参加してみてください。

→ビットコイン投資の注意点について

ビットコイン以外の仮想通貨の特徴も知っておこう!

ビットコインは便利な仮想通貨ですし、現在一番人気が高いですが、実はビットコインよりも優れた機能を持った次世代仮想通貨が続々と登場しているのも事実です。

今後仮想通貨への投資や取引に関わる場合には、ビットコイン以外のアルトコインに関する情報もチェックしておくべきでしょう。

取引場所によってはビットコインよりもアルトコインを使うことを推奨しているところもありますので、今後注目される次世代仮想通貨の情報も取り入れていきましょう。

イーサリアム

人によってはビットコインよりも断然イーサリアムに注目している!という方もいるくらい高い技術を持った仮想通貨になります。

こちらのイーサリアムに関しては、ビットコイン同様に取引をすることが可能ですが、それにプラスして『契約』を一緒に送ることができます。

具体的な話をするとかなり長くなりますが、別の記事で一からイーサリアムについて解説しているものがありますので、まだイーサリアムについて詳しく知らない方は、そちらの記事を参考にしてみてください。

→イーサリアムを1から理解する!

リップルコイン(XRP)

そしてこちらも注目の仮想通貨になります。2017年に急激に価値を上げ、数週間でサラリーマンの年収を稼いでしまう人が続出したくらい価値を上げた仮想通貨になります。

特徴としては『ネット上の銀行のような役割』を担う仮想通貨であり、今後金融機関がこのリップルの仕組みを採用する可能性が高いと言われています。

まだまだ欠点はあるようですが、おそらく2018年には金融機関の取引に使われるようになると思います。まだまだ価格を上げそうなポテンシャルを持っている仮想通貨なので、これからの投資にも最適だと思います。

リップルコイン(XRP)に関して詳しく知りたい方は、別の記事で解説していますので、そちらを参照してみてください。

→リップルコイン(XRP)について1から理解する!

ネムコイン

このネムコイン(NEM)も今後注目しておくべき仮想通貨になります。ネムコイン(NEM)はビットコインの抱えている問題点を改善した仮想通貨であり、安全性・機能面に関してもビットコインよりも上になります。

ビットコインではマイニングという機能がありますが、実はそのマイニング自体には賛否の意見があります。そしてマイニングに参加する場合、現在では企業レベルではないと難しくなっているのです。

しかしこのネムコイン(NEM)に関しては、そのマイニングの問題点を解決したシステムを採用しているため、今後注目されているアルトコインでもあります。

ネムコインについて興味のある方はこちらの記事も読んでみてください。

→ネムコイン(NEM)の詳細はこちら!

ファクトム(factom)

そしてこちらのファクトム(factom)という仮想通貨も今後注目すべきものになります。

実はこのファクトム(factom)はビットコインとの関わりが深く、実はビットコインのブロックチェーンを使って取引をするため、ビットコインよりもコストを削減して取引ができる仕組みとなります。

このファクトム(factom)が一般的に普及すれば、今後私たちの個人情報に関する考え方も大きく変わることでしょう。毎回自分の個人情報を記入して取引するのは面倒ですが、その手間をファクトム(factom)が代わりに全てやってくれるようになるのです。

このファクトム(factom)の機能を詳しく知りたい方は、こちらの記事が参考になると思います。

→ファクトム(factom)の詳細はこちら!

ゴーレム(golem)

そしてこちらの仮想通貨は、管理人も特に注目しているものになります。

他の仮想通貨は短期的に大きく伸びる可能性がありますが、こちらのゴーレム(golem)に関しては『長期的に大きく伸びる可能性のある通貨』なのです。

もちろん短期的にも右肩上がりで上昇はしていますが、急激に伸びるのは数年後になるでしょう。その理由としては『大きな市場を狙っている』からになります。

かなり大規模なプロジェクトとなりますが、もしこのゴーレム(golem)という仮想通貨のプロジェクトが成功すれば、投資したリターンも大きくなることでしょう。

もしゴーレム(golem)に興味があれば、こちらの記事が参考になると思います。

→ゴーレム(golem)の詳細はこちら!

リスクコイン(lisk)

そしてこちらの仮想通貨にも注目したいところですね。

このリスクコイン(lisk)とイーサリアムは同じような仮想通貨だと判断されやすいですが、実はリスクコインにしかない独自の技術を持っているため、しっかりとイーサリアムと差別化を図ることができています。

このリスクコイン(lisk)の強みとしては『スケーラビリティ問題が起こりづらい』ということです。

今現在イーサリアムの市場規模が大きくなっており、イーサリアムのスケーラビリティ問題が挙げられていますが、このリスクコイン(lisk)の仕組みであればスケーラビリティ問題が起こる心配もほとんどないため、今後が注目されています。

もしリスクコインについて詳しく知りたい方がいれば、こちらの記事で詳しく解説しています。

→リスクコイン(lisk)の詳細はこちら!

ビットコインを超える仮想通貨は現れるのか?

現在仮想通貨上位ランキングには、それぞれ特徴を持ったアルトコインが名を連ねています。

機能面に優れたアルトコインを抑えて現在もビットコインが不動の一位を誇っていますが、今後このビットコインを超える仮想通貨が現れるのかは誰もが気になるところですよね?

専門家によると、ビットコイン自体の価値も今後はさらに高騰していき、予想では1BTC=100万円以上になるとも言われています。そうなると仮想通貨業界でもさらに不動の地位を守る可能性もありますが、実は今アルトコインの伸び代も凄いことになっているのです。

そのため、ビットコインが価値を上げたとしても、今後アルトコインがビットコインを抜く可能性は十分にあるということです。

ちなみに私個人的な意見ですが、今後イーサリアムがビットコインを追い抜くのではないか?と思っています。今後の動向に注目しつつ、私自身はイーサリアムを応援していきたいと思います。

まとめ

今まで世の中にはなかった仮想通貨ですが、今後間違いなく日本でも広まっていきます。最初は受け入れられないこともあると思いますが、徐々に仮想通貨ビットコインに関して理解し、今後世の中の流れに乗り遅れないようにしていただければと思います。

仮想通貨業界はまだまだ始まったばかりです。今後も新しい仮想通貨がどんどん出てきますので、情報収集を怠らずに学んでいきましょう。今回の私の記事が一つでも参考になれば幸いです。

まだ仮想通貨について深く理解できていない方のために、このサイトでは仮想通貨について基礎から解説しています。  
 
まずは仮想通貨を理解する上で重要な『ビットコイン』や、仮想通貨の仕組みや投資のリスクを知ることが大切です。  
 
今後期待できる仮想通貨ランキングもまとめていますので、そちらもチェックしておきましょう!  
 
→初心者でもわかるビットコイン基礎知識!  
 
→完全日本語対応のオススメ海外取引所について解説!  
 
→将来有望な仮想通貨ランキング!

当サイト限定無料メルマガ配信!

そして段階的に仮想通貨を学びたいという方は、私のサイトの読者限定でメルマガを配信しています。  
 
こちらでは、仮想通貨を基礎から解説しており、ネット上には出回らない仮想通貨の最新情報も定期的に配信しています。  
 
無料で参加することができますので、新しい時代の流れに取り残されないためにも、仮想通貨初心者の方はぜひメルマガ登録をしてみてください。  
 
→仮想通貨投資無料メルマガはこちら!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨初心者へ!

仮想通貨最新メルマガ

当サイト読者限定で、初心者でもわかりやすく理解できる仮想通貨の基礎知識や最新情報を無料メルマガで解説しています。 これから仮想通貨投資を始める方は、無料メルマガに登録して投資方法や今後価値の上がる仮想通貨の情報を取り入れてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *

ABOUTこの記事をかいた人

ひろみつ

初めまして、ひろみつです。このサイトは初心者でもわかりやすいように仮想通貨を解説しています。現在は仮想通貨の可能性を多くの方に伝えつつ、仮想通貨投資や資産運用で資産を増やし続けています。