リップルコインとは?買い方や購入方法を解説!

想像以上に価値が上がり続けているリップルコイン。今後の伸び代も期待されている仮想通貨のため、今のうちに購入しておきたいという方もいるでしょう。

今回はリップルコインの概要や購入方法、おすすめの取引所について詳しくご紹介していきたいと思います。

そして今後リップルコインがどれだけ伸びるのかも私なりに予想してみましたので、ぜひ最後まで読んでみてください。

投資初心者
リップルは仮想通貨業界でも上位の通貨なので、今回も勉強させていただきます!
管理人
後半でもお伝えしていますが、このリップルは今後大きな期待ができる仮想通貨であることは間違いありませんよ♪

気になるところから読んでください

リップルコインとは?

まずこのリップルコインというのは、仮想通貨の名称ではありません。取引所での表記は『XRP』と呼ばれているため、今後リップルコインを購入する際には間違えないように注意しておきましょう。

リップルというのは仮想通貨の決済システムを開発したリップル社からきている名前です。リップルコインというのは通称なので、そこだけは勘違いしないようにしましょう。

この記事では最後まで通称のリップルコインと呼ばせていただきます。

リップルについて詳しく解説している動画があったので、こちらを見るとリップルの仕組みを詳しく理解できると思います。

リップルコインを取り扱っている取引所を比較

リップルコインを日本で購入する場合、現在手に入れることができる取引所は3つになります

  • コインチェック
  • Mr.Ripple
  • 東京JPY発行所

基本的にはこの3つの取引所以外ではリップルコインを購入することができません。現在では代表的な仮想通貨として名前が知られているリップルコイン(XRP)ですが、実際に日本でリップルコインを取り扱っている取引所はほとんどありません。

小規模な取引所だと購入する際に不安もあるためできる限り大手の取引所で購入することが重要です。Mr.Rippleに関しては、口座を開設するまでの手続き時間が長かったり、私たちユーザーへの対応速度が遅いため口コミではあまり評判が良くありません。

東京JPY発行所に関しては、リップルの取り扱いを昔からやっているようですが、最近ではコインチェックに取引量で劣っているとも言われています。やはりトータルで考えるとコインチェックでの取引が無難と言えるでしょう。

リップルコインの購入は『コインチェック』がおすすめ

リップルコインを日本で最初に取り扱いを始めたのが『レジュプレス株式会社』になります。この会社は日本を代表する取引所『コインチェック』を運営している会社でも有名です。

コインチェックでは200カ国以上の加盟店でビットコインを利用できるようになるシステムの導入や、電気代の支払いができる『coincheckでんき』を作っています。

仮想通貨業界ではかなり有名な取引所ですし、リップルコイン以外の仮想通貨の動向もここで見ることができますので登録しておいて損はないでしょう。

こちらのデータからもわかるように、コインチェックが企業から評価されていることもデータで証明されています。

リップルコインの購入方法

では一番簡単にリップルコイン(XRP)を購入できる『コインチェック』での購入方法を解説していきます。

まず最初にコインチェックのサイトにログインします。

→コインチェックはこちら

 

 

メールアドレスとパスワードを入力してアカウントを作成していきます。

 

入力するとすぐにコインチェックからメールが届きますので『以下のリンクをクリックしてメールアドレスを確認してください』という指示に従いリンクをクリックします。

これで会員登録は完了です。

リップルコインを購入する

そして次はリップルコインを購入してみましょう。

 

リップルコイン(XRP)を購入する前に、まずは日本円を入金する必要があります。

コインチェックのサイトの上部に『ウォレット』という項目があるのでそちらをタップします。

 

 

そして『日本円を入金する』という項目を選びましょう。

 

 

そうすると電話番号を登録する項目が出るので、そちらに電話番号を入力します。

送信されてきたSMS認証コードを下に入力して『認証する』をタップしましょう。

 

 

日本円の入金方法を『銀行振込』『コンビニ入金』などから自分が支払いやすい項目を選びます。

そして実際にそこに入金をすれば日本円の入金が完了です。

 

入金した日本円を使い、右の項目から『リップル』を選択します。通貨では『XRP』と表記されますので、そこだけ間違えないように注意しておきましょう。

コインチェックは他の取引所よりも登録が簡単ですし、電話番号認証だけで取引できますのでかなりおすすめです。

初心者でも簡単に購入することができますので、ぜひこちらのコインチェックを利用してみてください。

→コインチェックはこちら

 

 

リップルコインの価値が高騰している理由

今仮想通貨の代表的存在として挙げられるビットコイン、イーサリアムなどと同じくらいリップルコインの価値が上昇しています。仮想通貨は一時的に急上昇することもありますが、機能面で優れている仮想通貨については急上昇した後もさらに上昇を続けていきます。

逆に詐欺の仮想通貨の場合は一時的な上昇をした後には下降していきます。このリップルコインに関しては価値が高騰していますが、今後さらに価値が上がることが予想されています。

なぜこんなにもリップルコインの価値が上がっているのか?その要因を解説していきます。

リップルコイン(XRP)とビットコインの違い

代表的な仮想通貨であるビットコインとリップルコインの違いを理解しておきましょう。まずビットコインは2009年に開発された仮想通貨になります。P2Pやブロックチェーン技術を使って分散型台帳技術を取り入れた仮想通貨の代表的存在になります。

一般的な取引では個人→銀行→個人へと取引をされていましたが、ビットコインの登場によって、銀行を介さない取引が実現されたのです。ビットコインの登場からしばらくして次世代仮想通貨2.0としてリップルコイン(XRP)が開発されています。

このリップルコインに関しては、ビットコインのように資産価値のある通貨ではありません。主な役割としては『仲介通貨』になります。日本円から海外のドルやユーロに交換するときに一瞬だけ使われる通貨なのです。

投資初心者
なるほど!リップルはビットコインのように使う仮想通貨とは少し違うのですね。
管理人
あくまでも仲介通貨としての役割になりますので、ビットコインとは用途が異なります。

リップルコイン(XRP)の仕組みを深掘りしてみよう!

より具体的にリップルコインがどんなものなのかを深掘りしていきたいと思います。リップルコインを理解する上で重要なサービスが3つほどあります。それが

  • ゲートウェイ
  • IOU取引
  • リップルネットワーク

この3つです。一つずつ解説していきましょう。

ゲートウェイとは?

このゲートウェイというのは、顧客の通貨の預金を引き受けて、代わりにリップルのネットワークの残高を発行する場所と言われています。

例えるならば、私たちが普段使っている金融機関の窓口のような存在ですね。

IOU取引とは?

このIOU取引というのは『I owe you』の略語で、日本語に訳すと『私はあなたに借りがある』という意味になります。つまりこのリップルコイン(XRP)は借用書としての役割を果たすのです。

例えばAさんがBさんに1万円を借りたとします。その後にBさんがCさんから1万円の商品を購入しました。その時に普通はAさんからBさんに1万円を返す必要がありますが、BさんがCさんに『借りた1万円の代金はAさんから貰ってくれ』と伝えておき、その時にIOU取引で決済をすれば取引が成立するということです。

AさんはBさんにお金を借りていますが、最終的には三人の間で通貨圏が成立することになります。これを『リップルネットワーク』というふうに読んでいるのです。

リップルネットワークに参加するメリットとは?

IOU取引は便利ですが、このリップルネットワークに参加することによる一番のメリットは『低コストでお金の取引ができる』ということです。

日本で住んでいる人同士ならばまだ取引する際のコストは安いかもしれませんが、日本と海外のどこかに住んでいる人がお金のやりとりをしようと考えると、どうしてもかなりのコストがかかってしまいます。

そんな時にこのリップルネットワークに参加すれば、低コストでお金のやり取りをできるというわけです。

IOU取引はリップルコイン(XRP)に限らず、幅広い通貨と交換することができますので、世界中どこに住んでいても問題なくお金のやり取りができるのです。

リップルコイン(XRP)は海外旅行でも便利に使える

リップルネットワークに参加すれば、今後海外旅行に行く際に面倒な通貨の両替をする必要もなくなります。

海外でクレジットカードを使うと、もしかしたらスキミングをされる可能性もあるため、現金主義の人もいると思います。その時に日本円を海外の通貨に両替する場合、混雑していることも多く、おまけに高い手数料を取られることも事実です。

しかしこのリップルコイン(XRP)を使って両替すれば、低い手数料で瞬時に海外のお金へと両替することができるのです。

仲介通貨としての役割が高いため、私たち一般人にも使いやすい仮想通貨となっています。

株・証券取引にもリップルコイン(XRP)は使える

そして驚くことに、このリップルコイン(XRP)は株や証券の決済にも使うことができます。

決済スピードも早く、手数料もほとんどかからないため、今後はおそらくこのリップルコイン(XRP)での決済が一般的となるでしょう。

ある意味ネット上での銀行のような役割を果たしているのがこのリップルコイン(XRP)なのです。

投資初心者
確かに海外のお金に変える手続きは面倒ですから、リップルがあれば今までの待ち時間もなくなりそうですね。
管理人
しかも数秒で両替することができますので、ビットコインのように決済されるまでの待ち時間がないことも大きなメリットと言えるでしょう!

リップルコインの購入で注意すべきこととは?

今後間違いなく世界で広まる仮想通貨ではありますが、メリットもあればもちろんデメリットもあります。まずリップルコイン(XRP)はビットコインと違って通貨自体を所持するメリットがほとんどありません。

交換レートがあるため資産価値があると言われていますが、用途を考えると個人が大量に抱え込んで使うような通貨ではないという意味です。

あくまでも仲介通貨ですから、決済や両替で使われるのは一瞬です。ビットコインのように日常的に使われる通貨ではないと考えておきましょう。

相手によってリスクが発生する

このリップルネットワークに関しては、個人間のみでの取引となります。ネットワーク内でのやり取り可能な枠を決めて取引をすることになりますが、リップルコイン(XRP)の取引に関しては、相手が信用できない場合にはリスクが発生します。

そしてリップルコインの窓口でもあるゲートウェイが信頼できる場所でない場合、取引したお金が支払われない可能性もあるということです。

銀行と同様にリップルコイン(XRP)に関しても信用が重要となりますので、信頼できるゲートウェイの情報を得ることが大切です。そしてリップルが抱える課題の一つとも言えるでしょう。

リップルコイン(XRP)の将来性について

これからリップルに投資を考えている方は『今後リップルコインがどれくらい伸びるのか?』が一番気になると思います。

投資対象としてリップルコイン(XRP)は期待できる通貨なのかを考えてみたいと思います。

リップルコインの歴史を振り返る

まずリップルコイン(XRP)の発行が開始されたのが2013年になります。

当初のリップルコイン(XRP)の値段は、1XRP=0.6円です。そして2013年の2月に急激に価格が高騰し、その時には1XRP=6円(発行開始の10倍)まで価値を上げていきました。

リップルコインは2014年に一度暴落している

そして2014年の初めに一度リップルコイン(XRP)が暴落しています。

この時暴落した大きな要因として『リップルの創設者の一人がリップルコイン(XRP)を大量に売却した』そうです。

創設者がリップルを売却するというのは組織としてどうかと思いますが、なぜそうなったのかは詳しいことはわかりません。

2016年にもう一度暴落している

そしてリップルコイン(XRP)にはもう一度暴落した時期があります。それが2016年に『リップルトレードジャパンが運営停止』したことです。

この時におおよそ40%もの暴落をしたようで、かなり損をした方もいると思います。

2017年の春に1XRP=6円を超える

そして2017年になると、リップルコインで富を作る人が続出します。2017年の最初は他の仮想通貨がグングン価値を上げているのに対し、リップルコインはほとんど値動きをしていません。

リップルが動きを見せたのは2017年の3月の終わり頃です。0.7円ほどの価値しかなかったリップルコインがわずか数ヶ月で1XRP=6円台にまで上昇をしました。

上昇した背景には、リップルが持つ技術に目をつけた大手企業が関係していると言われています。

低いコストで送金システムを使うことができるため、銀行のシステムの利便性を高めることができる技術であることが評価されたのでしょう。

今後さらにリップルの技術が評価されていけば、2017年の後半はさらにリップルコインに期待できるかもしれませんね。

投資初心者
リップルの技術が評価され始めたら、一気に価値が上がりそうですね。
管理人
未来のことは誰にも分かりませんが、それでもリップルの将来的なことを考えるとワクワクしてきますよね♪

リップルコイン(XRP)に投資すべきか?

2017年現在ですでに何倍もの値上がりを見せているリップルコインですが、意見によっては今後リップルの価値が上がることはないという話もあります。

現状のリップルコイン(XRP)の価値から考えて、今後のリップルコインに投資すべきかどうかを冷静に見ていきましょう。

上がる可能性と下がる可能性の両方の意見を考えてみました。

リップルコイン(XRP)の価値が上がる可能性について

リップルコイン(XRP)の価値が上がるとするならば、まず重要なのは『今後リップルコイン(XRP)のサービスを導入する企業がどれだけあるか』になります。

大手企業がリップルのサービスを導入することで高騰するため、今後の決済にリップルコイン(XRP)の技術が浸透すれば間違いなく価値は上がり続けるでしょう。

仮想通貨としての魅力はあるので、今後大手企業や銀行がリップルに目をつけるのも時間の問題です。ただいつリップルの技術が導入されるかは誰にもわかりませんので、価値が確実に上がるという考え方は危険だと言えるでしょう。

日々のニュースから情報収集をしていき、リップルの情報を常に取り入れることが大切になります。

リップルコイン(XRP)の価値が上がらない可能性について

逆にリップルコインの価値が今のまま上がらない可能性についても考えてみましょう。リップルの技術はすでに評価されてきていますが、リップルコイン最大の短所は『発行上限枚数』だと考えています。

ビットコインは発行上限枚数が2100万枚のため、価値がさらに上がることが容易に想像できますが、リップルはビットコインの約5000倍の枚数とも言われていますので、ユーザーとリップルコインの枚数が比例しないのではないかと思います。

発行上限枚数が多いということは、一枚あたりの価値の上昇が大幅に見込めないことでもありますので、今後リップルを導入する企業が少なければ、価値の高騰は難しくなるでしょう。

リップルの情報収集に最適なサイトを紹介

リップルコイン(XRP)の技術に関しては申し分ないため、投資する価値は十分にあると言えます。

リップルコイン(XRP)に投資する際に重要なことは『情報収集』です。常に最新の情報を取り入れておくkとで、今後投資するタイミングも判断することができます。

私がリップルコインの情報を得る際に使っているサイトをいくつかご紹介しておきますので、ぜひこちらのサイトもブックマークしておいてください。

crypto currency magazine

リップルのニュースを知るためには、まずこちらのサイトが一番だと思います。

リップルの情報を扱っている英語のサイトもあるのですが、私は英語が読めないのでこちらのサイトで情報を得ることが多いです。

リップル関連の大きなニュースは必ずこちらのサイトでチェックできますので、今後の情報収集には役に立つと思いますよ。

→crypto currency magazine

coingecko

コインチェックに登録するとリップルのチャートを見ることができます。しかし長期的な推移を確認したい場合には、こちらのcoingeckoというサイトがオススメです。

今までリップルコインがチャートでどんな動きをしていたのか?大きなニュースがあった時にリップルコインはどのような動きを見せたのかを詳しく確認することができます。

ニュースで情報収集し、その動きをこちらのチャートで確認することをお勧めします。

→coingecko

リップルはビットコインを超える?

では今後リップルコインがビットコインを超えることはあるのでしょうか?ここは私自身も気になるところですが、正直なところ『リップルコインはビットコインを超える通貨にはならない』と私は考えています。

というのも、ビットコインとリップルコインは同じ仮想通貨であっても用途が異なります。例えばビットコインの場合、通貨自体に価値があるため、持っているだけで資産価値があると言えます。

対してリップルの場合は、今現在投機目的では資産価値があるかもしれませんが、通貨としての役割はあくまでも『仲介通貨』になります。そのためリップル自体に価値があるのではなく、リップルというサービスがあることでリップル(XRP)が使われるため、資産価値はほとんどないのが事実です。

今後ビットコインは私たちの一般的な決済手段に使われることが予想できますが、リップルは企業や銀行が必要とする通貨になると思いますので、需要を考えるとビットコインを超えることは難しいでしょう。

投資初心者
なるほど。てっきり私はビットコインを超える通貨だと思っていました笑
管理人
可能性としてはゼロではないと思いますが、用途を考えるとビットコインを超えるのは難しいと思いますね〜。

リップルは今後上がらないのでは?

ビットコインと比べてしまうと『今後価値が上がらないのでは?』と思うかもしれませんが、そういうことではありません。

確かにビットコインを超えることは難しいかもしれませんが、それはビットコインの市場が大きくなることが予想されるからであって、リップルの需要が減るということではありません。

現段階でも大手企業がリップルとの提携を発表したり、リップルの技術を使って、今はまだ世の中にないような技術に応用するようなニュースも出てきていますので、リップル自体の価値が上がることは容易に想像できます。

今後価値が下がり続けて、いずれは仮想通貨業界から消える‥ということは考えづらいので、投資する価値のある仮想通貨と考えておくべきでしょう。

リップルはいくらまで上がる?

では今後リップルがどこまで上がるのかを考えてみましょう。まず今のリップルの価値をコインチェックで確認してみると

リップルが高騰した要因とは?

リップルの歴史を簡単に振り返ってみましたが、このリップルが高騰した理由の裏には、実はいくつかの要因があるのです。過去に起こったことは未来にも起こる可能性があります。

過去のチャートでリップルが高騰した理由を知り、今後ニュースで同じようなことが起こった時には投資する準備をしておきましょう。

リップルの高騰にはイングランド銀行が関係している?

実はリップルの価格高騰の裏には『イングランド銀行』そして『日本の大手銀行』の存在があったようです。まずイングランド銀行と言われてもピンとこないかもしれませんが、実はこの銀行は日本で言うところの『日本銀行的存在』になります。要するに国を代表する銀行だということですね。

イギリスの中央銀行でもあるイングランド銀行が抱えていた悩みとして『紙幣を輸送するコストが高い』ということです。ここを解決するための通貨を探していたところ、イングランド銀行の懸念する部分を解決してくれる通貨として白羽の矢が立ったのが『リップル』なのです。

日本銀行的存在のイングランド銀行がリップルを採用したとなると、国だけではなく世界中に大きな影響を与えることにもなります。これがきっかけでリップルが急激に価値を上げたと言われています。

日本の銀行もリップルを採用する?

そしてさらに注目すべきニュースがあります。それは日本の大手銀行が連合を立ち上げて、リップルの決済手段をクラウドベースの支払いシステムに導入することを発表しているとのことです。

リップルを導入することによって、国内の決済をリアルタイムにし、海外送金の取引のコストも安くすることを目標にしているということです。

大手銀行がリップルを導入することによって、今までよりも早いスピードで決済が完了でき、おまけに送金のコストも圧倒的に安くなります。

これが実現すれば、リップルだけではなく、仮想通貨業界の認知度も高まり、現在上位にいるビットコイン・イーサリアム・リップルなどの仮想通貨の価値が軒並み上昇することでしょう。楽しみですね。

投資初心者
このニュースは私も知りませんでした。
管理人
国を代表する銀行がリップルの技術を使うことになるので、今後価値が上がる可能性は高いと言えるでしょうね。

リップルは送金手段に革命をもたらす

日本だけではなく、海外でも国を代表するような銀行がリップルの採用を決定しているため、今後間違いなくリップルが良い方向に向かうことでしょう。

ただ、価値がずっと右肩上がりというわけではないはずです。途中にリップルに関する悪いニュースが出たり、急激な価値の上昇によって売りが殺到することもありますので、ある程度の下落も覚悟しておく必要があります。

しかし、いろいろなニュースを調べてみましたが、今後リップルが悪い方向に向かうような情報はほとんどありませんでした。むしろリップルの価値を高く評価している銀行・企業が増えてきているため、これからのリップルの値動きの方が期待できるかもしれません。

送金手段に革命をもたらしているリップルの動向に、今後も注目していきたいところです。

2018年にリップルが大規模なプロジェクトを行う

そして最近になってまた面白いニュースが飛び込んできました。実はリップルの送金手段に注目した大手銀行やSBIが『国内外為替の一元化』というプロジェクトをスタートしています。

まずはこちらの動画をご覧ください。

現在日本の銀行は送金時間や送金コストの問題を抱えており、決済手段として現金が主流となっているのが現状です。

少額の送金をすると高い手数料が取られてしまうため、頻繁に取引をする場合には現状の銀行の仕組みでは取引がしづらい環境となっているのです。

そこで、この『国内外為替の一元化コンソーシアム』というプロジェクトを行い、世界の大手銀行のインフラを整えてリップルの決済手段が使えるようにしよう!という大規模なプロジェクトが始まっっています。

こちらのプロジェクトには、現在国内の59もの銀行が参加することが決定しており、今後が楽しみなプロジェクトです。

海外の大手銀行も続々と採用

そして日本だけではなく、世界的に有名な銀行も国内外為替一元化コンソーシアムに関わっています。一部銀行名を出すと

  • サンタンデール
  • ユニクレジット
  • UBS
  • ReiseBank
  • CIBC
  • アブダビ国立銀行
  • ATB金融

これらの超大手銀行がリップルのネットワークに参加することを表明しているのです。

このプロジェクトは2018年に本格的に始まるということなので、もしこれが成功すれば、国内外の決済のほとんどがリップル決済に変わることになります。

取引量も今よりも増加し、リップル自体の価値が上がることはほぼ確実と言えるでしょう。どこでリップルの価値が急激に上がるのかが楽しみで仕方がありません。

リップルコインの始め方について

リップルコインの始め方という表現は少し変かもしれませんが、これから仮想通貨業界に投資を考えている初心者の方もいると思います。

そんな方が、どのような手順でリップルなどの代表的仮想通貨に投資をしていけば良いのかを簡単に解説していきます。

まず仮想通貨業界について詳しく知る

これは当たり前のことですが、まずは仮想通貨自体に詳しくなる必要があります。例えばリップルのニュースをチェックしたとしても、色々な専門用語が出てくるため最初は何を言っているかわからないこともあるでしょう。

仮想通貨を知るために重要なことは『基軸通貨であるビットコインを理解する』ことです。全てはここが基準となっていますので、仮想通貨についてまだあまり知識がない方は、最初にビットコインについて深く理解しておきましょう。

私のサイトでビットコインを基礎から解説している記事もありますので、興味のある方はそちらも読んでみてください

→ビットコインを基礎から学ぶ!

自分が投資する仮想通貨の情報を集める

そしてビットコインについてある程度理解したら、次は自分が興味のある仮想通貨についての情報を取り入れていきます。

例えばリップルへ投資を考えている場合には、私が途中でもご紹介しているリップルの最新ニュースを取り扱っているサイトや中期・長期チャートを確認できるサイトをブックマークしておき、定期的にチェックしていきます。

リップルが高騰・暴落した理由などを知りながらチャートを見ると、ある程度の動きが分かってきます。過去の情報を取り入れた上で、今後自分がリップルに投資をするタイミングを考えてみると良いでしょう。何も考えずに投資をすると、ただのギャンブルになりますので注意が必要です。

信頼できる取引所に登録をする

これは途中でもお伝えしていますが、今後仮想通貨を取引する際には必ず『取引所』を使うことになります。リップルの購入・取引・最新チャートの確認は取引所で全て行うので、今後確実に必要になるでしょう。

今後世の中に大きく影響を与えそうなビットコイン・イーサリアム・リップル・その他の上位の仮想通貨の全てを扱っている唯一の国内取引所が『コインチェック』になります。

ここに登録しておくことで、今後リップル以外の仮想通貨にも投資をすることができます。他の取引所を確認すると分かりますが、世界的の主要コインを扱っている国内取引所はコインチェックしかありませんので、気になる方はぜひこちらのサイトをチェックしてみて下さい。

もし他の取引所とどう違うのかを比較したい場合には、こちらの記事が参考になると思います。

→国内の大手取引所を徹底的に比較してみた!

投資初心者
やはり投資をする場合には情報収集が重要なんですね!
管理人
過去に起きたことは、また未来で同じように起こる可能性が高いですので、情報を持っておくと有利なのは間違いないでしょう。定期的にニュースはチェックするように心がけてくださいね♪

リップルコイン(XRP)は2017年が勝負の年

2017年の前半にはリップルコインが大きな上昇を見せました。今後も期待されているリップルコインですが、2017年の動向次第では停滞することも考えられます。

というのも、2017年は仮想通貨元年とも呼ばれており、数多くの仮想通貨の価値が上昇しています。今までなかった仮想通貨も続々と登場し価値を上げているため、この年にどれだけリップルの技術が評価されるかが鍵となることは間違いありません。

波に乗り、多くの企業がリップルの技術に手を伸ばせば間違いなく今後も上昇を続けていくことでしょう。

逆に波に乗れず他の仮想通貨の技術を評価されれば仮想通貨業界で埋もれる可能性も考えられます。今年はリップルにとっても勝負の年なので、常に情報をチェックしておく必要がありそうです。

リップル以外に注目すべき仮想通貨について

今回ご紹介したリップルコインは今後が期待できる仮想通貨ではありますが、これから注目すべき仮想通貨はリップルだけではありません。

2017年は仮想通貨元年ですので、現在数多くのアルトコインが登場して価値を上げています。

今後リップルと同じように急激に価値を上げる可能性を秘めた仮想通貨をお伝えしておきます。

ビットコイン

まずこちらのビットコインは外すことができないでしょう。

現状ビットコインを使う人が増えてきており、取引量が多くなったためケースラビティ問題に関して議論が交わされていますが、今後この問題を解決した時にどれだけ価値を上げるのかは気になるところです。

仮想通貨の基軸ともなる存在なので、今後どこまで価値を上げるかが注目されるところです。2009年から比べると何百万倍にも価値を上げていますが、今後さらに価値を上げて、予想では1BTC=100万円まで上がるのではないか?なんて話も出ているほどです。

このビットコインの動きが他のアルトコインにも影響してきますので、基軸通貨であるビットコインの情報は常にチェックしておきたいところですね。

→ビットコインの詳細はこちら!

イーサリアム

これはホリエモンも絶賛したことでも有名な仮想通貨になります。人によってはビットコインよりも注目している方もいるほど高い技術を持った仮想通貨になります。

イーサリアムはビットコイン同様に決済手段としても優れていますが、特に注目されているのは『スマートコントラクト』という独自の技術です。

これは取引に加えて『契約』も一緒に組み込むことができるため、数多くの業界が注目している技術となります。今まで面倒な書類を作成していた取引が、このイーサリアムを使えば簡単に取引をすることができるため、今後イーサリアムの活躍が期待されています。

こちらの通貨の詳しい詳細は別の記事でお伝えしていますので、イーサリアムに興味がある方はこちらも読んでみてください。

→イーサリアムの詳細はこちら!

投資初心者
今回はリップルについてわかりやすく解説して頂きありがとうございました!
管理人
リップル自体は長期的な投資対象としてオススメできるものになりますので、ぜひ今後の投資対象として考えてみてください♪

まとめ

いかがでしたか?今回はリップルコインの購入方法や今後の可能性についても詳しくご紹介してきました。リップルコインの技術は本物ですが、まだまだ課題の残る仕組みであることも事実です。

企業がリップルの技術を採用すれば、それを応用した新しいサービスを生み出すこともできます。そうなるとリップルコインが世の中に浸透して価値が高騰することもあるでしょう。未来のことを確実に当てることはできませんが、日々の動向をチェックすることでリスク管理をすることができます。

楽しみな仮想通貨の一つであることには変わりはないので、今後のリップルコインに注目していきましょう。

まだ仮想通貨について深く理解できていない方のために、このサイトでは仮想通貨について基礎から解説しています。  
 
まずは仮想通貨を理解する上で重要な『ビットコイン』や、仮想通貨の仕組みや投資のリスクを知ることが大切です。  
 
今後期待できる仮想通貨ランキングもまとめていますので、そちらもチェックしておきましょう!  
 
→初心者でもわかるビットコイン基礎知識!  
 
→完全日本語対応のオススメ海外取引所について解説!  
 
→将来有望な仮想通貨ランキング!

当サイト限定無料メルマガ配信!

そして段階的に仮想通貨を学びたいという方は、私のサイトの読者限定でメルマガを配信しています。  
 
こちらでは、仮想通貨を基礎から解説しており、ネット上には出回らない仮想通貨の最新情報も定期的に配信しています。  
 
無料で参加することができますので、新しい時代の流れに取り残されないためにも、仮想通貨初心者の方はぜひメルマガ登録をしてみてください。  
 
→仮想通貨投資無料メルマガはこちら!  
 
今回の記事が少しでもお役に立ちましたら、こちらをポチッと押していただけると今後の記事更新のモチベーションに繋がります。

仮想通貨初心者へ!

仮想通貨最新メルマガ

当サイト読者限定で、初心者でもわかりやすく理解できる仮想通貨の基礎知識や最新情報を無料メルマガで解説しています。 これから仮想通貨投資を始める方は、無料メルマガに登録して投資方法や今後価値の上がる仮想通貨の情報を取り入れてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *