仮想通貨 リスクコイン(lisk)は今後上がる?将来性はある?

最近になって注目を集めているliskコインですが、この仮想通貨はどんな技術が使われているのでしょうか?仮想通貨の価値が上がる要因としては、高い技術を持っているということが挙げられます。

このリスクコインの詳細と今後価値が上がる可能性があるのかどうかについて詳しくご紹介していきたいと思います。

もしかしたら、今後急激な上昇を見せるかもしれませんので、今のうちにチェックしておきましょう。

投資初心者
管理人さんは仮想通貨リスクに注目しているのですか?
管理人
もちろん注目していますよ♪優れた技術を持った仮想通貨ですし、今後にも期待できるため、今回はこのリスクコインの将来性を余すことなくご紹介していきます!

リスクコイン(lisk)とは?

まずこのリスクコイン(lisk)というのは、分散型プラットフォームを使っている仮想通貨になります。現在ビットコインの次に位置しているイーサリアムという仮想通貨がありますが、それと同じスマートコントラクトの属性として分類されます。

同じ属性ならばイーサリアム一つあれば十分なのではないか?とも思われるかもしれませんが、このリスクコイン(lisk)にはイーサリアムの欠点を補った長所があるのです。

そもそも分散型プラットフォームって何?

まずこの分散型プラットフォームをおさらいしていきましょう。分散型プラットフォームというのは、遠く離れた人同士でも、独自のルールでプログラムを決めて仮想通貨をやり取りできる機能を持ったアプリケーションになります。

世界中のどこにいても使うことができるプログラムなので、非常に優れた技術になります。ちなみにブロックチェーンを使い契約や条件を付加して仮想通貨のやり取りをすることをスマートコントラクトと言います。

リスクコインで使われているアプリケーションは(decentralized applications)略してDApps(ディーアップス)と呼んでいます。リスクコインに関して調べると、この単語が出てくることがありますので覚えておきましょう。

リスクコイン(lisk)とイーサリアムは何が違うの?

では実際にこの2つの仮想通貨を比べてみましょう。まず一つ大きな違いとして、リスクコイン(lisk)は分散型アプリケーション(DApps)の基盤として『サイドチェーン』を使用していることが挙げられます。

どういうことかというと、イーサリアムの場合、リスクコインと同じようにブロックチェーンにスマートコントラクトのコードを記述して使っているのですが、イーサリアムは『1本のメインのブロックチェーンにコードを記述している』のが大きな特徴になります。

要するにメインチェーン1本で情報を処理しているということですね。それに対しリスクコインは『メインのブロックチェーンではなくサイドチェーンを利用する』ため、メインチェーンにはサイドチェーンのリンクだけが載ることになるのです。

結局は何が違うの?

この2つの違いとしては、メインチェーンとサイドチェーンの使い方にありますが、これを説明してもよくわからないと思います。

しかし、この2つの仮想通貨には大きな違いがあるのは事実です。イーサリアムが使っているメインチェーンのプログラムですが、これには大きな難点があります。それは『一度メインチェーンにコードを乗せると修正することが不可能になる』ということです。

イーサリアムの過去の事件を思い出してください。以前に大量のイーサリアムがハッキングの被害にあったというニュースがありましたが、あの事件が原因でイーサリアムとイーサリアムクラシックに分裂せざるをえませんでした。

一度メインチェーンに情報を載せると修正が難しくなりますので、ハッキングに対処できずに最終的には分裂するという手段を取るしかありませんでした。しかしリスクコインで同じような事件が起こった場合、メインチェーンではなくサイドチェーンを使っているので、イーサリアムの時のような大きな被害は起こることはないのです。

リスクコインの使っているサイドチェーン技術は、ハッキングやバグに対応しやすいというメリットを持っているのです。

→イーサリアムについての記事はこちら!

リスクコイン(lisk)のその他の特徴

リスクコインにはサイドチェーンというメリットの多い技術が使われていることをご紹介してきました。しかしリスクコインのメリットに関してはそれだけではありません。

サイドチェーン以外にも色々な技術が使われているため、今後大きく伸びる可能性があると考えられています。リスクコインのそれ以外の技術についても解説していきましょう。

javascriptを採用している

webプログラマーにとっては朗報ですが、リスクコインではプログラム言語に『javascript』を採用しています。リスクコインは将来的にサイドチェーンのハッキング対策のためにバージョンをアップする必要性も出てくると思います。

そんな時にこのjavascriptを採用していれば、カスタマイズの幅も広がっていくので、今後リスクコインを好んで使う方も出てくることでしょう。実は他の仮想通貨でjavascriptを採用しているものはほとんどないのが現状です。

今の仮想通貨業界では差別化が重要なポイントとなりますから、このリスクコインがjavascriptを採用したことはプラスとなることでしょう。

マイニングではなくフォージング

ビットコインでは承認作業のことをマイニング(採掘)と呼びますが、このリスクコインに関してはフォージングと呼んでいます。

このリスクコインのフォージングの大きな特徴としては『毎年フォージングできる量が減っていく』ということです。ビットコインは10分に1ブロックをマイニングしていますが、このリスクコインに関しては10秒に1ブロックのスピードでフォージングしていくのです。

私自身フォージングに関してあまり詳しくないのでわかりませんが、個人でフォージングができればある程度の収益は出るのでは?とも思ってしまいます。

リスクコイン(lisk)に投資するリスクはあるのか?

最初に言っておきますが、シャレではありません笑。リスクコインに今後投資する方もいると思いますので、今後リスクコインに投資した時に考えられるリスクを調べてみました。技術面では今の仮想通貨業界でも差別化ができていると思いますが、どんな仮想通貨にも欠点は必ずあります。

このリスクコインに関しての欠点といえば、やはり『総量が決まっていない』ということですね。ビットコインに関しては、上限枚数が2100万枚と決まっているため、需要が高まればそれだけ価値も上昇していきます。

しかしこのリスクコインに関しては、上限が決まっていないため『インフレ型の仮想通貨』となるのです。時間が経てば経つほどリスクコインも増えていくため『無限に増えていったら一枚あたりの価値がなくなるのでは?』とも思えてしまいます。

しかしリスクコインに関してはフォージングでのインフレになりますので、膨大なリスクコインが世に出回るのはかなり先の話になります。しかも年々フォージングできる量も減っていきますので、対策も打たれていると考えられます。ただインフレとしての仮想通貨であることだけは理解しておきましょう。

→暴落する可能性が高い仮想通貨について

リスクコインが期待されている理由とは?

このリスクコインの技術面が優れているのは今回調べてわかりましたが、実はリスクコインが今後を期待されているもう一つの理由として『既に大手企業との提携がいくつも決まっている』ということが挙げられます。

  • Microsoft azure
  • shapeshift
  • chain of thing

などなど既に有名な企業ともパートナーシップを結んでいますので、今後の動向に注目したいところです。

リスクコイン(lisk)は今後イーサリアムを超える?

イーサリアムと比べられることの多いリスクコインですが、この2つの通貨を比べてみた時に、今後どちらの仮想通貨の需要が高まるのか気になるところでもあります。

現状ではイーサリアムが圧勝していますが、それはリスクコインよりもずっと前に登場しているということが大きな要因です。しかし、イーサリアムの技術は優れているのも事実で、今後イーサリアムの技術が応用されて幅広い場面で使われることも予想できるため、リスクコインがすぐにイーサリアムを超えるのは難しいでしょう。

イーサリアムにはないリスクコインの魅力をどれだけの企業が評価してくれるのか?そして今課題とされているリスクコインの短所を今後どれだけ改善できるのかがポイントとなります。

投資するならリスクコインとイーサリアムのどっち?

今後私た投資をするのであれば、迷わずリスクコイン(lisk)を選ぶでしょう。確かにイーサリアムへの投資は堅いと思いますが、長期的にみた時にリスクコインの伸び代に期待したいのが本音です。

現状リスクコインの市場はまだまだ小さいため、ちょっとしたニュースでも大きく値上がりしていきます。イーサリアムの価値の80分の1なので、リスクコインを持っていることで今後何十倍もの価値をつける可能性も十分にあります。

ただし、市場が小さいということは悪いニュースが出れば急激に価値を落とす可能性も高いということなので、リスク管理だけは徹底しておきましょう。

リスクコインを購入・投資できる取引所について

リスクコインはまだ新しい仮想通貨なので、ほとんどの取引所では扱っていないのが現状です。しかし、大手の取引所では唯一『コインチェック』がリスクコインを取り扱っています。

ここは現在仮想通貨ランキング上位にあるものはほとんど取り扱っているため、今後チャートの確認やアルトコインの投資をする場合には便利な取引所となるでしょう。

サイト自体も使いやすくなっているので、今後仮想通貨の取引を始めたい方にはオススメの取引所となります。

どの取引所を使えばよいか迷っている‥という方はこちらの記事を参考にしてみてください。

国内大手の仮想通貨取引所ランキング!

リスクコインの今後に注目しよう!

イーサリアムよりも後に登場していますが、現状イーサリアムと同等の技術を持った仮想通貨なので、ある意味価値が上昇する可能性は高いと言えます。

イーサリアムが先陣を切っているため、その後を続くようにリスクコインの価値が上がれば、今の何十倍もの価値をつけることは容易に想像できるでしょう。個人的には『Javascript』を採用したことが、今後大きなメリットとなると考えています。

やはり仮想通貨は利用者が増えることで価値が上昇しますので、このリスクコインの戦略には今後も注目していきたいと思います。

リスクコイン以外の仮想通貨について

新しい技術を取り入れて、日々良されているリスクコインは今後の投資対象として十分に期待できるでしょう。

しかし仮想通貨は一つに絞っての投資は危険です。もしその仮想通貨が暴落した場合、大きな資産を失うことにもなりますので、必ず『分散投資』を心がけておく必要があります。

今後リスクコイン以外の仮想通貨でどれに投資をするか迷っている方に関しては、別の記事で私が期待している仮想通貨ランキングを作成してみました。

完全に個人的なランキングとなりますが、それぞれの仮想通貨の特徴を詳細にお伝えしていますので、今後の投資の参考になると思います。

→将来有望な仮想通貨ランキング!

まとめ

まだまだ日本では知名度が低い仮想通貨ではありますが、高い技術を持ったものであることは間違いありません。価値が低い時に購入するからこそ大きなメリットがあるのが事実なので、今後コインチェックや最新のニュースを取り入れてリスクコインの動向に注目しておきましょう。

アルトコインが続々と価値を上げていますが、今後リスクコインがどれだけの価値をつけるのか私も楽しみです♪

まだ仮想通貨について深く理解できていない方のために、このサイトでは仮想通貨について基礎から解説しています。  
 
まずは仮想通貨を理解する上で重要な『ビットコイン』や、仮想通貨の仕組みや投資のリスクを知ることが大切です。  
 
今後期待できる仮想通貨ランキングもまとめていますので、そちらもチェックしておきましょう!  
 
→初心者でもわかるビットコイン基礎知識!  
 
→完全日本語対応のオススメ海外取引所について解説!  
 
→将来有望な仮想通貨ランキング!

当サイト限定無料メルマガ配信!

そして段階的に仮想通貨を学びたいという方は、私のサイトの読者限定でメルマガを配信しています。  
 
こちらでは、仮想通貨を基礎から解説しており、ネット上には出回らない仮想通貨の最新情報も定期的に配信しています。  
 
無料で参加することができますので、新しい時代の流れに取り残されないためにも、仮想通貨初心者の方はぜひメルマガ登録をしてみてください。  
 
→仮想通貨投資無料メルマガはこちら!  
 
今回の記事が少しでもお役に立ちましたら、こちらをポチッと押していただけると今後の記事更新のモチベーションに繋がります。

仮想通貨初心者へ!

仮想通貨最新メルマガ

当サイト読者限定で、初心者でもわかりやすく理解できる仮想通貨の基礎知識や最新情報を無料メルマガで解説しています。 これから仮想通貨投資を始める方は、無料メルマガに登録して投資方法や今後価値の上がる仮想通貨の情報を取り入れてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *