ビットコインアドレスとは?作り方を詳しく解説!

世界でのビットコイン取引額はすでに数十兆を超えており、今後ビットコイン決済が私たちの決済手段として主流になることはほぼ確実と言えるでしょう。

しかし、実は日本人でビットコインを所持している人はほとんどおらず、まだまだビットコイン自体を怪しいと感じている方が多いの現現実です。

そのため、これからビットコインを取り扱おうとしても、何をすれば良いのかがわからない方も多いと思います。

今回は今後ビットコインを扱おうと考えている方のために、ビットコインアドレスについて詳しくご紹介していきたいと思います。

このビットコインアドレスは、今後ビットコインを取り扱う際に必ず必要になりますので、今のうちに理解しておきましょう。

投資初心者
私のような初心者が最初に?が出るのがこのビットコインアドレスかもしれませんね笑。
管理人
仮想通貨を知らない方からすると、最初は理解するのに時間がかかるかもしれませんので、このビットコインアドレスについては何度も読み返してみると良いでしょう♪

そもそもビットコインはどんな仕組みなのか?

ビットコインアドレスというよりも、そもそもビットコイン自体の仕組みがあまりわからないかもしれません。

このビットコインというのは法定通貨とは違い『インターネット上に存在する通貨』になります。実在しない仮想通貨のため、手に取って使うことはできません。

今後ビットコインを使用する場合には『ビットコインアドレス』に自分のビットコインを送信することになります。ビットコイン自体の仕組みを基礎から理解したい方は、まずはこちらの記事を読んでみてください。

→ビットコインを基礎から学ぶ!

ビットコインアドレスとは?

ビットコインの仕組みを理解したところで、今度はビットコインアドレスについてお伝えしていきます。

このビットコインアドレスというのは、考え方としては『口座』が近いと思います。

例えば銀行でお金を送金する場合、自分の口座から相手の振込口座番号を入力して送金しますよね?それと同じで、このビットコインアドレスというのは、自分のビットコインを相手のビットコインアドレスに送金する、もしくは相手から自分のビットコインアドレスに送金してもらうものになります。

最初にもお伝えした通り、ビットコインは実在しない仮想通貨になりますので、やり取りは全てネット上で完結します。そのためビットコインを取り扱う場合にはビットコインアドレスが必須となるのです。

ビットコインアドレスだけでは取引ができない

そしてビットコイン初心者を混乱させるような話になりますが、実はこのビットコインアドレスだけを持っていても取引をすることはできません。

というのも、ビットコインアドレスというのは送金先を表す口座でしかないため、実際に自分が送金や決済をする場合、ビットコイン自体を動かすためのツールが必要になるということです。

例えば銀行の場合、自分が銀行の通帳を持っていても、銀行のATMという機械がなければ送金することができませんよね?それと同じで、ビットコインアドレスだけを持っていてもビットコインのやり取りができないのです。

これからビットコインのやり取りをする場合、ビットコインアドレスと一緒に必要なものがあります。

ビットコインウォレット

ビットコインアドレスと一緒に必要になるのが、こちらの『ビットコインウォレット』になります。

ビットコインウォレットというのは『お財布』のような役割を果たすものになります。このウォレットを使うことによって、ビットコインの取引から個人を特定されないようにできたり、実際にお財布(ウォレット)からビットコインを取り出して取引ができるようになります。

ビットコインアドレスに加えて、このビットコインウォレットを持つことによってビットコインの取引を行うことができるのです。

ビットコインアドレスの作り方を解説!

簡単にビットコインアドレスとウォレットについて解説してきましたが、今後ビットコインを取り扱うために『ビットコインアドレスを作りたい』場合はどうすれば良いのかわからないかと思います。

これから初めてビットコインを取り扱う方のために、簡単にビットコインアドレスを作る方法をご紹介しておきます。

ビットコインアドレスの作り方はいくつかあるのですが、今回はおすすめ順に紹介していきたいと思います。

ウェブ上でウォレットを作る

まず初心者が一番簡単にビットコインアドレスとウォレットを作る場合には『ウェブウォレット』を作るのがおすすめです。

このウェブウォレットは私も頻繁に使っているのですが、簡単に言うと『ウェブの管理会社が私たちのビットコインアドレスを管理してくれるウォレット』になります。

このウェブウォレットの魅力としては『パスワードを知っていればどこからでもアクセスすることが可能』だということです。スマホ・パソコンのどちらからもアクセスすることができ、いつでもビットコインの取引ができるため、ウォレットの中でも一番使い勝手の良いものです。

ビットコイン取引を頻繁にする場合には、こちらのウェブウォレットがおすすめです。ちなみに、セキュリティ面でも安心できるウェブウォレットを取り扱っているのが、こちらの『コインチェック』になります。

このコインチェックは日本で最初に運営を開始した実績のある取引所で、2段階認証などのセキュリティ面も整っているため、今後ビットコインやその他仮想通貨を取り扱う際にはおすすめです。

ちなみに私はこちらのコインチェックはメインで使っている取引所になります。もし今後ビットコインの取引を考えている方は、まずこちらのコインチェックに登録しておきましょう。

コールドウォレット

コインチェックのような信頼できる取引所のウォレットで自分の資産を預けることも問題はありませんが、今後大量のビットコインを資産として保有する場合、コインチェックのような取引所に全財産を預けておくのはリスクが高くなります。

いくらセキュリティ面に優れている取引所だと言っても、100%安全だという保証はありません。長期的に多くのビットコインを保有する場合には『ネット上から切り離した環境』で保管するのが最も安全です。

そのため、資産を保管するのに適しているのが『コールドウォレット』になります。このコールドウォレットというのは『オフラインの環境でビットコインを保管できる』ものです。

ビットコインが盗まれる原因は、ハッカーがネット上から自分のウォレットに侵入することが原因なので、ネット上から切り離してしまえばビットコインを盗むことは不可能になります。

なので今後ビットコインやその他アルトコインを大量に保管する場合には、このコールドウォレットを使いましょう。

ウォレットの種類は他にもある

私がおすすめしているウォレットはこの2つになりますが、実は他にもいくつかウォレットの種類があります。

もし今後どのウォレットにしようか迷っている方は、こちらのウォレットの記事を参考にしてみてください。

→ウォレットの種類について

ビットコインアドレスの使用で注意すべきこと

初心者の場合、とりあえずは取引所に登録して自分のウェブウォレットを作ることができればビットコインを使うことができます。多くの資金を扱う場合には、必ずコールドウォレットの準備も忘れないでくださいね。

では今後ビットコインアドレスを使う場合、注意すべきポイントをいくつかお伝えしておきます。

公開鍵(パブリックキー)と秘密鍵(プライベートキー)を理解する

今後ビットコインを取り扱う場合、アドレスの他に『公開鍵(パブリックキー)』と『秘密鍵(プライベートキー)』を使うことになります。またよくわからない単語が出てきましたね笑。

まず公開鍵に関してですが、これはビットコインアドレスとほとんど同じ役割となりますので、そこまで気にしなくて問題ありません。

問題は秘密鍵(プライベートキー)になります。この秘密鍵というのは、銀行口座で言うところの『暗証番号』のような存在です。要するに『絶対に他人に知られてはいけないもの』ということです。

ビットコインを送金する場合、ビットコインアドレスに加えてこの秘密鍵が必要になります。仮にこの秘密鍵の情報がネット上に出回ってしまうと、自分が所持しているビットコインを全て引き出すことができますので、この秘密鍵の保管に関しては十分に注意しておきましょう。

入力ミスには十分に注意する

そしてもう一つの注意点としては、ビットコインを送金する際の『ビットコインアドレスの入力ミス』になります。

実際にビットコインを送金すると分かるのですが、ビットコインアドレスは27~34文字の英数字で作られています。そのため、自分で手入力をするとミスすることが多いです。

メールアドレスをミスしたことは誰でもあると思いますが、そのメールアドレスよりもさらに長い文字列で作られていますので、手入力では今後ミスすることも増えてくることでしょう。

ビットコインの送金をする場合には、必ず『コピーアンドペースト』もしくは『QRコード』を使って送金しましょう。手入力で入力をミスすると、自分が送ったビットコインが戻ってきませんのでそれだけはご注意ください。

ビットコインアドレスの小ネタ

最後にちょっと面白い小ネタをご紹介しておきます。実はこのビットコインアドレスというのは『誰でも無限に作ることができる』のです。

技術的な話をすると長くなってしまいますが、ビットコインアドレスは作ろうと思えば無限に作成することが可能なのです。『誰でも作れるということは、今後もしかしたら自分のアドレスと被るものが出てくるのでは?』と思われるかもしれません。

しかし、このビットコインアドレスはランダムに選ばれた乱数によって作られることになります。しかもその選び方は複雑で、実際に地球上に存在する70億人の人間が毎日のようにアドレスを作り続けたとしても、ビットコインアドレスがなくなることはありません。

ビットコインアドレスの数は『宇宙の原資の数』と同じくらいとも言われています。まず宇宙の原資の数すら知りませんし、宇宙の原資についてもよく理解していませんが、とにかく事実上ビットコインアドレスがなくなるということはあり得ないのです。

規模が大きすぎて凄さがあまり伝わりませんでしたね笑。

→ビットコインの仕組みを初心者でもわかりやすく解説!

まとめ

今回はビットコインアドレスについて詳しくご紹介してきました。なんだか難しそうな話に感じたかもしれませんが、初心者の方の場合、まずは取引所に登録すれば自分だけのビットコインアドレスを作ることができますので、そちらを試してみてください。

そして慣れてきたら、実際に自分だけのウォレットを作り、ネット上から切り離した環境で保管できるコールドウォレットなどを使いこなしていただければと思います。

今後ビットコイン決済は主流となっていきますので、今のうちにある程度使いこなしておくと、今後の仮想通貨の普及が進んだ際に対応できると思います。

逆に今仮想通貨に関する知識を入れておかなければ、この先かなり苦労すると思いますので、今のうちからできることに挑戦していきましょう。

まだ仮想通貨について深く理解できていない方のために、このサイトでは仮想通貨について基礎から解説しています。  
 
まずは仮想通貨を理解する上で重要な『ビットコイン』や、仮想通貨の仕組みや投資のリスクを知ることが大切です。  
 
今後期待できる仮想通貨ランキングもまとめていますので、そちらもチェックしておきましょう!  
 
→初心者でもわかるビットコイン基礎知識!  
 
→今後仮想通貨が理論上100%ハッキングされなくなる理由!

当サイト限定無料メルマガ配信!

そして段階的に仮想通貨を学びたいという方は、私のサイトの読者限定でメルマガを配信しています。  
 
こちらでは、仮想通貨を基礎から解説しており、ネット上には出回らない仮想通貨の最新情報も定期的に配信しています。  
 
無料で参加することができますので、新しい時代の流れに取り残されないためにも、仮想通貨初心者の方はぜひメルマガ登録をしてみてください。  
 
→仮想通貨投資無料メルマガはこちら!  
 
今回の記事が少しでもお役に立ちましたら、こちらをポチッと押していただけると今後の記事更新のモチベーションに繋がります。

将来的に価値の上がる可能性の高い通貨情報をプレゼント!

仮想通貨最新メルマガ

当サイト読者限定で、初心者でもわかりやすく理解できる仮想通貨の基礎知識や最新情報を無料メルマガで解説しています。 これから仮想通貨投資を始める方は、無料メルマガに登録して投資方法や今後価値の上がる仮想通貨の情報を取り入れてみてください♪ 今だけ長期的に爆上げする可能性の高い仮想通貨の情報を特別のプレゼントしております。(すでに管理人が投資済みの期待できる通貨に絞っています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *