ビットコインの口座開設のやり方を紹介!おすすめの場所も比較!

これからビットコインの購入をする場合、必ず必要となるのが『ビットコインの口座開設』になります。

ビットコインの口座を作れば今後ビットコインを売買することも可能ですし、ビットコインを決済手段として使うこともできます。

数年後にはビットコインが決済手段として主流になっている可能性もありますので、今回は今後必要となるビットコインの口座開設方法について詳しくご紹介していきたいと思います。

初心者には難しく感じるかもしれませんが、実はビットコインの口座を開設する方法はシンプルで簡単なので、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

投資初心者
口座開設は初心者だと難しそうですが、本当に簡単にできるのですか?
管理人
そうですね♪口座開設と聞くと面倒な手続きが多い印象ですが、私がオススメする場所であれば、初心者でも簡単に口座を開設してビットコインを購入することが可能ですよ^ – ^

ビットコインの口座開設について

まずこの口座を開設するということについて簡単に開設していきます。

私たちが普段お金を預けているのは『銀行』になります。この銀行にお金を預けるためには、銀行で自分の個人情報を入力して口座を開設してもらいます。

この時に自分の個人情報は相手側に伝わっているわけですから、人によっては審査に落とされて口座を開設できない場合もあります。

しかしビットコインの口座開設の場合、基本的には『誰でも作ることができる』のです。ビットコインは運営する機関が存在しないため、そもそも口座の開設を断る人がいないのです。

初心者がビットコインを開設するには?

これからビットコインの口座を開設するということは、ビットコインウォレット(お財布のようなもの)を持つことになります。

ウォレットによっては自分で完結できるものもありますが、初心者がいきなりそれをやろうとすると苦戦するかもしれません。そのためビットコインの口座を開設する場合には『取引所で口座を開設する』のが一番簡単です。

日本にはビットコインやその他アルトコインを扱っている取引所が数多くあります。その取引所に口座を開設してビットコインを購入するのが最も簡単ですし、何より安全にビットコインを購入することができます。

ここではビットコインの取引所で口座を開設する方法をお伝えしていきます。後半で取引所の口座と、自分のウォレットの使い分けをする方法もお伝えします。

ビットコインの口座開設は簡単!

今までビットコインを取り扱ったことがない方は『ビットコインの口座を作るのは難しいのでは?』と思うかもしれませんが、実はビットコインの取引所の口座を作るのはとても簡単です。

まず、口座を作るだけならば『自分のメールアドレス』さえあれば作ることができます。ビットコインを取引したり、日本円として出金する場合にはある程度の個人情報を入力する必要がありますが、それでも銀行の口座開設に比べれば圧倒的に簡単です。

まずは取引所でビットコインの口座開設をしていきましょう。

初心者におすすめの取引所はあるの?

私自身仮想通貨の取引所は複数使っているのですが、初心者でも簡単に登録でき、なおかつ信頼度の高い取引所といえば『コインチェック』がおすすめです。

こちらの取引所は日本でも一番最初に仮想通貨を取り扱った取引所として信頼度が高いです。そして嬉しいことに、スマホ・パソコンのどちらでも簡単に登録できますので、初心者でもスムーズに口座を開設することが可能です。

今回はこのコインチェックで口座を開設する流れをお伝えしていきます。

コインチェックの口座開設の流れ

では私がいつも使っている『コインチェック』で口座を開設する流れをお伝えしていきます。

まず最初にコインチェックの公式サイトにアクセスします。

→コインチェック公式サイト

そしてコインチェックの公式サイトに飛ぶと以下のような画面になります。

ここで『メールアドレス』『パスワード』を入力して『アカウント作成』をクリックしましょう。

そして登録したメールアドレスにこのようなメールが届きますので、リンクをクリックしてメールアドレスの確認ができれば『アカウント登録が完了』になります。

この時点でコインチェックでの口座開設も完了していますので、初心者でも簡単に口座を作ることができますよ♪

コインチェックでビットコインを購入するには?

口座の開設はかなり簡単でしたが、今後実際にコインチェックでビットコインを購入する流れも解説しておきます。

ます最初にコインチェック公式サイトの上部にある『ウォレット』をクリックしてください。

そして『日本円を入金する』という項目をクリックすると

このように電話番号認証が求められます。ここで自分がいつも使っている電話番号を入力し『SMSを送信する』をクリックすると認証コードが送られてきますので、それを『認証コード』の部分に入力して『認証する』をクリックすれば本人確認が完了します。

ちなみに5万円以上のビットコインを購入する場合には『設定』から『身分証明証』をコインチェック側に提示する必要がありますのでご注意ください。

日本円の入金に関してはいくつか選択肢があります。『銀行振込』『コンビニ入金』『クレジットカード入金』などがありますが、オススメとしては『銀行振込』か『コンビニ入金』になります。

クレジットカード入金ではクレジットカードの手数料+取引所の手数料がダブルで必要となるので高い手数料が取られてしまいますのでご注意ください。

そして日本円が入金されれば『コインを買う』をクリックし、ビットコインの項目を選択し『数量』を入力して『購入する』をクリックすればビットコインの購入ができます。

コインチェックはサイトの作りがシンプルなので、登録からビットコインの購入まで初心者でも迷うことなくできますのでオススメです。これを機会にぜひ登録してみてください。

→コインチェックで口座を開設する!

動画の方がわかりやすいという方は、こちらを参考にしてみてください。


投資初心者
もう少し難しいかと思っていたのですが、本当に使いやすそうなサイトですね。
管理人
取引所によってはサイトの作りが複雑な場合もありますので、コインチェック以外の取引所を使う際には注意しておきましょう。

お得な口座開設場所はどこ?

今後口座を開設する場合、できるだけお得な取引所、もしくはキャンペーンを実施している取引所で登録したい!と思うかもしれません。

コインチェックはお得なキャンペーンをやっていますが、もし他の取引所と比較して選びたいという方がいれば、こちらの記事を参考にしてみてください。

私の方で日本の取引所を徹底的に比較しておりますので一つの参考になると思います。

→日本の取引所を徹底的に比較してみた!

ビットコインウォレットを使い分けよう!

口座を開設できれば、あとはビットコインを購入して決済手段に使ったり、取引をすることも可能です。

コインチェックでは取引方法もシンプルになっていますので、今まで仮想通貨取引をやったことがない方でもすぐに使いこなすことができると思います。

今回の方法で口座を開設できると思いますが、実はビットコインを取り扱う場合、今後ウォレットを使い分けることが重要になってきます。

ウォレットというのは『お財布』のことになります。コインチェックのような取引所の口座は『ウェブ上のウォレット』になりますので、ここに全財産を預けてしまうと取引所に万が一のことがあった時に資産を失うことにもなります。

そのため、今後資産を保有する場合にはウォレットを使い分けることも重要となるのです。

ウォレット別の特徴について

では実際にウォレットの使い分けについてお伝えしていきます。

まずコインチェックに登録してもらったと思いますので、この時点で『ウェブウォレット』の作成は完了しています。ウェブウォレットは主に『取引』『送金手段』として使うことが多いです。

しかしウェブウォレットは『資産保有』には適していませんので、今後多くのビットコインを取り扱う場合には『コールドウォレット』を準備しておきましょう。

コールドウォレットとは?

こちらのコールドウォレットというのは『ネット上から切り離した場所でビットコインを保管できるウォレット』になります。

ビットコインがハッキングされる理由のほとんどは『ネット上にビットコインを保管していること』が原因です。例えば自分のウォレットがウェブウォレット一つだけだった場合、ハッカーがウェブウォレットにハッキングしてビットコインを盗むことはできます。

最近ではセキュリティ面も向上していますが、それでも100%安全とは言えないのです。しかし、コールドウォレットというのは『ネット上から切り離した環境』で保管することが可能なので、ハッカーが侵入することは不可能なのです。

今後ビットコイン投資やアルトコイン投資で多くの資産を作った場合は、ウェブウォレットではなく、このコールドウォレットに保管しましょう。

決済手段としてはモバイルウォレットがおすすめ

今は仮想通貨は投資・投機目的で購入する方がほとんどですが、数年後にはこのビットコイン決済が一般的となっている可能性はかなり高いです。

最近のニュースで大手の取引所が大手コンビニチェーン店と組んで、ビットコイン決済をコンビニに導入するというニュースが報道されています。

これはおそらく現実となるため、そうなればビットコイン決済が私たちの身近で使えることになります。

→ビットコインコンビニ決済についてのニュース

これは一つのきっかけにすぎませんが、身近な環境でビットコインが使われるとなると、今後日本人が決済手段としてビットコインを購入するのも時間の問題です。

そんな未来の決済手段として使う場合、ウェブウォレットやコールドウォレットではなく、最も使いやすいのが『モバイルウォレット』になります。

モバイルウォレットはスマホでダウンロードすれば簡単に使えるもので、アプリをダウンロードしてビットコインアドレスを取得し、ウェブウォレット、もしくはコールドウォレットの一部のビットコインをモバイルウォレットに移せば決済手段として使うことができるようになります。

モバイルウォレットでおすすめなのは『myceliun』『bitcoin wallet』になります。使ってみると分かりますが、かなり便利なウォレットになりますので、ぜひ一度ダウンロードしてみてください。

ウォレットの役割をおさらい

3つのウォレットに関してお伝えしてきましたが、一度おさらいすると

  1. ウェブウォレット:取引・送金手段
  2. コールドウォレット:資産保有
  3. モバイルウォレット:実店舗の決済手段

簡単に役割を分けるとこのようになります。

最初はウェブウォレットだけで事足りると思いますが、今後のことを考えると、コールドウォレト・モバイルウォレットも持っておいた方が使い勝手が良いでしょう。

もしビットコイン決済が主流となれば、今後お金を持ち歩く機会も減るかもしれません。今後の世の中の動きがどうなるか楽しみです。

アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)も考え方は同じ

今回はビットコインの口座開設やウォレットについてご紹介してきましたが、今後ビットコイン以外のアルトコインを取り扱う機会も出てくることでしょう。

しかし、基本的な考え方は全て同じです。アルトコインによってウォレットを変える必要がありますが、保管方法は今回紹介した内容とほとんど同じになりますので、まずは基軸通貨であるビットコインの使い方を完璧にしていただければと思います。

アルトコインによってはハッカーから狙われる可能性の高い通貨もありますので、保管方法に関しては十分に注意しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回はビットコインの口座開設の方法、ウォレットの使い分けについて詳しくお伝えしてきました。

ビットコインの口座開設は初心者でも簡単にできますので、まずは一度コインチェックに登録して口座を作ってみてください。そしてコインチェック以外の取引所も使ってみたい場合には、同じ要領で他の取引所でも口座を作成してみると良いでしょう。

個人的には取引所は複数利用することでリスクを分散させることができると考えています。なので今後はコインチェック以外の取引所の口座もいくつか作っておくと良いでしょう。

私の方で日本でオススメの取引所を比較しておりますので、こちらの記事も参考にしていただければと思います。

→日本の取引所を徹底的に比較してみた!

まだ仮想通貨について深く理解できていない方のために、このサイトでは仮想通貨について基礎から解説しています。  
 
まずは仮想通貨を理解する上で重要な『ビットコイン』や、仮想通貨の仕組みや投資のリスクを知ることが大切です。  
 
今後期待できる仮想通貨ランキングもまとめていますので、そちらもチェックしておきましょう!  
 
→初心者でもわかるビットコイン基礎知識!  
 
→今後仮想通貨が理論上100%ハッキングされなくなる理由!

当サイト限定無料メルマガ配信!

そして段階的に仮想通貨を学びたいという方は、私のサイトの読者限定でメルマガを配信しています。  
 
こちらでは、仮想通貨を基礎から解説しており、ネット上には出回らない仮想通貨の最新情報も定期的に配信しています。  
 
無料で参加することができますので、新しい時代の流れに取り残されないためにも、仮想通貨初心者の方はぜひメルマガ登録をしてみてください。  
 
→仮想通貨投資無料メルマガはこちら!  
 
今回の記事が少しでもお役に立ちましたら、こちらをポチッと押していただけると今後の記事更新のモチベーションに繋がります。

将来的に価値の上がる可能性の高い通貨情報をプレゼント!

仮想通貨最新メルマガ

当サイト読者限定で、初心者でもわかりやすく理解できる仮想通貨の基礎知識や最新情報を無料メルマガで解説しています。 これから仮想通貨投資を始める方は、無料メルマガに登録して投資方法や今後価値の上がる仮想通貨の情報を取り入れてみてください♪ 今だけ長期的に爆上げする可能性の高い仮想通貨の情報を特別のプレゼントしております。(すでに管理人が投資済みの期待できる通貨に絞っています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *