ビットコインの2020年の価値をガチで予想する!

仮想通貨関連の話を最近よく聞くようになりましたが、あなたの周りでもビットコインの話が出たりしますか?

すでにビットコイン自体の価格が急激に高騰しているため、1BTCを購入するのも大変になりました笑。

右肩上がりで価格を上げているビットコインですが、数年後の2020年にはどのくらいの価値まで上がるのか気になりますよね?

というのも、2020年には日本でオリンピックが開催されることもあり、その関係で海外からの旅行客がビットコインを使える設備を整えるという話もあります。

今は投資・投機目的での購入がほとんどですが、一般的な決済手段として使われるようになれば、このビットコインがどこまで価値を上げるのかは気になるところです。

今回は2020年にビットコインの価値がどうなっているのか?そしてその先はビットコインの価値は上がり続けるのか?について詳しく解説してきます。

ポジティブな情報だけではなく、ネガティブな目線でもお話ししますので、ぜひ参考にしてみてください。

投資初心者
今後のビットコインに関しては、わりとポジティブな意見を持っているのですが、それではまずいですかね?
管理人
確かに価格が高騰する可能性は高いと思います。しかし、いくつか気になるネガティブな情報もありますので、今回はその点についても詳しく解説していきます♪

そもそもビットコインとは?

ビットコインに関しては、今注目を集めている仮想通貨なので全く知らないという方は少ないと思います。

このビットコインは、インターネット上でやり取りをする『実在しない仮想通貨』になります。

ビットコインの詳細に関しては別の記事でお伝えしてきますが、仮想通貨の基軸でもあるビットコインは、これからの仮想通貨業界に大きな影響を与える存在です。

ある程度ビットコインを知っている方でも、より深く理解するために、まずはこちらの記事でビットコインの情報をおさらいしてみてください。

→ビットコインを基礎から理解する!

数年前は、1BTCを支払ってもピザすら買うことができませんでしたが、今では!BTCを使えば高級ブランド時計を買うことができるレベルまできています。

今後さらに価値を高騰させれば、自動車が買えるレベルにまで到達するのではないでしょうか笑。

なぜここまでビットコインの価値が高騰しているのか?

ビットコイン初心者からすると『なぜここまで急激にビットコインの価値が上がっているのか?』は不思議に思うでしょう。

確かに2017年に入ってからのビットコインの価格高騰は異常です。専門家すら驚くほどの高騰なので、世の中的には『一時的なバブル』と解釈されています。

しかし、ビットコインの価格が急激に高騰し、その後急落して価値がなくなるかと言われれば、そんなことはないでしょう。ではなぜここまでビットコインの価値が上がっているのでしょうか?

単純にビットコインを欲しい人が世界中で増えている

まず一番単純な理由としては『世界各国でビットコインを欲しいと思っている人が増えている』ことが価格高騰の大きな要因となります。

仮想通貨の価値が上がる理由は『欲しい人が増えれば価格が高騰し、必要ないと感じる人が増えれば価値は下がる』ただこれだけです。

シンプルに考えるとわかりやすいですが、このビットコインに可能性を感じている、もしくは決済手段・資産として持っておきたいという方が全世界で増え続けているため価格が高騰しているのです。

ビットコインはインターネットさえあれば国境も関係なく送金できるため、出稼ぎで働いている方にとっては便利な通貨となります。

銀行を通すと多額の送金手数料が必要となりますが、ビットコインであれば格安での送金が可能です。

これを考えると、ビットコインなどの仮想通貨の需要が高まるのは当然ですね。誰でも損はしたくないですから笑。

値上がりを期待している人が多い

そして決済手段・送金手段として求められるだけではなく、このビットコイン自体の値上がりを期待している人も数多くいます。

2017年の1月には1BTC=8万円程度だったのに、8月になると50万円近くにまで上昇しています。

これを聞くと『ビットコインを今のうちに購入しておけば儲かるのでは?』という考えが出てくるのは当然です。

そのため、値上がりを期待して、今のうちにビットコインを所持しておこうと考える人も増え続けています。

買う人が増えれば、それだけビットコインの価値も高まり続けますので、今後はさらにビットコインを購入する方が増えるのではないでしょうか?

2020年のビットコインの価値を予想してみよう!

最近未来を予想する系の記事ばかり更新していますが、やはりきになる部分なので積極的に予想していきたいと思います。

まず、この記事を更新しているのは2017年の8月になります。今のビットコインの価格は1BTC=48万円になります。

2020年まであと3年でどこまで価格を高騰させるのか?逆にビットコインの価値が下がるのかを考えていきます。

2020年はビットコインは100万以上になっている可能性も‥

ビットコインに対する考え方は人それぞれ違うとは思いますが、私自身ビットコインの価値が100万円にたどり着くという説はかなり信ぴょう性の高い情報だと考えています。

2017年にはすでに半分の50万円近くにまで上昇していますし、今後年内には60万・70万と価値を上げていく可能性も十分にあり得ます。

2017年以内に100万円にたどり着くことは難しいとは思いますが、今後2018年には100万円にまで上がっている可能性も十分にあるでしょう。

それを考えてしまうと、2020年には100万円以上の価値をつける可能性もあり得ますので、全く予想ができなくなります。正直100万円を超えてしまうと、私も全く予想できませんね。

100万円を超えると思う根拠について

私がビットコインの価値が100万円を超えると思う根拠はいくつかあります。

まだ決済手段として使われる機会が少ない

今現在、ビットコインは投資・投機目的で購入する方は多いですが、決済手段として使う場面が少ないため、本当の意味で普及はしていません。

これから大手ECサイトや一般の店舗でのビットコイン決済がスタートすれば、本格的に決済手段として使われるようになるでしょう。

すでに仮想通貨取引所と大手コンビニチェーンが組み、コンビニの決済手段としてビットコインを使えるサービスを2018年に始めようとしています。

→コンビニがビットコイン決済を導入?

コンビニでビットコインが使えるようになれば、一般的な決済手段として認知されるのは時間の問題です。このサービスは、2020年の東京オリンピックで訪れる海外観光客に向けたものなのですが、日本人に対する影響も大きいと考えられます。

リアル店舗での決済、そしてアマゾンなどのネットショップでもビットコインが導入されれば、今ビットコインを持っていない方が続々と決済手段として使うことになるでしょう。

スマートフォンの普及

そしてこのスマートフォンの普及率もビットコインの価格に大きく影響してくると考えています。

日本ではある程度スマートフォンが普及していますが、今海外では急激にスマートフォンの文化が浸透しており、2020年にはスマホユーザーが数億人規模で増えるといわれています。

ビットコインのメリットとしては『インターネット上で決済が完了できる』という点ですから、このスマホが世界で普及することで、スマホでビットコイン決済を行う場面も確実に増えてきます。

送金・決済手段がビットコインに切り替われば、全世界での取引量が増えることになるでしょう。本当の意味での仮想通貨バブルはこれからなのかもしれません。

将来的なビットコインの不安について

他のサイトでもビットコインに対する将来性については数多く書かれていますので、ここではあえてビットコインの将来的な『不安』について焦点を当ててみたいと思います。

ビットコインは完璧な仮想通貨ではありません。今後一生右肩上がりで価値を上げていくことなく、いずれ価値が下がる時は来るはずです。

私が考える将来的なビットコインの不安についていくつか解説していきます。

ビットコインマイニングの電気代

ビットコインの電気代?何言ってんの?と思われるかもしれませんが、とりあえず聞いてください笑。

まずビットコインというのは『マイニング』をしてくれる人がいるから成り立つ仕組みとなります。

→ビットコインマイニングについて

現状ビットコインのマイニングは、主に電気代の安い国が行っています。

今現在のビットコインの取引量であれば、マイニングをすることで利益を出すことができるのですが、今後将来的にビットコインの取引量が増え続ければ、それだけマイニングの計算量が多くなります。

計算量が増えればマイニングをする際の電気代のコストも高くなります。これを考えると、いずれマイニングを行なっても利益を出すことが難しくなるのでは?と思ってしまうのです。

現在ビットコインのマイニングを行なっている方は『利益が出る』からやっているだけで、ボランティアでやってくれるはずもありません。

それを考えると、このビットコインマイニングの電気代の問題は深刻なのではないか?とも思ってしまうのです。

51%攻撃

そしてもう一つの不安な点は『51%攻撃』になります。

これはビットコインマイニングにつながる話なのですが、ビットコインというのは『proof of work』というアルゴリズムを採用しており、マイニングの51%を支配されてしまうといくらでも不正ができる仕組みとなります。

先ほどの電気代の話とつながるのですが、基本的にマイニングというのは電気代の安い国(中国など)で行われているのですが、将来的にマイニングで利益を出すためには電気代よりもマイニングの利益が高くなければ採算がつきません。

そうなると、中国のような1つの国が51%を支配してしまう可能性はゼロではないのです。

これを考えると、数年単位では安心かもしれませんが、数十年単位で考えると51%攻撃が起こるリスクも十分にあると考えられます。

不正ができる仕組みとなってしまえば、ビットコインを使う人もほとんどいなくなるはずなので、最終的にはビットコインの破綻も考えられます。

これは大げさな話かもしれませんが、可能性はゼロではありませんので、ビットコイン投資をする際には必ず頭に入れておきましょう。

ビットコインは高騰するが不安もある

私の結論としては、今後ビットコインの価値は高騰すると考えています。2020年までには1BTC=100万円を超える可能性は十分にあると言えるでしょう。

しかし、その裏でいくつか不安な点があることも事実なので、投資をしてほったらかしにしておくのではなく、必ず最新のビットコインの情報を取り入れて、その都度対処していくことが重要です。

気が付いたらビットコインの価値がなくなっていた‥という事態は避けたいですよね?

まだまだ先の話かもしれませんが、ビットコインの価値が下がる可能性もありますので、仮想通貨関連の情報には常にアンテナを張っておきましょう!

投資初心者
儲かるという話だけに食いつくのは危険ですね。私もしっかりと情報収集をしていきたいと思います。
管理人
期待できる業界ではありますが、いつか必ず価値が下がる時は来ますので、必ず最新の情報を取り入れることは怠らないでくださいね♪

まとめ

いかがでしたか?今回は個人的に2020年のビットコインの価格について予想してみました。

正直ビットコイン単体で考えるのはあまり意味がないかもしれません。というのも、仮想通貨業界は常に新しいものが登場しており、すでにビットコインの技術を超えたものもたくさん登場しています。

数年後にはビットコインのランキングが下がり、他の仮想通貨が1位になっていることも考えられます。

まだまだ不安定な業界でもありますので、ビットコインだけではなく、その他のアルトコインに関する情報も取り入れていきましょう。

いずれにせよ、仮想通貨の文化はこれから私たちの生活に浸透してきますので、時代の流れから逃げることはできません。時代に取り残されないためにも、今できることから始めていきましょう。

まだ仮想通貨について深く理解できていない方のために、このサイトでは仮想通貨について基礎から解説しています。  
 
まずは仮想通貨を理解する上で重要な『ビットコイン』や、仮想通貨の仕組みや投資のリスクを知ることが大切です。  
 
今後期待できる仮想通貨ランキングもまとめていますので、そちらもチェックしておきましょう!  
 
→初心者でもわかるビットコイン基礎知識!  
 
→今後仮想通貨が理論上100%ハッキングされなくなる理由!

当サイト限定無料メルマガ配信!

そして段階的に仮想通貨を学びたいという方は、私のサイトの読者限定でメルマガを配信しています。  
 
こちらでは、仮想通貨を基礎から解説しており、ネット上には出回らない仮想通貨の最新情報も定期的に配信しています。  
 
無料で参加することができますので、新しい時代の流れに取り残されないためにも、仮想通貨初心者の方はぜひメルマガ登録をしてみてください。  
 
→仮想通貨投資無料メルマガはこちら!  
 
今回の記事が少しでもお役に立ちましたら、こちらをポチッと押していただけると今後の記事更新のモチベーションに繋がります。

将来的に価値の上がる可能性の高い通貨情報をプレゼント!

仮想通貨最新メルマガ

当サイト読者限定で、初心者でもわかりやすく理解できる仮想通貨の基礎知識や最新情報を無料メルマガで解説しています。 これから仮想通貨投資を始める方は、無料メルマガに登録して投資方法や今後価値の上がる仮想通貨の情報を取り入れてみてください♪ 今だけ長期的に爆上げする可能性の高い仮想通貨の情報を特別のプレゼントしております。(すでに管理人が投資済みの期待できる通貨に絞っています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *