zaif トークンとは?チャートも詳しく解説!

仮想通貨関連のことを調べると、よく分からない単語が続々と出てくると思います。

アルトコイン・オルトコイン・ブロックチェーン・プラットフォームなど様々な単語がありますが、その中でも今現在注目を集めているのが日本の大手取引所『zaif』のトークンになります。

トークンと言われても全くピンとこない人もいると思います。『そもそもトークンってなんだよ笑』と思っている方もいると思いますので、ここではzaifが扱っているトークンについて詳しく解説していきたいと思います。

実は知らないだけでチャンスが隠れていることもありますので、仮想通貨関連の情報に関しては積極的に取り入れていきましょう。

投資初心者
トークンと聞いてもあまりピンとこないのですが、zaifのトークンは注目しておいた方が良いのですか?
管理人
そうですね♪実はほとんどの人が知らないだけで、今後zaifの独自トークンが注目される可能性があります。その理由に関しても今回詳しくお伝えしますので、この記事を参考にトークンへの投資を考えてみてください♪

zaifが発行しているトークンとは何なのか?

ではまずこのzaifが発行している独自トークンについて解説していきましょう。実はこのzaifの独自トークンは、zaifを運営しているテックビューロ社が発行しているインターネット上のデータになります。

例えば代表的な仮想通貨を例に出すと、リップル社が運営しているリップル(XRP)と呼ばれる仮想通貨がありますよね?それと同じく、zaifを運営するテックビューロ社がこの独自トークンを扱っているのです。

なのでそこまで難しく考える必要はありません。

トークンに関しては様々な場面で使われるようですが、ここでの解釈としては『ブロックチェーン場で発行した独自の通貨』と考えておきましょう。

→ブロックチェーンがわからない方はこちら!

zaifのトークンを所持するメリット

テックビューロ社が独自にトークンを発行しているということは、それを所持することで大きなメリットがあると考えると思いますが、実はzaifのトークンを持っていたとしても、一般的に使う場面はほとんどありません笑。

独自のサービスでトークンを交換できる仕組みもあるようですが、それを目的にzaifのトークンを保有する方はほとんどいません。

基本的に、zaifのトークンを購入する方のほとんどは投資目的となります。

zaifのトークンの価格はどうなっているのか?

保有していても使う場面がない。しかしトークン自体の価格が毎日のように変動しているため、取引で利益を出すことができます。

トークン自体は役に立たなかったとしても、価格変動が起これば必ず売買目的で購入する方も増えてきます。では現在のzaifのトークンの価格がどうなっているのかを確認してみましょう。

→zaif公式サイト

公式サイトのトークンのチャートを見ると、価格が変動しているのがわかると思います。

実はzaifのトークンが発行された当時には、短期的にトークンの価格が5円程度にまで上がっていました。

しかし、最近では価格の変動が緩やかになっていましたが、zaif関連の大きなニュースが出たことによって、価格を大きく高騰させているのです。

zaifがCOMSAを発表

COMSAというのは、zaif取引所を運営しているテックビューロ社が新しく提供するサービスであり、簡単に言ってしまうと『ICO取引』を支援する仕組みになります。

基本的にICO取引は海外で行われていましたが、このCOMSAの運営が開始されれば日本でICO取引に参加することができるのです。

このCOMSAというサービスはすでに大きな注目を集めており、すでに登録者が50000人以上になっています。このCOMSAのICO取引にzaifの独自トークンが関連銘柄として扱われることもあり、低迷気味だったzaifの独自トークンの価格が高騰しているのです。

まだCOMSA自体は始まっていませんが、これから本格的にサービスが開始されれば、zaifの独自トークンの価格も高騰する可能性が高いと言えるでしょう。

zaifのトークンは買うべきなのか?

これからzaifのトークンの価格がどうなっていくのかを私なりに考えてみました。

まず、現状仮想通貨ビットコインやアルトコインはある程度価格が高騰しています。まだまだ利益を得ることはできるとは思いますが、zaifトークンに比べると価格が高いため、大きな利益を得ることは難しいかもしれません。

しかしzaifトークンの場合、現在の価格が底地になりますので、これから価格が上がるしかありません。

そうなると、市場に出回っているビットコインやアルトコインではなく、このzaifトークンを購入して大きな利益を出そうと考える人がちが参入する可能性があります。

アルトコインからzaifトークンに資金を流せば、それだけで価格は跳ね上がることになります。仮想通貨というのは『安く買い、高く売る』これだけで利益を得ることができます。

zaifトークンに関しては、ある意味仮想通貨が始まったばかりの頃のような低い価格で買うことができますので、これから爆発的に価格が高騰する可能性を秘めていると言えるでしょう。

ただしどこまで価格が上がるのかは未知数ですので、無理な投資をするのではなく、少額から投資を始めていきましょう。

COMSAの動向には注目しておこう!

zaifのトークンに期待すると言っても、やはり現在のビットコインやアルトコインほどの爆発的な高騰を期待しすぎるのもよくありません。

これからzaifのトークンに投資する場合、注目すべき点は『COMSAの登録者数』になります。現在50000人を超えているため、zaifのトークンが上昇する可能性は高いです。

2017年の10月からCOMSAのICOが始まり、ここから本格的に登録者も増えてくることになります。

このCOMSAというサービスが日本でどこまで認知されるのか?そして今後COMSAのICO取引に参加する人がどこまで増えるのかによって、zaifの独自トークンの価格も変わってくることでしょう。

zaifの独自トークンに投資する際の注意点

途中でもお伝えしましたが、zaifの独自トークンはかなりマニアックなものになりますので、今回のCOMSAのサービスが開始されるからと言って、安易に多額の資金を投じるようなことは絶対に避けましょう。

確かにこのサービスが広まれば、zaifのトークンの価格が高騰する可能性は高いです。

しかし、基本的にトークンの用途に関してはまだまだ未知数な部分が多いため、これからトークンがどのような場面で使われるようになるのかが明確になった時に大きな投資に踏み切ってみてください。

マニアックなトークンには少額投資が基本となりますので、ネット上で出回っている『zaifトークンは確実に儲かる』などという言葉に騙されずに、冷静な投資を心がけていきましょう。

→zaifという取引所は怪しいのかを調べてみた!

まとめ

今回はzaifの独自トークンについて詳しく解説してきました。もしかしたらzaifに独自トークンがあること自体知らなかった方もいると思います。

ビットコインやアルトコインが注目される中で、実はzaifが新しいサービスを始めようとしているのです。まだCOMSAというサービスが始まっていないのにも関わらず、すでに50000人以上の登録者がいるというのは期待の表れとも取れます。

これからこのCOMSAがどれだけ認知されるのか?そしてzaifの独自トークンが多くの人に受け入れられるのかどうかは特に注目していきたいところです。

もしかしたら、短期的に数倍・数十倍の価格高騰をする可能性もありますので、ビットコインやアルトコインに投資している一部を、zaifの独自トークンに投資してみてはいかがでしょうか。

zaifではビットコインを使って独自トークンを購入することができますので、ぜひ一度zaif公式サイトをチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *