仮想通貨リスク(lisk)とイーサリアムの違いを解説します!

仮想通貨について調べていくと、仮想通貨リスク(lisk)とイーサリアムが似ていることに気がつくと思います。

仮想通貨は世界に数千種類もの数が出回っているため、似ているものがいくつかあるのは当然のことですが、それでも似ている仮想通貨の中で両者が仮想通貨ランキングの上位に位置していることはほとんどありません。

この仮想通貨リスクとイーサリアムは現在ランキングでも上位に位置しているため、両者の違いをはっきりと理解しておく必要があります。

なのでここでは2つの仮想通貨の特徴や違いについて詳しく解説していきたいと思います。

仮想通貨リスク(lisk)について

まずはこの仮想通貨リスク(lisk)について解説していきましょう。

すでに動画でリスクについての解説がありますので、まずはこちらをご覧下さい。(日本語の字幕表示推奨)

仮想通貨リスクの特徴

では実際に仮想通貨リスクの特徴について掘り下げていきます。

サイドチェーンを利用

仮想通貨リスクの最大の特徴としては『サイドチェーン』を使っているということです。ビットコインなどの仮想通貨の多くは『メインチェーン』を使っています。

しかしリスクの場合、複数のブロックチェーンを使って取引処理ができるサイドチェーンを使っているため、メインチェーンを使っている仮想通貨よりも取引処理のスピードを早くすることができるのです。

そしてサイドチェーンを使うことによって『セキュリティ面の向上』も期待できます。

というのも、メインチェーンに取引情報を全て載せると、万が一ハッキングの被害に遭った場合にメインチェーンを丸ごと変える必要があります。

要するに『ハードフォーク』をする必要が出てくるのです。

しかし仮想通貨リスクのようにサイドチェーンを利用している仮想通貨であれば、ハッキングされてもメインチェーンには情報を載せることがほとんどありませんので、対策が取りやすいのです。

開発言語にjavascriptを使っている

そして仮想通貨リスクは『開発者側』にとってもメリットがあるのです。

というのも、現在世界中で使われている開発言語が『javascript』になるのですが、多くの仮想通貨は他の開発言語を使っているため、エンジニア視点で考えると新しいサービスを作り出す環境が整っているとは言い難いのが現実です。

しかし仮想通貨リスクではjavascriptを使っているため、世界中のエンジニアが参加しやすい環境が整っているのです。

新しいサービスを生み出すためには、このエンジニアの存在が欠かすことはできません。

そのような点を考えても、この仮想通貨リスクは柔軟性の高いものとなっているのです。

仮想通貨イーサリアムについて

では仮想通貨リスクと似ていると言われているイーサリアムについても解説していきましょう。

仮想通貨投資をしている方の中で、このイーサリアムを知らない方はまずいないでしょう。

すでに時価総額ランキングでも上位に位置しており、ビットコインに続いて人気の高い仮想通貨となっています。

イーサリアム自体は開発チームが存在しますが、実はビットコインと同じように中央で管理する団体は存在しません。

ではこのイーサリアムは一体どんな仮想通貨なのか?特徴をいくつかご紹介していきます。

スマートコントラクトを採用

最初にお伝えしておきますが、このスマートコントラクトは仮想通貨リスクにも取り入れられています。

スマートコントラクトの詳しい解説については別の記事でお伝えしていますが、この技術は『取引と同時に契約も一緒に残すことができる』のです。

→スマートコントラクトの詳細について

例えばあなたが1万円をBくんに貸すとします。その時にBくんと口約束でお金を貸すと、もしかしたら返済をすっぽかされるかもしれません。

しかしこの時にイーサリアムを使ってBくんにお金を貸すと『イーサリアムを1万円分貸した』という契約情報まで一緒に送ることができるのです。

イーサリアムは仮想通貨ですから、ブロックチェーンという技術を使っているため、この契約を改ざんすることは不可能です。

なのでBくんはあなたからイーサリアムを借りたのであれば、必ず返済しなければならないのです。

このような契約情報をブロックチェーンに載せることができるため、スマートコントラクトは大きく注目を集めているのです。

取引がメインチェーンに書き込まれる

このイーサリアムに関しては、リスクとは違い『取引記録を全てメインチェーンに記述する』ことになります。

途中でもお伝えした通り、メインチェーンに取引記録を記述することでいくつかのデメリットがあるのも事実です。

メインチェーンに多くの取引情報が載ると、大量の取引が行われた際にスケーラビリティ問題を起こしやすくなります。

そしてハッキングをされた時には『メインチェーンごと変える必要がある』ため、大規模なハードフォークを行う必要が出てくるのです。

以前にイーサリアムがハードフォークを行なったのも、メインチェーンがハッキングの被害に遭ったからです。

この時に新しく生まれた仮想通貨が『イーサリアムクラシック』となります。

このハードフォークが起こったことによって、イーサリアム側もセキュリティ面の大幅な改善を図っていますが、今後またハードフォークが起こる可能性はゼロではないということです。

これを考えると、リスクのようなサイドチェーンを使っている仮想通貨の方がリスクが少ないように感じます。(ダジャレじゃないです笑)

リスク(lisk)とイーサリアム(ETH)のどちらに投資すべきなの?

この2つの仮想通貨を比較してみると『リスク』の方が期待できるような感じがしますよね?

仮想通貨リスクに関しては、将来的に『javascript』というプログラミング言語を活用して、誰でもリスクのプラットフォームを利用できるソフトウェアの開発(SDK)を目指すと公言しております。

対してイーサリアムは『チューリング完全』を目指しています。このチューリング完全というのは、プログラミングで応用ができるプラットフォームのことです。

要するに『応用力』を重視した仕組みを構築するということです。

イーサリアムに関しては3段階までアップデートが完了しており、常に進化をし続けています。

すでにイーサリアムを使ったアプリケーションも続々と開発されているため、いずれは大企業もイーサリアムに注目することでしょう。

現在の時価総額や提携企業の数はイーサリアムが圧倒していますが、いずれリスクの『SDK(software development kit)』が使いやすいソフトとなれば、今のランキングにも変動が起こるかもしれません。

現在のイーサリアムとリスクの価格チャートを比較してみると

liskのチャート

イーサリアムのチャート

こんな感じです。リスクの動きが最近怪しくなっているので、今後急激な高騰も考えられるかもしれませんね♪楽しみです。

両者のアップデートや企業提携の情報は常にチェックしておくように心がけましょう。

→仮想通貨liskの取引所での買い方を解説!

まとめ

今回は仮想通貨リスクとイーサリアムの違いについて詳しく解説してきました。

最終的にはどちらの仮想通貨が良いか?などという個人的な考えまで記載してしまいました笑。

私自身は両者の仮想通貨にも注目していますが、実はイーサリアムクラシックも気になっているのが事実です。

以前から『スマートコントラクト属性』の仮想通貨の情報はチェックしていたのですが、今後この3つの仮想通貨のどれが抜きに出るのかについては最も注目している部分でもあります。

イーサリアムクラシックに関しても、今後記事を更新していきたいと思いますので、そちらも楽しみにしていて下さい。

まだ仮想通貨について深く理解できていない方のために、このサイトでは仮想通貨について基礎から解説しています。  
 
まずは仮想通貨を理解する上で重要な『ビットコイン』や、仮想通貨の仕組みや投資のリスクを知ることが大切です。  
 
今後期待できる仮想通貨ランキングもまとめていますので、そちらもチェックしておきましょう!  
 
→初心者でもわかるビットコイン基礎知識!  
 
→完全日本語対応のオススメ海外取引所について解説!  
 
→将来有望な仮想通貨ランキング!

当サイト限定無料メルマガ配信!

そして段階的に仮想通貨を学びたいという方は、私のサイトの読者限定でメルマガを配信しています。  
 
こちらでは、仮想通貨を基礎から解説しており、ネット上には出回らない仮想通貨の最新情報も定期的に配信しています。  
 
無料で参加することができますので、新しい時代の流れに取り残されないためにも、仮想通貨初心者の方はぜひメルマガ登録をしてみてください。  
 
→仮想通貨投資無料メルマガはこちら!  
 
今回の記事が少しでもお役に立ちましたら、こちらをポチッと押していただけると今後の記事更新のモチベーションに繋がります。

将来的に価値の上がる可能性の高い通貨情報をプレゼント!

仮想通貨最新メルマガ

当サイト読者限定で、初心者でもわかりやすく理解できる仮想通貨の基礎知識や最新情報を無料メルマガで解説しています。 これから仮想通貨投資を始める方は、無料メルマガに登録して投資方法や今後価値の上がる仮想通貨の情報を取り入れてみてください♪ 今だけ長期的に爆上げする可能性の高い仮想通貨の情報を特別のプレゼントしております。(すでに管理人が投資済みの期待できる通貨に絞っています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *