『Beicoin(ベイコイン )』が仮想通貨のセキュリティを激変させる理由!

高い技術を誇る仮想通貨ですが、現段階で一般層にまで浸透しているかというと、そこまでではありません。

もちろん定期的に価格高騰が起こるため、以前に比べるとはるかに認知度は高まってきました。今までは1円以下の価値しかなかった通貨が、今では数百円・数千円・数万円と高騰しているものもあります。

このまま一般層に浸透していき、最終的には誰もが利用する技術となるのか?と聞かれれば、私はそうではないと考えています。

確かに技術としては素晴らしいです。これは疑う余地はありません。

しかし最も大事な部分が改善されていないのが今の仮想通貨の現状です。その重要な部分というのが

『セキュリティ対策』

です。

  • いつ盗まれるか分からないリスク
  • デジタルでお金を管理する怖さ

を解消するためには、このセキュリティ対策を万全にしなければ一般層が利用するはずもありません。

今までのセキュリティではいつハッキングが起こってもおかしくない状況でしたが、もうその心配をする必要がなくなるかもしれません。

実は

『今までのセキュリティの常識を根本から覆す世界最高のセキュリティ』

が開発されたのです。

今回はその点について詳細にお伝えしていきます。

投資初心者
正直セキュリティに関して詳しく説明されても、全くちんぷんかんぷんなんですよね〜!
管理人
確かに技術的なことを言われても、一般の方にはなんのこっちゃサッパリ分かりませんよね。
投資初心者
今回の記事では、そのセキュリティに踏み込む感じですか?
管理人
そうですね。簡単に言ってしまえば『今までのセキュリティの常識を変えるものが出ましたよ〜!』という話です♪
投資初心者
それは興味深いですね!ハッキング事件がなくなるといいな〜!

今のセキュリティのリスクについておさらい

もし今のセキュリティが100%安心だと思っている方は、今回の内容は読む必要がありません。

現在仮想通貨のセキュリティ対策として様々な手段が取られていますが、それでも尚取引所に対するハッキング事件が止むことはありません。

そもそも私たち一般人には

『仮想通貨のセキュリティを強化しました!』

と言われても、具体的にどのくらい安全なのかは全く分かりません。

今取引所の対策として一般的に取り入れられているのは

  • 二段階認証
  • SMS認証
  • ID・パスワード入力
  • マルチシグネチャ
  • DEX(分散型仮想取引所)

このような対策です。これだけセキュリティを強化していればまず盗まれることはないだろうな!と思ってしまいそうですが、これだけ対策をしてもまだまだハッキング事件が鳴り止むことはありません。

実際に大手取引所『コインチェック』の巨額のハッキング事件以降を調べてみてください。

数々の対策をしているという発表がありながらも、結局これらのセキュリティ技術を取り入れてもハッキングされているのが現実です。

今後新しい対策が生み出されたところで、根本的なセキュリティの弱点を克服しなければハッキングの被害がなくなることはあり得ないのです。

今後セキュリティ面で悩むことがなくなる可能性が‥

今のセキュリティの現実を知ると、将来的に仮想通貨が一般的に普及することが考えずらくなりますが、実はそんなこともありません。

個人的には

『いずれ本物のセキュリティが出てくるだろうな!』

とは思っていましたが、実はすでに私たちが求めているような最高のセキュリティが開発されていました。

今まで仮想通貨が盗まれていた原因は、結局セキュリティ対策をしても

『何かしらの形でネット上に繋がっていること』

が原因でハッキングをされていました。

秘密鍵を使った技術では、 USBをパソコンから抜いたとしても、バックアップはクラウド上に存在するため、ハッカーが盗もうと思えば盗める環境になるのです。

ハードウェアウォレット=100%安全という勘違い

多くの方が

『ハードウェアウォレットは絶対安心だ!』

解釈している人も多いようですが、実際はそんなこともないのです。

ちなみに私もこのセキュリティの技術の話を聞くまでは、ハードウェアウォレットが完璧なセキュリティを持っていると勘違いしていました笑。

一般的にはそのような教わり方をしている人も多いですが、実際にセキュリティに詳しい人からすると全く安全な環境ではないということです。

ウォレットの紛失などが起こった際に復元をする際に、事前にメモした復元コードを入力します。

多くの方は、手書きのメモで保管しておけばハッキングされる心配がないと思っていますが、結局復元コードを入力してデータを復活させられるということは

『バックアップはクラウド上に存在する』

ことになるのです。

ハードウェアウォレットをパソコンから切り離し、秘密キーを手書きで保管したとしても、ネット上に情報が残っていることには変わりはないので盗もうと思えば盗めるのです。

事実取引所で使われているコールドウォレットも、24時間体制で監視の目を入れて保管していますからね。

  • ハードウェアウォレット(安全性 高)
  • ホットウォレット(安全性 小)

※今の技術ではハッカーの攻撃の手を防ぐことは難しい

管理人
色々な情報が出回ってはいますが、今のところ100%安全な環境で仮想通貨を保管できる仕組みはないということです。

 

新しく登場する独自トークン『beicoin』とは?

ではそろそろ新しいセキュリティ技術の話をしていきましょう。

まずタイトルでもお伝えしている独自トークンである『Beicoin(ベイコイン )』。これが一体セキュリティとどう関係しているのか気になると思います。

実はこのBeicoin(ベイコイン )というのは、今度新しく開設される『取引所』で使われる独自トークンになります。

2018年の11月にマルタ共和国で新しく

『DRAGON GATE WAY』

という取引所がオープンするのですが、この取引所は世界で初めて

『特許出願中の秘密分散技術』

を採用した取引所となります。

後でこの技術の凄さを解説させていただきますが、その取引所で使われる独自トークンとなるため、将来的な価格高騰が大きく期待されているのです。

ハードウェアウォレットを超えた安全性を誇る『Dragon Wallet(ドラゴンウォレット)』

取引所のセキュリティも高いのですが、それと同時にハードウェアウォレット以上のセキュリティ技術を取り入れた独自ウォレットである

『Dragon Wallet(ドラゴンウォレット)』

も一般的に流通することになります。

動画がこちら↓

 

というより、一部の情報ではこのセキュリティがあまりにも強固なため、事前の優先販売の段階でもの凄い反響があったそうです。

→Dragon Walletの詳細はこちら!

そのため、今現在は通常販売で買うことが難しくなっています。

Beicoin(ベイコイン )のICOに参加し、一定金額以上の購入をすると特典としてDragon Wallet(ドラゴンウォレット)を無料でもらえるようなので、興味があればそちらもチェックしてみてください。

→BeicoinのICOへの参加はこちら!

このセキュリティは一体何が凄いの?

基本的に、私は新しいウォレットが登場しても大々的に紹介するようなことはまずありません。

今の段階で一番安全だと言われているハードウェアウォレットに関しては度々紹介していますが、この先は間違いなく『Dragon Wallet』がデフォルトとなるような世の中が来ることでしょう。

そもそもなぜこのDragon Walletが凄いのかというと

『クラウド上にバックアップが存在しない』

ため、完全にインターネットから切り離した環境で通貨を保管することが可能です。

分かりやすく言えば

  • ハードウェアウォレット
  • マルチシグネチャ技術

の良いとこ取りをして改善を加えたのがこのセキュリティ技術だということです。

バックアップをクラウド上に保存せず、万が一情報の一部を紛失した場合でも、残りの分散情報からすぐに復元することが可能なため、自分一人で安心安全に保管ができます。

特に

  • 今までハードウェアの英語表記に混乱していた方
  • ハードウェアのアップデートでドキドキしながら設定していた方
  • 使い方が難しすぎてハードウェアウォレットを使っていなかった方

には最適のウォレットになります。送金する際にはスマホに接続してシンプルな操作に従い、それ以外の時はネット上から切り離した場所で保管しておけば安心です。

誰もが安心安全に使うことができる今までにないウォレットとなるため、この先間違いなく普及していくことになるでしょう。

投資初心者
う〜ん。なんだか難しい話になってきましたが、管理人さんが上記した項目に私は全て当てはまっています笑。ハードウェアウォレットのアップデートなんか特に毎回ドキドキですね!
管理人
今使われているウォレットのほとんどは初心者向きではないため、使いこなせずに挫折している方も多いようですからね。

この先セキュリティ対策の考え方が変わる!

セキュリティの根本的な部分がガラリと変われば、仮想通貨業界もその新しいセキュリティ技術に注目せざるをえません。

もちろんこの技術が正しく理解されるまでには時間がかかるとは思いますが、それでもいずれは多くの方の耳に入り、この業界を良い方向へと変えてくれることでしょう。

その最初のきっかけを作るための記事でもありますので、読んで頂けた方が情報を拡散して頂けるとこの業界の健全化にも繋がります。

こんなことを言うと綺麗事に聞こえると思いますが、やはりセキュリティについてのリスクを知っていると、今使われているものがどれだけ危険なのかということがはっきりと分かります。

もちろん新しいセキュリティが広まれば、その欠点を見つけてハッカーが侵入することを考えますが、何度もお伝えしている通り、今回の技術は完全にネットから切り離された場所で保管するため、今までの技術よりもはるかに安全性が高いのです。

管理人
考え方としては、今まで複雑な入力項目を追加していた対策(二段階認証やSMS認証)は『小手先の対策』。今回の新しいセキュリティ技術は『セキュリティの根っこから変えようとしている根本的な対策』になります。

Beicoinの将来性について

Dragon Walletが市場に出回れば、いずれは誰もが使うようになると思います。この点に関しては、私自身もセキュリティ技術を深くまで理解したことで確信しています。

そしてもう一つ期待していることは

『Beicoinの将来性』

です。

今回お伝えした新しく開設される取引所

『DRAGON GATE WAY』

で独自トークンとして使われるBeicoinですが、いずれは誰もが欲しがる独自トークンになっている可能性が高いのです。

今後確実に他の取引所が欲しがる

現在どこの取引所も根本は同じセキュリティシステムとなっていますが、DRAGON GATE WAYの登場によって新しいセキュリティシステムの存在を知ることとなります。

最初にもお伝えしたことですが、今のセキュリティシステムでは人の監視の目を光らせ、24時間体制で管理しなければなりません。

徹底した管理体制を敷いても尚ハッキングの被害が止まらないのが現在のセキュリティです。

ここに根本的な弱点が克服されたセキュリティシステムが登場すれば、他の取引所がその技術に注目することは容易に想像できます。

初めは技術が浸透するまでに時間がかかるとは思いますが、影響力のある人にこのシステムの存在が伝われば、爆発的に認知度は高まることでしょう。

このセキュリティを使うのであれば、必ず取引所にBeicoinを上場させなければなりません。

ということは、DRAGON GATE WAY以外の取引所での流通量も高まり、トークン自体の価格高騰が期待できるのです。

投資初心者
Beicoin自体を所持し、自分の資産を増やせる可能性も高いということですね!
管理人
その通りです。持っておいても面白い通貨ではあります♪

Beicoin自体がセキュリティのブランドとなる

仮にBeicoinが他の取引所に上場したとしましょう。

上場後、その取引所でBeicoinの取引ができるようになり、世界最高のセキュリティシステムも使えるようになります。

その後、他の取引所でハッキング事件が起こり世の中が仮想通貨のセキュリティに対する不安を募らせている中、このBeicoinを使っているDRAGON GATE WAYやごく少数の取引所は一切ハッキングが起こらなかったとします。

そうなると、Beicoinを採用している取引所=セキュリティが高いという認識をする人も出てくるため、Beicoinの上場がその取引所のセキュリティのブランドとなるのです。

もちろん短期間で広まるとは思っていません。

ですがいずれは必ずぶつかる問題ですから、いずれにせよBeicoinという独自トークンがブランド化することは間違いないでしょう。

取引所独自トークンなので価格が安定する

仮想通貨投資家が不安視する問題として

『価格の乱高下』

が挙げられます。

ICOに参加し、実際にその通貨が上場したとしても、最初の段階で売り抜けられなければICO割れで塩漬け通貨になる問題が多発しています。

多くのICOは必然的な用途が明確ではないため、上場した後に流通することがなく、結局価値のないゴミ通貨に変わってしまうのです。

最近ではICOの価格割れが多発していることで、ICO割れした後に通貨を購入する流れが主流となっています。

しかし今回お伝えしているBeicoinというのは、取引所の独自トークンです。過去のデータで残っているのですが、今まで海外の取引所で使われる独自トークンというのは、ICO後の上場で大半が価格高騰をしているというデータがあります。

→データが載った参考サイトはこちら!

その時のデータというのは、ビットコインの価格が暴落して半分以下の値をつけた際に取ったものなので、かなり信ぴょう性があります。

他の通貨が暴落している中、取引所で使われる独自トークンに関しては安定した価格を付けているため、最近投資家の中でも注目されているトークンとなっているのです。

もちろんこれだけでも価格高騰が期待できるのですが、今回はセキュリティ面を一新させる技術が使われているため、一つの取引所での流通ではなく、世界の取引所で使われる可能性が高いのです。

そうなると、今までのICO通貨とは違い相当数の流通が見込めるのです。

投資初心者
手堅く投資ができ、なおかつ将来的な流通量の多さで大きな高騰が期待できるという感じですか?
管理人
技術が浸透するまでは時間がかかるのは当然なので、長期的な視点でそのように考えていただければ問題ありません。今までにはない感じの期待できるトークンであることは間違いないでしょう。

Beicoinについての総括!

基本的に新しい通貨に食いつかない私ですが、今回のBeicoinに関しては積極的に情報を取り入れていただきたい注目の仮想通貨だと確信しています。Beicoinの情報をまとめると

  1. DRAGON GATE WAYという取引所で使われる
  2. Dragon Walletという世界最高のセキュリティを持ったウォレットが開発済み
  3. Beicoin自体がセキュリティ対策のシンボルになる可能性がある
  4. 今のセキュリティ技術を大きく変える

これらの期待できる要素があります。

これからの時代は、本当に価値のある通貨しか生き残ることができません。現在の相場状況を見て、それを感じている方も数多くいるはずです。

数年前のように、どんな通貨でも価格が高騰するような時代は終わりました。

本物の通貨だけが生き残るということは、同時に一部の主要通貨に多額の資金が流れ込む可能性がありますので、今の段階で本物を見極めることができれば大きなリターンを得ることもできるでしょう。

数少ない価値ある通貨の一つとして、今後Beicoinが注目される日もそう遠くはないと私は考えています。

まだ仮想通貨について深く理解できていない方のために、このサイトでは仮想通貨について基礎から解説しています。  
 
まずは仮想通貨を理解する上で重要な『ビットコイン』や、仮想通貨の仕組みや投資のリスクを知ることが大切です。  
 
今後期待できる仮想通貨ランキングもまとめていますので、そちらもチェックしておきましょう!  
 
→初心者でもわかるビットコイン基礎知識!  
 
→今後仮想通貨が理論上100%ハッキングされなくなる理由!

当サイト限定無料メルマガ配信!

そして段階的に仮想通貨を学びたいという方は、私のサイトの読者限定でメルマガを配信しています。  
 
こちらでは、仮想通貨を基礎から解説しており、ネット上には出回らない仮想通貨の最新情報も定期的に配信しています。  
 
無料で参加することができますので、新しい時代の流れに取り残されないためにも、仮想通貨初心者の方はぜひメルマガ登録をしてみてください。  
 
→仮想通貨投資無料メルマガはこちら!  
 
今回の記事が少しでもお役に立ちましたら、こちらをポチッと押していただけると今後の記事更新のモチベーションに繋がります。

将来的に価値の上がる可能性の高い通貨情報をプレゼント!

仮想通貨最新メルマガ

当サイト読者限定で、初心者でもわかりやすく理解できる仮想通貨の基礎知識や最新情報を無料メルマガで解説しています。 これから仮想通貨投資を始める方は、無料メルマガに登録して投資方法や今後価値の上がる仮想通貨の情報を取り入れてみてください♪ 今だけ長期的に爆上げする可能性の高い仮想通貨の情報を特別のプレゼントしております。(すでに管理人が投資済みの期待できる通貨に絞っています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *