仮想通貨の管理方法はこれから大きく変わる!なぜそれを断言できるのか?

いくら価格が高騰する可能性を秘めていると言っても、結局安全に管理ができなければ、毎日

『自分の資産は無事かな‥』

と心の片隅に置いておかなければなりません。

人によっては、毎日自分の資産を確認しなければ落ち着かない人もいるようで、取引する予定もないのに毎日取引所にログインしたり、ハードウェアウォレットを差し込んで資産の確認をしている方も多いようです。

ちなみに私の知り合いもその一人です笑。

その人は他の人よりも心配性が強く、とにかく自分の目で数字を確認しなければ落ち着かないらしいです。気持ちは分からなくもないですが、ここまでくると、毎日やることが増えてしまうため、色々と大変だと思うんですけどね‥。

このように、自分の資産を確認したがる人たちには共通した不安があります。

それは

『仮想通貨を保管するのに絶対安全な場所はないことを理解している』

ことです。

ここでは現在の仮想通貨の管理方法、そして今後広まるであろう新たな管理方法についてお伝えしていきたいと思います。

投資初心者
仮想通貨に変えてから、パソコンで資産をチェックするのは習慣化しましたね〜笑。
管理人
実際にそういう人は多いですよね。気持ちはとても分かります。
投資初心者
100%安全だと分かっていればわざわざ見ないんですけどね。銀行にお金を預ける感覚とは少し違う感じがして不安です。
管理人
デジタル通貨の怖いところはそこですよね。今回の記事では管理方法について色々と掘り下げていきますよ。

仮想通貨業界の過去の流出事件について

最初にはっきりとお伝えしておきますが、仮想通貨業界というのは、ビットコインが登場してから今までの間、管理体制というのはほとんど変わっていません。

後付けのセキュリティに関しては色々と出てきましたが、セキュリティ自体がガラッと変わったという話は一度もないのです。

最初にこの業界が話題になったのが、多額のビットコインが消えた

『マウントゴックス事件』

です。

この時は取引所内部の問題もあったため、ハッキング事件とは少し話が異なりますが、それでも被害総額は470億円にもなります。

その後仮想通貨の価格が高騰するにつれてハッカーからの攻撃が強まり、2016年・2017年と度々仮想通貨取引所のハッキング事件が起こりました。一部の事例をご紹介すると

ハッキングが起こった取引所 被害総額
コインチェック 540億円
マウントゴックス 470億円
ザ・ダオ 65億円
ナイスハッシュ 70億円
ビットスタンプ 5億円
ビットフィネックス 65億円

数年間でこれだけの被害が出ています。

管理人
ちなみにこれ以外にもたくさんのハッキング事件が起こっています。今回のグラフは代表的なものをピックアップしているだけです。

世界で仮想通貨が盗まれた総額

ビットコインがこの世界に出てきたのは2011年。その頃のビットコインは1BTC=1円以下の価値しかありませんでした。

今の価格を見るとビックリするかもしれませんが、当時はビットコインでピザが買えた!というのが話題になる程価値のない通貨だったのです。

そこから月日が流れ、2018年の現在ではビットコイン以外のアルトコインの価格も大幅に高騰し、一時期は

『億り人』

という言葉もトレンドとなっていきました。

仮想通貨業界に夢を持っていた人たちが増えた裏で、実は多額のハッキング・詐欺被害が出ていたことをあなたはご存知でしょうか?

2011年~2018年までの間で、総額約1800億円もの仮想通貨がハッキングや詐欺で失われているのです。この数字は当時の時価総額での計算になるため、今の仮想通貨の価格で考えると、何倍もの被害総額になります。

ちなみに2018年に入ると、仮想通貨自体の価格が大きく高騰したため、被害総額が途端に大きくなっています。

コインチェック事件やその他取引所のハッキングにより、2ヶ月間で700億円以上が盗まれているという話です。

管理人
通貨の価値が上がると同時に、ハッカーの動きも活発になることをデータが証明しています。

この事件が起こった時、コインチェックに資産を保管していた人は肝を冷やしたことでしょう(私もそうですが笑)。

どんなにセキュリティ対策をしても、結局はハッキング被害が頻発していることから、すでに投資をしている人たちも

『自分の資産を安全に保管する方法』

を模索しているのが今の現実なのです。

現在推奨されている仮想通貨の保管方法

問題山積みの中で、現在仮想通貨業界で推奨されている保管方法はある程度絞られています。まず仮想通貨の保管方法は大きく分けて2つあります。

オンライン上に保管する方法

オンラインというのは、インターネットに繋がっていることを意味します。そのため、オンライン上で保管するということは

『インターネット上で自分の通貨を管理する』

ことになるのです。

まずメリットとしては

『すぐに仮想通貨のやり取りができる』

ことが挙げられます。

例えば仮想通貨を取引したい場合、オフライン上に保管していると、まずオンライン上に移動してから取引する必要がありますが、オンライン上に保管をしておけば瞬時に送金することが可能です。

逆にデメリットとしては

『ハッカーが盗みやすい環境である』

ことが挙げられます。

ネットに繋がっているということは、いくつかの障害を突破すればハッカーは通貨を盗むことができるということです。

手軽に通過のやり取りができる反面、管理を怠るとハッカーの餌食になってしまうリスクがあるのがオンラインに保管する特徴になります。

オフライン上に保管する方法

逆にオフラインでの保管は、今考えられる保管方法の中でも最も安全だと言われています。

仮想通貨取引所も、オンラインで取引するための通貨以外は、全てオフラインで管理することを徹底しています。コインチェック事件の時は

『オフラインで管理すべき通貨をオンラインで管理していた』

ことが原因で、多額の通貨をハッキングされてしまいました。

ずさんな管理が浮き彫りになったことが原因により、金融庁も仮想通貨取引所に対する規則を厳しくしたのです。

オフラインに管理するメリットとしては

『オンラインよりも安全に管理ができる』

ことです。

逆にデメリットとしては、取引する場合に一度オンライン上に通貨を移動しなければならないため、オンライン上での管理よりも少し手間がかかることです。

個人が意識すべき仮想通貨の管理方法

結局のところ、ハッキング事件が多発したところで、現在も多くの人たちが取引所に通貨を入れっぱなしにしています。

私からすると

『なんでそんな危ない管理方法ができるのか?』

が疑問で仕方がありませんが、取引所に対する基準が厳しくなったことで今までよりも安全に管理してくれるだろうという考えの人が増えている感じがします。

結局のところ、基準が厳しくなったところで、セキュリティが大幅に改善されたわけではありませんから、また同じようなハッキング事件が起こることは容易に想像ができます。

現にコインチェック事件以降も世界の取引所でハッキング事件が多発しています。これは実際に調べてみるとすぐに分かることです。

この先仮想通貨業界に足を踏み込むのであれば

『個人で資産を守る』

ことを徹底する必要があります。

自分の持っている通貨の価値が上がっても、それがハッカーに盗まれては何の意味もありませんからね。

では今私たちができる対策は一体何なのでしょうか?基本的なことではありますが、以下の対策は最低限取り入れておいてくださいね。

取引所で気をつけること

  • 一つの取引所を利用するリスクを理解する
  • 取引所に資産を預けないことを心がける
  • もし預けるのであれば、2段階認証などの設定を徹底する

資産を複数の保管場所に分散する

今のセキュリティをある程度理解している人は、間違いなく一つの場所に資産を保管することはしないでしょう。

例えばハードウェアウォレット を複数用意し、そこに分散して資産を保管したり、取引所を利用する場合もあえて複数の取引所に資産を分けて取引をすることもあります。

資産が盗まれないことが一番ですが、私たち個人が考えるべきことは

『万が一のことがあった時に対処できる管理方法』

を徹底することです。

もし今の段階で一つの環境に全ての資産を保管している人がいれば、それは

『万が一のことが起こった際に全てを失う覚悟がある

ことになります。

それくらい腹を括れる人はこの業界でも大成功を収めるかもしれませんが、私のような小心者は、なるべくリスクを分散するための管理方法を徹底していきたいと思います笑。

  • 一つの場所で全ての通貨を管理するリスクを知る
  • 分散して管理することを基本とする
  • ハードウェアウォレットは100%安全でないことを理解する

フィッシング詐欺を理解する

仮想通貨を盗まれている人の多くはフィッシング詐欺を経験しています。これは

『偽サイト・悪質なサイトへのリンクを踏ませ、そこで個人情報を盗む詐欺』

のことを言います。

例えばいつも使っている取引所からのメールを装い、そのメール内に悪質なサイトに飛ぶリンクを貼り付けておきます。そしてメールの内容に

『取引所で顧客情報の管理体制に変更がありました。すぐにこちらからご確認ください』

などと文言を付けてリンクを踏ませます。

そうすると、私たちユーザーはそのリンクを経由するため、相手側は重要な情報を盗むことができるのです。

一時期爆発的にフィッシング詐欺被害が増えましたが、古典的な詐欺と言われている現代でも被害が増え続けています。

対処法としては、取引所にログインする際には、あらかじめブックマークしておいたリンクを踏み、いつもとは違うリンクを使わないようにする。

リンクに

『保護された通信』

という文字を確認してからリンクを踏むというように悪質なリンクを踏まないための対策を打っておきましょう。

  • 見慣れないメールに注意する
  • 毎回踏むリンクは一律管理しておく
  • 緊急のメールはまず公式かどうかをチェックする

パソコン・スマホのウイルス対策を徹底する

これは仮想通貨業界に限らず、私たちがパソコン・スマホを使い続ける限り起こる問題でもあります。

普段入らないような海外のサイトにアクセスして、そこでウイルスが付いたリンクを踏んでしまうと、自分のパソコンやスマホにウイルスが送り込まれてデータを盗まれることがあります。

もしオンライン上に仮想通貨を保管していたら、ここからハッキングされて資産を盗まれる可能性もあるのです。

例えば仮想通貨関連の怪しいアプリをダウンロードすることでウイルスが入ったり、広告からパソコンの警告画面を見せるような表示が出たりと、ウイルスは巧妙にあなたのパソコン・スマホを狙って侵入してきます。

対処法としては、定期的なパソコンのアップデート・ウイルス対策ソフトの導入などを徹底することで防ぐことができます。

普段見慣れない画面が表示された場合には、すでにウイルスが入り込んでいる可能性が考えられますので、早急に対応するように心がけましょう。

  • 定期的にアップデートを心がける
  • ウイルス対策ソフトを導入する
  • ウイルスが侵入した形跡があれば早い段階で調べる

安全な取引所の利用

この安全な取引所の利用という言葉は、今の段階では明確に

『どの取引所を使ったほうが良いですよ~!』

という回答はできません。

たとえ安全だと言われている取引所でも、セキュリティ面に不安が多いため、結局ハッキングされる可能性も高いのです。

よくセキュリティの高さを提示している取引所もありますが、結局のところどの取引所もやっていることはほとんど一緒です。これはセキュリティに関して調べてみるとすぐに分かると思います。

この先セキュリティを根本から覆すような取引所が出てきた場合、私自身も

『ここを使ってください!』

とアナウンスさせて頂きます。

もうそろそろ出てくると思いますので、そちらも期待しておいてください笑。

  • 基本的に取引所に全ての資産は預けない
  • 利用する際には評判の良い取引所を使う
  • 海外の取引所の利用は注意する

今までの仮想通貨の管理方法がガラッと変わる理由

ここまで仮想通貨の管理方法について色々とお話ししてきましたが、結局は明確な回答ができていないのも事実です。

今の仮想通貨業界の現状を理解し、どのような管理方法をすれば良いかを理解しておくと、ハッキングのリスクを軽減できます。

もちろん今の段階では今回お伝えした管理方法を実践するしかないのですが、今後この管理方法がガラッと変わる可能性が出てきています。

一言で言ってしまえば

『何十年も同じだったセキュリティ対策を、1から全て変えた全く新しい技術』

が出てくるということです。

全く新しいセキュリティの登場!

おそらくセキュリティに関する話をツラツラとお話ししても伝わりづらいと思います。なので簡単にご紹介させていただくと

『一番安全と言われていたハードウェアウォレットを超えるセキュリティが使われる』

ようになるという話です。

これを聞くと少し興味を持っていただけるのではないでしょうか?

私たちが生きる世の中は、常に個人情報の流出・仮想通貨のハッキングに怯えなければなりません。何度もお伝えしている通り、どのセキュリティ対策も何十年同じものを使っているため、根本から変えるような技術が出てこなければ、この先も同じような事件が多発することは間違いありません。

その問題に終止符を打つことができる全く新しいセキュリティが開発され、一部で大きな話題となっています。

そのセキュリティが使われた一つの商品として

『ドラゴンウォレット 』

というものが登場しました。

もしこちらのウォレットに興味のある方は、別記事で詳しく解説していますので、ぜひ一度読んでみてください。

→ドラゴンウォレットの詳細はこちら!

まとめ

どれだけ優れた技術であっても、人は安心安全に使えることが確認できなければ手に取りません。

携帯電話やインターネットが出たときも同じでした。誰も知らない新しい技術が一般に浸透する前には、数々の問題点を解決する必要があります。

しかしそれらの問題が解決されると、爆発的に認知度が高まり、むしろ使っていない方がおかしいという世の中に変わっていきます。

仮想通貨でも同じことが言えるはずです。今はまだ怪しいと言われている業界ですが、ちょっとしたきっかけで、気づけば使っていない人がおかしいと言われる技術になると思います。

そうなれば、時価総額も飛躍的に高くなり、投資している側は通貨の価格高騰にニンマリできるときもやってくるはずですからね。

その日が来る前に、安心安全に管理できる方法を取り入れて、事故で資産を失わないように注意しておきましょう。

まだ仮想通貨について深く理解できていない方のために、このサイトでは仮想通貨について基礎から解説しています。  
 
まずは仮想通貨を理解する上で重要な『ビットコイン』や、仮想通貨の仕組みや投資のリスクを知ることが大切です。  
 
今後期待できる仮想通貨ランキングもまとめていますので、そちらもチェックしておきましょう!  
 
→初心者でもわかるビットコイン基礎知識!  
 
→今後仮想通貨が理論上100%ハッキングされなくなる理由!

当サイト限定無料メルマガ配信!

そして段階的に仮想通貨を学びたいという方は、私のサイトの読者限定でメルマガを配信しています。  
 
こちらでは、仮想通貨を基礎から解説しており、ネット上には出回らない仮想通貨の最新情報も定期的に配信しています。  
 
無料で参加することができますので、新しい時代の流れに取り残されないためにも、仮想通貨初心者の方はぜひメルマガ登録をしてみてください。  
 
→仮想通貨投資無料メルマガはこちら!  
 
今回の記事が少しでもお役に立ちましたら、こちらをポチッと押していただけると今後の記事更新のモチベーションに繋がります。

将来的に価値の上がる可能性の高い通貨情報をプレゼント!

仮想通貨最新メルマガ

当サイト読者限定で、初心者でもわかりやすく理解できる仮想通貨の基礎知識や最新情報を無料メルマガで解説しています。 これから仮想通貨投資を始める方は、無料メルマガに登録して投資方法や今後価値の上がる仮想通貨の情報を取り入れてみてください♪ 今だけ長期的に爆上げする可能性の高い仮想通貨の情報を特別のプレゼントしております。(すでに管理人が投資済みの期待できる通貨に絞っています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *