仮想通貨が盗まれる・無くなるリスクは現状どれくらい高いのか?

将来的に価格の高騰が期待できると言われている仮想通貨ですが、大きな問題となるのが

『価格が高騰する前に自分の通貨を失う危険性がある』

ということです。

数年後に価値が上がると分かっていても、管理方法を間違えてしまうと一生資産を引き出せなくなったり、ハッカーに盗まれる危険性も考えられます。

仮想通貨業界に足を踏み入れるのを躊躇っている人たちの多くは、結局セキュリティや管理体制が万全ではないことが大きな障壁となっているのです。

では実際のことろ、仮想通貨が盗まれる、もしくは失うリスクは現状どれくらい高いのか?その点について今分かっている情報から紐解いていきたいと思います。

仮想通貨がこの世から消えることはない

よく仮想通貨業界では

『自分の通貨が消えた』

という表現をしている人たちがいますが、あれは正確に言えば間違いです。

取引所に通貨を預けていて、ある日突然その通貨が無くなっていれば、それはハッカーに盗まれた可能性が高いでしょう。

そして取引所ではなく自分専用のウォレットを作り、そこに仮想通貨を保管し、秘密鍵の紛失などで資産が引き出せなくなった場合は仮想通貨が消えたのではなく

『ネット上には存在するが、自分で引き出すことができなくなった』

だけなのです。

実際に仮想通貨に使われているブロックチェーン技術というのは、今までハッキングの被害を受けたことがありません。

ユーザー同士で情報を共有して管理するシステムであるため、この仕組み自体を改ざんすることはほぼ不可能なのです。現に今有名になっている仮想通貨の取引記録が改ざんされたという事件は一度も起こっていませんからね。

なぜ仮想通貨を失う人が続出しているのか?

ブロックチェーン技術を調べれば調べるほど、すごい技術であることは理解できると思います。

しかしなぜこんなにも高度な技術が使われているのにも関わらず、定期的にハッキング事件や仮想通貨の紛失事件が起こっているのでしょうか?

怪しいウォレットを購入してしまった

最近よく聞く話としては、現状仮想通貨を一番安全に保管できると言われている

『ハードウェアウォレット』

を怪しいところから購入してしまい、それを使うと悪意あるソフトウェアやフィッシングが仕込まれていることがあるため、預けた瞬間に悪い人の手に資産が渡る事もあるのです。

一例を挙げると、以前仮想通貨を勉強するためのセミナーが開かれていたそうです。そこでは最新の仮想通貨情報や今後価格高騰が期待できるような通貨の話が聞けるものであったため、多くの方が興味を持ち、当日セミナーに足を運びました。

実際に会場に到着すると、参加者特点として

『ハードウェアウォレット』

が無料でもらえるイベントがやっていたため、ほとんどの参加者がそのハードウェアウォレットを持ち帰ったそうです。

タダで安全に保管できるのであればこれ以上嬉しいことはないですが、来場者が家に帰って実際にウォレットに資産を預けてみると、悪質な細工がされており、送金した通貨全てが悪い人の手に渡ってしまったそうです。

このように、どこから流れてきたか分からないようなウォレットを使ってしまうと、自分の資産が勝手に盗まれるリスクがあるため十分に注意が必要です。

ちなみに今誰もが利用しているサイト『アマゾン』で購入できるハードウェアウォレットも危険度が高いという話です。その点も気をつけてください。

管理の甘さ・難しさが原因

これは私自身も人のことを言えないのですが、やはり取引所に通貨を預けっぱなし・ウォレットの復元キーワードの杜撰な管理方法など、仮想通貨を管理する中でNGとされていることがいくつかあります。

日本円を管理するだけであれば、銀行口座を開設してそこにお金を預ける、ただこれだけの作業で完結しますが、仮想通貨に関しては、取引所に登録する→日本円を入金する→日本円を仮想通貨に変える→仮想通貨をウォレットに入れて管理するという面倒なことをする必要があります。

それに加えてウォレットの設定やアップデートという素人では到底扱うことができない操作も出てくるため、結局面倒になり

『取引所にそのまま通貨を預け続ける』

人が続出しているのです。

仮想通貨取引所が100%安全であれば問題はないのですが、実際にハッキング事件をみれば分かる通り、取引所ほど不安定な管理場所はありません。

今後、簡単で安全に管理できる環境が出てくるまでは面倒な作業をこなし、自分の資産を守る必要がありそうです。

送金・受け取りで間違った操作をした

実際に仮想通貨を購入できたとしても、そこから取引所間の送金やウォレットへの送金をする必要があります。これは慣れると誰でもできるような作業ではありますが、最初は誰しもが間違えてしまうところでもあります。

仮想通貨はアドレスをコピペして貼り付ければ送金ができるとても簡単な仕組みです。

しかし送金アドレスと受け取りアドレスを逆にしてしまったり、コピペではなく手打ちで操作をしてしまい、自分が送金したい場所に送ることができないトラブルも起こっています。

間違った操作をすると、最悪の場合自分の通貨が手元に戻ってこない事もありますので、ここも通貨を失う一つの原因となるのです。

誰でも使える環境が整っていない

この仮想通貨業界で一番問題なのは

『誰もが使いやすい環境が整っていないこと』

です。正直この一言に尽きます。

実際仮想通貨を一度も触ったことがない人に

『どのようなことで悩んでいますか?』

と聞くと

『そもそも通貨の買い方が分からない』

『送金方法が難しい』

などといった疑問がたくさん出てきます。

私のように仮想通貨に慣れている人からすると簡単な作業なのですが、一度も触ったことがない方からすると、仮想通貨を扱おうとすると疑問がたくさん出てきます。

この話を聞いた時

『今の環境では一般層にまで浸透するのは難しいだろうな』

と思ってしまいました。

やはり誰もが簡単に利用できる環境の構築、そして安全に利用できるセキュリティ対策。これらの問題を解決できなければ、一般の決済手段として浸透することはないでしょう。

仮想の通貨が盗まれる理由について

全く新しい技術であるブロックチェーンが使われ、今までの常識を覆す送金手段となっている仮想通貨。需要が高まればそれだけ通貨自体の価格も高騰するため、価値ある通貨を狙って多くの悪い人たちが寄ってくるようになります。

ではそもそもなぜ高い技術を持った仮想通貨が簡単にハッカーの手で盗まれてしまうのか?

これに関しては、仮想通貨の技術は全く関係がなく、現状使われている仮想通貨の管理体制に原因があるのです。

まず現状の一番の問題点は

『100%安全に管理する方法がない』

ということです。

ハードウェアウォレット・コールドウォレットと呼ばれる安全性の高いものであっても、結局ハッカーに盗まれているのが現状です。

ハッカーは

『インターネットに繋がっていれば通貨を盗むことが可能』

であるため、秘密鍵の保管に問題を抱えるコールドウォレットであっても盗むことができてしまうのです。

最近では取引所が

『新規登録者の制限』

をすることが増えてきましたが、あれはセキュリティ面の問題が解決できないため、口座の数を増やしてしまうと今までよりも多くのお金が取引所に流れてくるため

『取引所自体がハッカーに狙われる』

可能性が高まることを防ぐからです。

いくらセキュリティを強化したところで、結局根本的な原因を改善しなければ、今後も仮想通貨のハッキング事件がなくなることはないということです。

動かすことができないビットコインが山ほどある!?

ハッキングの問題に加えて、管理体制の甘さが原因で

『動かすことができないビットコイン』

が増えてきています。

現在のデータでは、今送金・受取りができない消失したビットコインが400万BTC(1BTC=100万円であれば4兆円)あると言われています。

ビットコインの総発行枚数が2100万枚ですから、おおよそ20%が消失している計算になります。

過去にビットコインを所持していて数年間放置し、価値が上がっていることに気づいて引き出そうとしても、秘密鍵やパスワードを忘れてしまった‥なんてことが増えているようです。

他にもトランザクションによる消失・短期投資による消失などの原因によってビットコインが使えなくなっているのです。現在ビットコインの価格が暴落しても、一定の水準で必ず止まりますよね?

これは誰も動かすことができないビットコインの存在があるため、それ以上価格を下げることができないのです。

これを考えると、底値を見極めればビットコインで利益を出すことは難しくないとも言えます。ただ、自分がビットコインを消失する側に回らないように注意しておきましょう。

仮想通貨が広まるためには使い易さ・セキュリティの改善が必要

ICOなどで新しく出てくる通貨が取引所に上場しても、結局価値はそこまで上がっていません。いくら取引所に上場して需要があったとしても、自分自身が安全・簡単に使える環境がなければその通貨が普及することはありません。

どんな魅力的な宣伝をしても、一次的に資金を集めて終わる通貨が多いのも、結局はこの業界の根本が改善されていないからです。

もし、この先安全性・利便性が改善されれば、どこかのポイントで飛躍的に仮想通貨が認知されることになります。

それがどこかはわかりませんが、一つのきっかけとして

『全く新しいセキュリティ対策』

を施したウォレットがこの市場に良い流れをもたらすかもしれません。

もしそのセキュリティ対策に興味のある方は、ぜひこちらの記事も読んでみてください。

→全く新しい仮想通貨のセキュリティ対策の記事はこちら!

まとめ

どんなに綺麗事を並べても、人はバカではありませんので必ず仮想通貨のセキュリティの問題にぶち当たることになります。

最近セミナーなどで

『この通貨は将来的に高騰します!』

という話もあるようですが、それらの通貨に関しても、安全に使えるようになることが前提の話となります。

シンプルに言ってしまえば

『安全に使える環境が整えば、価値ある通貨は自然と高騰する』

はずなので、まずはこの点について理解しておきましょう。仮想通貨を扱うリスクを頭に入れておけば、表面的な話に騙されることなく市場を見守ることができるでしょう。

まだ仮想通貨について深く理解できていない方のために、このサイトでは仮想通貨について基礎から解説しています。  
 
まずは仮想通貨を理解する上で重要な『ビットコイン』や、仮想通貨の仕組みや投資のリスクを知ることが大切です。  
 
今後期待できる仮想通貨ランキングもまとめていますので、そちらもチェックしておきましょう!  
 
→初心者でもわかるビットコイン基礎知識!  
 
→今後仮想通貨が理論上100%ハッキングされなくなる理由!

当サイト限定無料メルマガ配信!

そして段階的に仮想通貨を学びたいという方は、私のサイトの読者限定でメルマガを配信しています。  
 
こちらでは、仮想通貨を基礎から解説しており、ネット上には出回らない仮想通貨の最新情報も定期的に配信しています。  
 
無料で参加することができますので、新しい時代の流れに取り残されないためにも、仮想通貨初心者の方はぜひメルマガ登録をしてみてください。  
 
→仮想通貨投資無料メルマガはこちら!  
 
今回の記事が少しでもお役に立ちましたら、こちらをポチッと押していただけると今後の記事更新のモチベーションに繋がります。

将来的に価値の上がる可能性の高い通貨情報をプレゼント!

仮想通貨最新メルマガ

当サイト読者限定で、初心者でもわかりやすく理解できる仮想通貨の基礎知識や最新情報を無料メルマガで解説しています。 これから仮想通貨投資を始める方は、無料メルマガに登録して投資方法や今後価値の上がる仮想通貨の情報を取り入れてみてください♪ 今だけ長期的に爆上げする可能性の高い仮想通貨の情報を特別のプレゼントしております。(すでに管理人が投資済みの期待できる通貨に絞っています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *