韓国ドラマ『キミはロボット』のあらすじやキャスト情報を分かりやすく紹介!

日本でも最近人気急上昇している韓国俳優といえば、ソ・ガンジュン。

そのソ・ガンジュンが主演を務める作品『キミはロボット』では、ガンジュンは2018年KBS演技大賞で優秀賞を受賞しています。

AIロボットとわがままな財閥御曹司をガンジュンは見事に演じ分けており、ドラマを視聴した女性ファンは

『こんな優しいイケメンのAI欲しい〜!』

なんて声も飛んでくるように笑。

タイトルの通り、このドラマは『ロボット(AI)』が主人公になります。

どんなドラマなのか?

ここではキミはロボットのあらすじやキャスト情報、ドラマの見どころについて詳しくお伝えしていきたいと思います。

もし韓国ドラマの中で『ラブロマンス作品』を探している場合には、今回の作品は視聴する一つの候補に入るかもしれません。

韓国ドラマ『キミはロボット』はどんなドラマ?あらすじを解説!

あらすじ

天才ロボット工学博士だったオ・ローラは、チェコから帰国するときにPK財閥の後継者として名前が挙がっていた夫が突然死亡したことを知らされる。

そして結婚を大反対されていた義父のナム・ゴンホに後継を考えていた息子ナム・シンを奪われてしまい、家族を失った悲しみから失意に沈むことになる。

そんな気持ちに耐えられず、自らの手で人工知能ロボット『ナム・シン』を作り上げ、そのロボットと一緒に暮らすことに。

そこから1年後・2年後に『ナム・シン2』『ナム・シン3』を作り上げることに成功する。

一方本物の息子ナム・シンは、会社を継ぐ意思がなく、義父の元で問題児となっていたが、母親を探しにチェコに向かうことに。

その途中、PK財閥の専務の陰謀により事故に巻き込まれ、その現場を目撃してしまったローラとナム・シン3は、彼が本物のナム・シンであることを知ることに。

そこから物語は大きく動き始めることになる。

このドラマの注目ポイントとしては、最初にもお伝えした通り『AIロボット』『人間』の2役を演じることになるソ・ガンジュンの存在。

AIロボットの『ナム・シン』は心優しい存在ですが、一方の本物の息子であるナム・シンは性格最悪の財閥の息子。

人間よりも人間らしいロボットを演じるのはかなりの演技力が求められますが、ドラマ視聴をしていると、その役柄が難役であることを忘れるくらい自然な演技をしています。

そしてドラマの内容も、AIロボットの優しさに『人としての生き方』を改めて考えさせられる場面がたくさん出てくるため、最終話とその前の回あたりからはハンカチ必須の展開になります。

イケメンの演技の上手さに惚れ惚れし、さらにイケメンのロボットに泣かされる。

このドラマを見れば、ソ・ガンジュンに対しての好感度が爆上がりしてしまうので、熱狂的なファンにならないようブレーキをかける必要がありそうです。

キミはロボットに出演しているキャスト情報

ソ・ガンジュン(ナム・シン3+ナム・シン役)

役柄

ナム・シン3:人工知能分野の世界権威であるローラが作ったロボット

ナム・シン:PKグループのナム会長を祖父にもつ財閥3世

コン・スンヨン(カン・ソボン)

役柄

元格闘技選手で、PKグループの警備員だったが、シンの恋人を盗み撮りし解雇

その後シンのSPになる

イ・ジュニョク(チ・ヨンフン役)

役柄

シンの秘書で唯一の友人

児童養護施設で育ち、シンの愛情が誰よりも強い

パク・ファニ(ソ・イェナ役)

役柄

PKグループ会長の広報チーム長で、専務の娘

シンと結婚したいと願っている一人

キミはロボットを視聴したユーザーのリアルな感想

キミはロボットの見どころはここでした!

人間として最悪な相手なら嫌いになりますが、逆に人として優しすぎる相手には少し物足りなさを感じる。

私たち人間は、異性に対して様々な感情を持ちますが、このドラマでは最悪な人間のナム・シンと誰よりも優しいAIロボット『ナム・シン』が出てくるため、普通に視聴しているだけでも勝手にギャップを感じる瞬間が多々あります。

いつも性格最悪の人間ナム・シンを警護していたソボンは、とある日にAIロボットであるナム・シンに入れ替わっていることに気づかず、別人のように優しいナム・シンに対してドギマギしてしまいます。

人は誰しもギャップに弱いですが、全く同じ外見の別人が入れ替わっているなど想像するはずもないため、別人のように優しくなるナム・シンに対して癒される瞬間がドラマ中何度も出てきます。

たとえロボットだと知った後でも、このAIロボット『ナム・シン』に惹かれていく女性は多いはずです。

『ロボットのくせに‥』

そう心の中で思っても好きになってしまうのが、また切ないドラマを生み出しますよ。

キミはロボットを自宅で無料視聴する方法!

この作品は2018年の6月に韓国で放送されているため、すでに日本でもDVDやブルーレイで視聴可能です。

しかし、DVD・ブルーレイのレンタルや購入をすると有料で見ることになりますが、実は動画配信サービス『U-NEXT』であればキミはロボットを自宅で無料視聴することが可能です。

U-NEXTは現在31日間無料トライアルキャンペーンを行なっており、この期間であれば誰でもドラマ見放題となります。

もちろんこの間に解約すれば一切料金が発生することはありません。

U-NEXTは、キミはロボット以外にもたくさんの韓国ドラマを取り扱っているため、自分が視聴したい作品が他にもあればそちらも無料で見ることができます。

ただしこのキャンペーンは期間限定となりますので、なるべく早めに利用するようにしましょう。

▼U-NEXTのキャンペーンの詳細

  • 31日のお試し期間は無料で動画が見れる
  • 80,000本の映画が全て見放題
  • 初回登録時600円のポイントプレゼント

→U-NEXT無料お試しはこちら!

無料体験はいつ終了するのか分からないため、お早めに登録しておいてください。
※31日間のトライアル中であれば、その月に解約すれば料金は一切かかりません。

\ 今すぐ無料で見たい方はこちらをクリック /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *