イーサリアムの今後の値動き予想してみた!

ビットコインとイーサリアムは仮想通貨市場では1位と2位を独占しているものになります。今回はビットコインではなくイーサリアムが今後どれだけ伸びることが予想されるのか?そして値動きはどうなるのか?などを私なりに解説していきたいと思います。

数千種類もある仮想通貨の中でも、このイーサリアムは2位という位置にいます。

今後さらに値上がりが注目されている数少ない仮想通貨なので、今回の記事を参考にイーサリアムへの投資を考えてみてください。

イーサリアムとは?

このイーサリアムというのは、実は仮想通貨自体の名前ではありません。イーサリアムプロジェクトという組織が運営しているプラットフォームの総称のことで、一般的にはイーサー(ETH)と表記されています。

仮想通貨のランキングなどを見ると、このETHと表記されていますので間違えないようにしておきましょう。

ビットコインの後に生まれたこのイーサリアムは、次世代の仮想通貨とも言われており、ビットコインの短所を補い、通貨の取引だけではなく、それ以外の機能を充実させて、今後私たちの仕事や生活に大きな影響を与えるために作られたものです。

イーサリアムの詳細について

ビットコインの弱点を補った仮想通貨といっても、一体どこが違うのかわからない方もいると思います。

このイーサリアムだからこそできるサービスの詳細を一つずつご紹介していきます。

仮想通貨2.0(次世代仮想通貨)

仮想通貨には1.0世代と、2.0世代に分かれます。最初に登場したビットコインは仮想通貨1.0世代となり、2013年に登場したイーサリアムに関しては、仮想通貨2.0世代となります。

大きな違いとしては、1.0の仮想通貨ができなかったことを付加価値として取り付けて世の中に出てきたのが仮想通貨2.0になります。ビットコインでは単純なコインの取引がメインですが、イーサリアムでは取引プラスアルファのサービスが充実しているというわけです。

1.0の仮想通貨のブロックチェーン技術をお金以外のものに応用したものが仮想通貨2.0と呼ばれているわけです。

イーサリアムの代表的なスマートコントラクトとは?

イーサリアムと調べると、必ずこの『スマートコントラクト』という言葉が出てきます。2013年から現在まで急激にイーサリアムの価値を上げた一つの要因がこのスマートコントラクトでもあります。

コントラクトを日本語訳にすると『契約』という意味になります。スマートコントラクト、つまり決済と契約の2つの機能を持ったサービスということです。

スマートコントラクトの詳細について

ビットコインで決済をする場合、基本的にはビットコインを送った情報しかブロックチェーンには記録されません。P2Pという分散管理システムと、ブロックチェーンがあることで、ビットコインは取引の不正を防止することができます。

しかしスマートコントラクトがあるイーサリアムの場合、このビットコインの性質を持ち、なおかつ『契約』を一緒に記録することができるのです。

イーサリアムのブロックチェーンには、この契約に関する複雑な情報を書き込むことができるため、今後私たちの仕事や生活に応用することができるのです。

スマートコントラクトの一例

例えば私が電化製品を3万円で購入するとします。その時にお店の方から『次ら移転した時には他の商品を3割引で販売しますよ』と言われたとします。お店の方は確かに口で割引をすることを公言しましたが、書類にサインをしたわけでもないため、結局は口約束となってしまいます。

割引を期待して、翌週にそのお店に訪れたところ『割引をするなんて話しましたっけ?』ととぼけられた場合、割引をする証拠が何も残っていないので、結局は原価で購入することになるでしょう。しかし、もしそこでイーサリアムのスマートコントラクトの仕組みがあれば、お店の人が3割引するという契約をその場で一緒に付けることができます。

しかもビットコインと同じようにP2P・ブロックチェーンで不正ができないシステムになっているので、一度約束してしまえば確実に3割引で商品を購入することができるのです。

一度条件をつけてしまえば、あとはその約束が果たされるまでイーサリアムがずっと管理してくれますので、この仕組みを使えば金銭のトラブルが起こることはなくなるでしょう。

契約の面倒な手間が必要なくなる

イーサリアムを使えば、契約に関する情報を記録し、さらにその約束が果たされるまでずっと管理してくれます。重要な契約を自動で更新し続けてくれるため、安全面も高く、今後多くの企業がイーサリアムを導入することになるでしょう。

現に多くの企業がイーサリアムとの契約を考えているようです。高い信頼性のあるデータベースになりますので、お金の取引を頻繁にするような銀行や政府などが確実に採用することでしょう。そして今後は私たちの生活の中にもイーサリアムが使われるようになるはずです。

年金記録・不動産登記・公的書類に関してもこのサービスが使われれば、面倒な手間もなくなるはずです。イーサリアムの用途は無限大なので、今後間違いなく価値は高まっていくはずです。

イーサリアムの今後について

ではイーサリアムの今までの値動きや今後の将来性についても考えてみましょう。イーサリアムのプレセールがスタートしたのが2014年の9月となります。

プレセールというのは通貨を普及させるための事前販売のことです。最初のプレセールの価格は1ETH=0.0005BTCになります。プレセールが終わり、そこから本格的にイーサリアムが公開され、一時はプレセール価格の16倍にまで価値を跳ねあげました。

もしプレセールの時点でイーサリアムを購入している方がいたら、購入したイーサリアム×16倍の価値なので、相当な資産となったでしょう。

一時は価値が激しく低下する

仮想通貨あるあるですが、プレセールが終わり、通貨が一般的に公開されるとプレセール時よりも価値は高まっていますので、一気に売りに走る人が増えます。そうなるとイーサリアムの価値は急激に下がっていくのです。

詐欺通貨の場合はここで売りに出されて一生価値を上げずに消えていくパターンもありますが、イーサリアムに関しては通貨自体の機能が優れているので、一時的に下がったとしても、ある程度の下りで安定します。その後しばらく低迷の時期が続きました。

2016年にイーサリアムの価値が再上昇する

しばらく低迷の時期が続いたイーサリアムですが、2016年に入ると徐々に頭角を表し出します。2016年の3月には1ETH=0.037BTCまで上昇し、公開直後から5倍ほどの上昇となります。

このまま上昇し続けるのか?と思われていたのですが、イーサリアムのシステムにハッカーが侵入し、大量のイーサリアムが奪い取られる事態が発生しました。

ここでイーサリアム側がハードフォークを行いセキュリティ面を改善したのですが、そこからまた徐々にイーサリアムが低迷する時期に突入していくのです。

ようやくイーサリアムが価値を上げていく

機能面に関しては、仮想通貨の中でもトップクラスなので価値が上がるのは必然と言えるでしょう。しかし色々と不運が重なりイーサリアムの低迷の時期は長く続きました。システムを改善し、安全性が確認されると、イーサリアムを使いたい人が増えてきたため徐々に価値を上げていきます。

そして2016年の時点では、プレセールジの販売価格のおよそ85倍の価値まで上がりました。100万円のイーサリアムをプレセール時に購入していれば、今では8500万円の資産になっているということです。

→イーサリアムの買い時について

2017年にはさらに上昇する

2016年の末には価値がかなり上がっていたので一気に売りにはしる人たちが増えました。その影響でイーサリアムの価値は下がってしまいます。しかし2017年に入るとまたさらに上昇をしていきます。年明けには1300円にまで価値を上げていました。

プレセールの時期から85倍まで価値を上げ、今尚イーサリアムは価値を上げ続けています。これはやはり他の仮想通貨にはない魅力があるため、今後イーサリアムの価値がなくなることはあり得ないでしょう。むしろ多くの企業がこのイーサリアムの技術を欲しいと考えるはずなので、現状よりもさらに価値を高めることが容易に想像できます。

ただし、プレセールから比べると価値の上昇は緩やかになると思いますので、やはり最初にイーサリアムに目をつけた人が大きな資産を作ったことは事実です。まだまだイーサリアムを購入する価値はありますので、今後の伸び代に期待していきましょう。

イーサリアムに今後投資すべきなのか?

ではこれから仮想通貨を始める場合、このイーサリアムを投資対象として考えるべきなのでしょうか?

私自身このイーサリアムには特に注目しているため、積極的に投資を行っていくことを考えています。

というのも、イーサリアムはすでに超有名企業である『マイクロソフト』と新しいサービスを提供していますし、今後幅広いサービスに応用されることも決まっています。

そして銀行も、イーサリアムの『スマートコントラクト技術』には特に注目しています。

このイーサリアムのスマートコントラクト技術を使えば、今までの銀行の常識を覆すような仕組みを作ることも可能になりますので、大手銀行が動いたことでイーサリアムに良い影響が出ることは間違いないでしょう。

長期的な投資としては、このイーサリアムには特に注目しておきましょう。

→イーサリアムに投資することで億が見えてくる!?

まとめ

利便性という点では、ビットコインよりもイーサリアムの方が価値が高いでしょう。しかしイーサリアムは一般人よりも企業や銀行などが欲しいと感じる仮想通貨なので、一般人が普通の生活で使う場面は限られています。

その点ビットコインは一般人でも決済できる場所が増えているため、今後さらに伸びるはずです。ビットコインをイーサリアムが抜くことは考えづらいですが、両者が今後も価値を上げることは必然です。世界中の人が仮想通貨を使い始めれば、もしかしたら今の何倍にも価値を上げるかもしれません。

日本も東京オリンピックまでにビットコインの普及を考えているようなので、今後の動向に注目しつつ、仮想通貨で資産を作っていきましょう。

まだ仮想通貨について深く理解できていない方のために、このサイトでは仮想通貨について基礎から解説しています。  
 
まずは仮想通貨を理解する上で重要な『ビットコイン』や、仮想通貨の仕組みや投資のリスクを知ることが大切です。  
 
今後期待できる仮想通貨ランキングもまとめていますので、そちらもチェックしておきましょう!  
 
→初心者でもわかるビットコイン基礎知識!  
 
→今後仮想通貨が理論上100%ハッキングされなくなる理由!

当サイト限定無料メルマガ配信!

そして段階的に仮想通貨を学びたいという方は、私のサイトの読者限定でメルマガを配信しています。  
 
こちらでは、仮想通貨を基礎から解説しており、ネット上には出回らない仮想通貨の最新情報も定期的に配信しています。  
 
無料で参加することができますので、新しい時代の流れに取り残されないためにも、仮想通貨初心者の方はぜひメルマガ登録をしてみてください。  
 
→仮想通貨投資無料メルマガはこちら!  
 
今回の記事が少しでもお役に立ちましたら、こちらをポチッと押していただけると今後の記事更新のモチベーションに繋がります。

将来的に価値の上がる可能性の高い通貨情報をプレゼント!

仮想通貨最新メルマガ

当サイト読者限定で、初心者でもわかりやすく理解できる仮想通貨の基礎知識や最新情報を無料メルマガで解説しています。 これから仮想通貨投資を始める方は、無料メルマガに登録して投資方法や今後価値の上がる仮想通貨の情報を取り入れてみてください♪ 今だけ長期的に爆上げする可能性の高い仮想通貨の情報を特別のプレゼントしております。(すでに管理人が投資済みの期待できる通貨に絞っています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *