2017年イーサリアムのチャートは長期的にどうなる?

今回はイーサリアムが今後長期的にどうなっていくのかについて考えていきたいと思います。

仮想通貨ランキングの上位にいるイーサリアムですが、今後ビットコインを超えるような伸び代を見せることがあるのか?それとも2位以下に転落してしまうのか気になる方もいると思いますので、今後イーサリアムが長期的にどうなるかについて、今ある情報から考えていきたいと思います。

仮想通貨が今後私たちの生活に関わってくることは明白ですので、今後の仮想通貨の動向を知り、新しい時代に取り残されないようにしましょう。

仮想通貨(暗号通貨)について

まずは簡単に仮想通貨についてご紹介していきます。日本ではなぜか仮想通貨と呼ばれることが多いですが、実は海外では暗号通貨と呼ばれています。

私自身暗号通貨という名称の方がしっくりきているのですが、なぜか日本人は仮想通貨と呼んでいるようです。

今出回っているのは仮装ではなく暗号なので、名称としては間違っていると思うのですが、ここに関してはいずれ暗号通貨というのが浸透することでしょう。

イーサリアムとはなんなのか?

現在数千種類もの仮想通貨が世の中に出回っていますが、不動の一位として君臨しているのが『ビットコイン』になります。対してイーサリアムはビットコインの数年後に登場した次世代の仮想通貨と言われています。

イーサリアムはビットコインの足りない部分を補う形で登場した通貨のため、ビットコインにはない機能が備わっています。そのため、今後世の中で使われる可能性も高く、投資家や企業がこぞってイーサリアムに期待しているのです。

そして一つだけ注意点があります。それは、イーサリアムというのはプラットフォームの総称で、実際にはイーサー(ETH)と呼ばれています。取引所で見ると、ETHという表記で書かれていますので、そこだけ間違えないように注意しておきましょう。

イーサリアムにあってビットコインにないもの

途中でもお伝えしましたが、イーサリアムはビットコインの機能を補って作られたものになります。そのため、ビットコインよりも機能面では優れていると言えます。

イーサリアムの代表的な特徴として知られているのが『ブロックチェーン』『スマートコントラクト』です。これが今イーサリアムが注目されている一番の理由となります。

ブロックチェーンとは?

このブロックチェーンとは、ビットコインにも備わっている仕組みで、取引を記録するための仕組みです。ビットコイン取引で記録されたデータが一つのユニットとしてまとまり、それが時系列で繋げられることからチェーンと呼ばれているようです。

取引記録を暗号化し、シリアルナンバーとして保存されます。それを後から変えようとするとシリアルナンバーと内容が崩れてしまうため、不正が全くできない仕組みとなっているのです。

ビットコインやイーサリアムが評価される一つのポイントとして、このブロックチェーン技術があります。

スマートコントラクトとは?

そしてこちらはイーサリアムにしかない仕組みになります。ビットコインはP2Pとブロックチェーンの仕組みによって不正を防止していますが、イーサリアムに関しては、それプラス『スマートコントラクト』が加わります。

このスマートコントラクトは取引の記録だけではなく、取引の『契約内容』まで記録できる仕組みになるため、契約書としての役割も果たすのです。

一度スマートコントラクトに契約内容を書き込むと、その契約が完了するまでデータを自動的に更新してくれます。そのため今後仕事の取引などで飛躍的に普及する可能性が高いと言われているのです。

イーサリアムの今後について

ではこのイーサリアムは今後どうなっていくのかを過去のデータから予想していきましょう。まずイーサリアムは2013年に発足し、2014年にプレセールをスタートさせました。

ここでのイーサリアムの当時の値段が日本円で26円程度と言われています。この時はほとんどの方がイーサリアムにはそこまで注目していなかったでしょう。

一部の投資家が購入していたくらいで、今現在のような人気になると予想していた方はごくわずかです。

プレセール後に価値が上昇

プレセールで資金を調達し、そこから本格的にイーサリアムが公開されたと同時に急激に価値を上げました。一般公開の時には、イーサリアムはプレセール時の16倍もの価値をつけていました。

仮想通貨あるあるですが、一般公開となると一気に売りに出る方がいますので、公開と同時に急激に価値を下げることになります。

そのため一時的な上昇の後、しばらくイーサリアムは低迷の時期を迎えるのです。

2016年のイーサリアムについて

イーサリアムにはいくつか大暴落した時期がありますが、そこを割愛させていただきます。

2016年の時点では紆余曲折あった後に、なんとプレセール時の85倍の価値まで上昇しています。仮にプレセール時にイーサリアムを100万円購入していれば、この時点で8500万円になっていたというわけです。

2017年のイーサリアムはどうなる?

イーサリアムはビットコインを追い抜くような感じではありませんが、今後2017年・2018年になればさらに価値を上げていくことは間違いないでしょう。というのも、機能面では現在販売されている仮想通貨の中でもトップクラスです。

ビットコインの弱点を補っているため、一般的な生活や仕事でも使える仮想通貨であることは間違いありません。アメリカのマイクロソフトや大手の金融機関もイーサリアムのプラットフォームに興味を持ち始めています。今後右肩上がりで上昇するのは確実と言えます。

ただし、急激な上昇をすることは考えづらいです。というのも、あくまでもイーサリアムは企業や銀行などの仕事をしている方が使いやすいと感じる機能です。一般人の一人一人がイーサリアムを日常生活で使うかというと、そんなことはありません。

むしろビットコイン決済のお店が続々と登場し、今後はビットコインが一般人に広まることが予想されています。なのでイーサリアムはビットコインを追い抜くような通貨ではなく、不動の第2位の通過として君臨することでしょう。長期的に考えると確実に広まる通貨ですので、情報収集は怠らないことが重要です。

→コインチェックは手数料が高い!?大手3社を徹底比較!

イーサリアムはビットコインを超える!?

個人的にイーサリアムは将来ビットコインを超える仮想通貨だと考えています。

基本的にビットコインというのは決済手段としての用途しかありません。しかしイーサリアムに関しては、決済手段以外のサービスにも応用することが可能なのです。

大げさに言ってしまえば、イーサリアムの技術を使えばWEB上のサービスを大きく変えることができますので、今後長期的に価値の上がる仮想通貨を考えると、このイーサリアムがトップに躍り出るのではないか?と考えています。

もしかしたらイーサリアムを超えるような仮想通貨が続々と登場する可能性もありますが、今世に出回っている仮想通貨の中で、このイーサリアムには特に注目していただきたいところです。

私自身も投資対象として、今後のイーサリアムの動向を見守りたいと思います。

まとめ

イーサリアムが今後期待できる仮想通貨であることは理解していただけましたか?今後イーサリアムに何が起こるかは誰にもわかりませんが、機能面では確実に他の仮想通貨よりも上回っているので、世の中にイーサリアムが広まるのは時間の問題でしょう。

今まで人間がやっていた面倒な手続きを、イーサリアムが自動で行ってくれるとなれば、どの企業もこの仕組みを取り入れたいと考えるはずです。

長期的な伸び代を考えれば、イーサリアムは期待できる通貨であることは間違いありません。これからも注目したい仮想通貨の一つですね。

まだ仮想通貨について深く理解できていない方のために、このサイトでは仮想通貨について基礎から解説しています。  
 
まずは仮想通貨を理解する上で重要な『ビットコイン』や、仮想通貨の仕組みや投資のリスクを知ることが大切です。  
 
今後期待できる仮想通貨ランキングもまとめていますので、そちらもチェックしておきましょう!  
 
→初心者でもわかるビットコイン基礎知識!  
 
→今後仮想通貨が理論上100%ハッキングされなくなる理由!

当サイト限定無料メルマガ配信!

そして段階的に仮想通貨を学びたいという方は、私のサイトの読者限定でメルマガを配信しています。  
 
こちらでは、仮想通貨を基礎から解説しており、ネット上には出回らない仮想通貨の最新情報も定期的に配信しています。  
 
無料で参加することができますので、新しい時代の流れに取り残されないためにも、仮想通貨初心者の方はぜひメルマガ登録をしてみてください。  
 
→仮想通貨投資無料メルマガはこちら!  
 
今回の記事が少しでもお役に立ちましたら、こちらをポチッと押していただけると今後の記事更新のモチベーションに繋がります。

将来的に価値の上がる可能性の高い通貨情報をプレゼント!

仮想通貨最新メルマガ

当サイト読者限定で、初心者でもわかりやすく理解できる仮想通貨の基礎知識や最新情報を無料メルマガで解説しています。 これから仮想通貨投資を始める方は、無料メルマガに登録して投資方法や今後価値の上がる仮想通貨の情報を取り入れてみてください♪ 今だけ長期的に爆上げする可能性の高い仮想通貨の情報を特別のプレゼントしております。(すでに管理人が投資済みの期待できる通貨に絞っています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *