コインチェック 登録方法の流れを詳しく解説!

これからビットコインなどの仮想通貨を購入する場合、おそらく『コインチェック』という取引所を使うことになるでしょう。数ある取引所の中でも使いやすさ・取り扱い通貨の量・スマホアプリの充実度のどれをとっても群を抜いている取引所になります。

今回はこのコインチェックを使ったことがない方のために、コインチェックの登録方法を具体的に解説していきたいと思います。

登録から仮想通貨の購入までが他の取引所に比べて圧倒的に楽なので、ぜひ今回の記事を参考にコインチェックを使ってみてください。

コインチェックとはどんな取引所なのか?

まず登録する前に、コインチェックについてご紹介していきます。コインチェックは2012年に『レジュプレス株式会社』が設立した取引所になります。

現在は『コインチェック株式会社』へと社名を変更して運営を続けており、日本初の仮想通貨取引所として信頼を得ている会社です。取引所の中でもトップクラスの使いやすさ・スマホアプリの操作性が評価され、初心者でも安心して使える取引所として評判がかなり高まっています。

現在は数多くの企業がこぞってコインチェックを導入しており、今後さらに規模を大きくして運営していく注目の取引所です。

コインチェックの詳細

  • 創設:2012年8月28日
  • 社名:コインチェック株式会社

取り扱い銘柄

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • リスク
  • ファクトム
  • モネロ
  • リップル
  • シーキャッシュ
  • ネム
  • ライトコイン
  • ダッシュ

入金手数料:0円

出金手数料:400円(高速出金は700円)

代表者

  • 和田晃一良
  • 和田圭介
  • 大塚雄介

コインチェック登録の流れを解説

コインチェックは登録までが簡単ですので、まずはパソコン・スマホのどちらかを使って登録をしていきましょう。

最初に動画で解説したものがあったので、まずはこちらを参照してください。

まずコインチェックのサイトにアクセスし、アカウントを作成していきます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

サイトにアクセスしたら、まずメールアドレスとパスワードを入力して『アカウント作成』をクリックします。この時facebookアカウントを持っている方はそちらでも登録することが可能です。

今回はメールアドレスでの登録方法を解説します。

 

 

メールアドレスを登録すると、このようなメールが送られてきますので、指示通りにリンクをクリックしてサイトに飛びます。この時にコインチェックに飛ぶことができたらアカウント作成完了です。

ビットコインを購入するまでの流れ

では次にコインチェックでビットコインを購入する流れを解説します。こちらも数分で購入することができますので簡単ですよ♪

 

 

まずコインチェックサイト上部の『ウォレット』をクリックします。

 

 

そこで『日本円USドルを入金する』という項目を選びましょう。

 

 

ビットコインを購入するためには日本円を入金する必要がありますが、その時に『電話番号登録』をして確認をしていきます。

オレンジのバナーをクリックして電話番号を入力していきましょう。

 

 

電話番号を入力して『SMSを送信する』をクリックすると、携帯に認証コードが送られてきます。

それを『送信された認証コード』という項目に入力して『認証する』をクリックします。この電話番号登録が完了すると、5万円までの取引ができるようになります。それ以上の取引をする場合には『本人確認』をする必要があります。

本人確認をする場合には『名前』『性別』『住所』を記入し、自分が提出する身分証と同じだということを確認します。

そして自分の顔と身分証を一緒に撮影し、それを『ファイルを選択する』という項目をクリックして提出します。身分証が免許証の場合、提出するファイルは

  1. 自分の顔と身分証が一緒に写っている写真
  2. 免許証の面だけの写真
  3. 免許証の裏側の写真

の3つになります。3つを用意することができたら、本人確認書類を提出するという項目をクリックして本人確認が完了になります。パソコンにカメラが付いていると楽にできますよ♪

 

次に日本円を入金する方法を選択していきましょう。銀行振込・コンビニ入金などがありますが、銀行振込の場合、自分のコインチェックIDと自分の名前を『振込人名義』にして記載されている口座に振り込みます。

もしクレジットカードでビットコインを購入する場合には、左にある『クレジットカードで買う』を選択してください。

 

 

そして日本円の入金が完了すれば、自分のコインチェック口座に入金したお金が表示されますので、それを使ってビットコインを購入していきましょう。

ちなみに『コインを買う』という項目に代表的な仮想通貨も数多くありますので、今後投資したいものがあればそちらも一緒に購入してみてください。取引所としては購入までの流れがシンプルになりますので、初心者でも簡単にビットコインを購入することができますよ♪
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

他の取引所ではなくコインチェックを使うメリット

取引所としての実績は申し分ないのですが、それ以外でコインチェックを選ぶことによるメリットを紹介していきます。

操作性がシンプルで使いやすい

コインチェック以外の取引所を使ったことがない方は、一度別の取引所のサイトにアクセスしてみると良いでしょう。否定するわけではありませんが、正直初心者には少し難しい操作性の取引所がほとんどです。

登録までの手続きで挫折してしまうこともありますので、登録や取引のしやすさはコインチェックが突出しているでしょう。やはり長期的に考えて、操作性やサイトのデザインはかなり重要です。

24時間取引が可能

もう一つのメリットとしては、コインチェックでは『24時間取引が可能』になります。以外と24時間使える取引所はないので、これもコインチェックを使うことによる大きなメリットと言えるでしょう。

使いたい時に使えるので、時間を選ばずに取引ができるのは魅力です。海外送金では時差もありますので、24時間取引できる場所を選ぶのが一番です。

代表的な仮想通貨は全て扱っている

仮想通貨はビットコインだけではありません。今急激に価値を上げている通貨もありますので、そちらの情報を得たい場合にもコインチェックを利用することで確認できます。

運営開始時はビットコインだけを取り扱っていましたが、今ではいち早く注目されている仮想通貨を取り入れているため、今後自分が投資をしたい通貨があれば、コインチェックで購入することができますよ。

スマホアプリがかなり使いやすい

コインチェック専用の無料アプリがあるのですが、こちらも操作性に優れていて使いやすくなっています。現代ではパソコンよりもスマホを使うことが多いと思いますので、アプリの使いやすさも取引所選びには重要視されると思います。

仮想通貨のチャートを見たり、自分の資産を確認することもできます。送金も簡単にできますので、若い方でも安心して使える取引所になります。

コインチェック利用で一つだけ気をつけること

数ある取引所の中でも特に使いやすいコインチェックですが、一つだけ注意点があります。それは『クレジットカード』での支払いです。仮想通貨を購入する際にクレジットカードでの決済をすると、いつもより支払う金額が多くなります。

というのも、クレジットカードを使う場合、自分が購入する仮想通貨のレートと注文量によって手数料が変わってくるため、いつもより多くの手数料を払うこともあります。

取引所でクレジットカードを使う場合、クレジットカードの手数料+取引所の収益の2つを差し引かれて購入するため、現金で購入するよりも高くなるのです。ここだけは十分に注意しておきましょう。

使いやすさ満足度の高いコインチェック

仮想通貨の普及によって取引所は増えているようですが、現状一番使いやすいのはコインチェックになります。やはりお金を取り扱うため、新しく出てきた取引所よりも信頼性の高い取引所を使いたいのが本音だと思います。

使いやすさ・信頼度・操作性のどれを取っても満足度が高い取引所となりますので、信用できる取引所を探している方は、ぜひコインチェックを利用してみてください。

登録も10秒ほどで完了するので、とりあえず始めてみるという方にもオススメですよ♪

コインチェックを他の取引所と比較してみた!

コインチェックは使いやすい取引所ではありますが、まだ取引所選びで迷っている方もいると思います。なのでここからは他の取引所とコインチェックを比較していきたいと思います。

人それぞれ取引所に求めるものは違うと思いますが、様々な項目を比較していきたいと思いますので、じぶんに最適な取引所を見つけてみてください。

日本の取引所大手3社を比較!

日本には数多くの仮想通貨取引所がありますが、その中でも特に利用者の多い取引所3社を比較してみます。一つ目が『ビットフライヤー』です。

これは成海璃子さんがキャンペーンガールに採用されているため、知っている方も多いでしょう。そしてもう一つは『zaif』という取引所です。ここはホリエモンがアドバイザーを務めている取引所としても有名ですね。

そして最後に日本で最初に仮想通貨を取り扱った大手取引所『コインチェック』です。この3つを様々な項目から比較していきましょう。

手数料を比較

今後取引所を選ぶ際に重要な項目の一つが『手数料』になります。仮想通貨を購入したり、取引をする場合には必ず取引所に手数料を取られることになりますが、それぞれ取引所によって料金が異なります。

取引手数料・入金手数料・出金手数料の全てを比較していきましょう。

取引手数料

  • ビットフライヤー:0.01~0.15%
  • コインチェック:0.1~0.015%
  • zaif:-0.01%

注目すべき点はzaifのマイナス手数料です。このzaifに関してはユニークなサービスとして、取引をするごとに私たちが逆に手数料をもらうことができる『マイナス手数料』というサービスを行っています。

頻繁に取引をする場合にはこのzaifを使うとメリットも多いことでしょう。ただし、取り扱っている代表的な仮想通貨がビットコイン・モナーコイン・ネムコインになりますので、それだけはご注意ください。

出金手数料

  • ビットフライヤー:216円~756円
  • コインチェック:400円~700円
  • zaif:350円~756円

出金手数料に関しては、3社ともそこまで大差ありません。手数料で取引所を選ぼうと考えている方からすると迷ってしまうところですが、出金手数料に関しては数百円の差になりますので、そこまで重視すべき項目ではないと言えるでしょう。

頻繁に日本円を出金する方に関してはコインチェックは高く感じるかもしれませんが、そこまで大きな差ではないですね。

ちなみに入金手数料に関しては、どの取引所も銀行によって異なります。

扱っている仮想通貨の種類

こちらは私が重視している項目ですが、今後取引所を使う場合に扱っている仮想通貨が多い場所を選ぶのが良いです。

というのも、現在ビットコイン以外のアルトコインの価値も上がってきているため、日本の取引所でもアルトコインへの投資に参加することができます。

仮に取り扱っている仮想通貨が少ない取引所に登録をしてしまうと、もう一度他の取引所に登録する必要が出てくるため面倒になります。最初に登録するのであれば『多くの仮想通貨を取り扱っている取引所』がオススメです。では見ていきましょう。

zaif

  • ビットコイン(BTC)
  • ネムコイン(NEM)
  • モナーコイン(MONA)

ビットフライヤー

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)

コインチェック

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ダッシュ(DASH)
  • ネム(XEM)
  • モネロ(XMR)
  • オーガー( REP)
  • ゼットキャッシュ(ZEC)
  • ファクトム(FCT)
  • リスク(LSK)

zaifに関しては代表的な仮想通貨以外にも取り扱っているようですが、今回はランキング上位にいる仮想通貨だけを紹介しています。

取り扱い通貨が最も多いのは、ダントツで『コインチェック』ですね。

しかも驚くことに、現在仮想通貨ランキング上位に入っているものをほとんど取り揃えてあります。

私自身コインチェックをメインで使っているのですが、仮想通貨のチャートの最新情報をメルマガで届けてくれるので、常に新しい情報を取り入れることもできます。

これから仮想通貨取引をする際にはコインチェックは必須の取引所となりそうですね。今後新しい仮想通貨が登場した場合には、おそらくコインチェックが真っ先に取り入れてくれることでしょう。

コインチェックでできること!

ではこれからコインチェックに登録した場合、どんなことができるのかをご紹介していきます。

本人確認を終えてから、一体どんな取引ができるのかを確認しておきましょう。

コインを買う

アカウントを登録し、本人確認を済ませてもすぐにコインを購入することはできません。左にある『コインを買う』という項目を選択すると、必ず『日本円の残高が足りません』という赤文字が出てきます。

電話番号認証・本人確認が終わっていれば5万円以上のコインを購入できますので、まずは日本円を入金していきましょう。

『日本円を入金する』という項目を選択し『銀行振込』『コンビニ入金』『クイック入金』の中から自分がやりやすい方法を選択して入金をしていきます。

この時の注意点としては、クレジットカード決済をすると手数料が高くなってしまうので、できればコンビニ入金か銀行振込を選ぶことをお勧めします。

ここで日本円を入金すれば、先ほどの画面で日本円が反映されますので、自分が投資したい仮想通貨を選択してコインを購入することができます。

コインを売る

では逆に『コインを売る』場合にはどうすれば良いのかを解説していきましょう。

コインを売り日本円に換金したい場合には、まず売りたい仮想通貨を選んで『数量』を選択していきます。

例えばビットコインの場合、最低注文量は0.00BTCになりますので、数量を選択していきます。

数量を決定すると、取引手数料を引いた日本円のレートが表示されますので、自分が決めた金額に調節したら『売却する』を選択するとコインの売却が完了します。

基本的にコインチェックの操作性はシンプルなので、売却ボタンを押したらすぐに売却が完了します。そのため売るコインの量は事前に確認しておくことが重要です。

日本円を出金する

そして次は日本円を出金する方法です。

この日本円を出金するというのは、つまりコインから換金した日本円を自分がいつも使っている講座に移動させる手段のことを言います。

ビットコイン取引で収益を得て、それを日本円に換金して出金する場合に使うことになります。この日本円を自分の口座に出金する場合には、事前に『電話番号認証』『通帳確認』をしておく必要があります。

一度通帳を登録すると、今後日本円を出金する場合にボタン一つで完了することができますので、必ず登録しておきましょう。

自分の使っている預金通帳の

  1. 銀行名
  2. 支店名
  3. 口座種類
  4. 口座番号
  5. 口座名義

を入力して『この口座に振り込む』を選択します。

高速出勤の場合は手数料が400円から756円に上がりますが、3分で出金することが可能です。急ぎでお金が欲しい場合には高速出金を選択してみてください。ちなみに通常の出金では1〜2日かかります。

コインを送る

そして次はコインを送る方法の解説です。

ICO取引やビットコイン決済をする際にはこちらからコインを送金することができます。まず入力する項目は『宛先』です。これは相手のウォレットのアドレスになりますので、自分で入力するのではなく、相手からアドレスをもらってコピペで貼り付けるのが確実です。

アドレスを正しく入力しないと送金できませんので、手入力は避けるようにしましょう。そして自分が送金する金額を選択して『送金する』をクリックすれば相手のアドレスにコインを送金することが可能です。

コインチェックでは多くの仮想通貨を取り扱っているため、自分が送るコインの種類を間違えないようにしましょう。

コインを受け取る

逆に相手からコインを受け取る方法についても解説しておきましょう。

相手からコインを受け取る場合には、まず『自分のアドレスを教える』必要があります。『通常入金用アドレス』が自分のコインチェックのアドレスになりますので、このアドレスをコピペで相手に送金します。

スマホの場合はQRコードを表示することもできますので、相手がやりやすい方を選択してください。コインを送金する場合、数分ですが待ち時間があります。

なるべく早い段階で相手から送金を受けたい場合には『高速入金用アドレス』を使えば高速で受け取ることができます。注意点としては、高速入金用アドレスを選択すると、送金する側に負担がかかりますので、了承を取る必要があります。

待ち時間といっても数分になりますので、早急にコインが必要な時以外は通常入金用アドレスを相手に伝えるようにしましょう。

やっておいた方が良い設定について

これは任意でできる設定ですが、今後のことを考えると必ず行った方が良い設定になります。コインチェックでやっておいた方が良い設定というのは『二段階認証設定』になります。

コインチェックという取引所はセキュリティ面も高いため、他の取引所に比べても安心ですが、万が一ということを考えて二段階認証を設定しておきましょう。

この二段階認証というのは、コインチェックにログインする際に入力するメールアドレスやパスワードが万が一解かれてしまった場合でも『ワンタイムアドレス(数分だけ有効なパスワード)』を入力しなければ自分のサイトにログインすることが不可能な設定です。

これを設定しておくことで、かなりセキュリティ面も向上しますので、コインチェックを使う際には必ず二段階認証設定を行うようにしましょう。

コインチェックのスマホアプリは使いやすい!

そして私がコインチェックをオススメしているもう一つの理由は『スマホアプリの使いやすさ』になります。

まずはこちらの動画をご覧ください。

このコインチェックのスマホアプリは操作性にも優れていますが、とにかく画面が見やすく、今後長期的に使う場合にはオススメです。

こちらはチャートの画面になりますが、1時間~1年のスパンでチャートを確認することもできますし、上に現在のコインの価格も表示されています。

一番下には『売る』と『買う』というボタンがありますが、これを選択することで売り買いをスムーズに行うことも可能です。

自分が今どれくらいの資産を持っているのかも常に確認することができます。それぞれの仮想通貨ごとに並んでおり、総資産を日本円で表示してくれているため、難しい計算をする必要もなく楽チンです。

操作性という点に関しては、今のところコインチェックを超える取引所はないと言えるでしょう。スマホユーザーには特にオススメですよ♪

コインチェックで不正ログイン保証をスタート

大手取引所であるビットフライヤーとコインチェックでは、国内初となる不正引き出しに保証をつけるというサービスを始めました。

詳しいニュースはこちらで紹介されています。

→詳しい記事はこちら!

この保証の最低条件は『2段階認証を設定していること』になりますので、途中でもお伝えした2段階認証に関しては必ず設定をしておきましょう。

100万円以上の場合には500万円の保証、それ以下に関しては10万円の保証ということなので、これからコインチェックに登録する方も安心して預けることができます。

ただし、取引所が安全だからといって、自分の全ての資産をコインチェックに預けるのではなく、必ずウォレットに移すことを忘れないように心がけましょう。

コインチェックのセキュリティは危険なのか?

一部ではコインチェックのセキュリティ面に問題があるという話もありますが、基本的にはコインチェックのセキュリティ面は安全性が高いと言えます。

というのも、コインチェックはネット上から切り離した環境でビットコインを保管(コールドウォレット)していますので、基本的にはハッカーから狙われる心配はありません。

そしてセキュリティ認証を強化するためにSMS認証、googleの認証アプリによる二段階認証を採用しているため、第三者からのアクセスはかなり難しいと言えるでしょう。シンプルに使うことができるサイトですが、セキュリティ面に関しては高いと言えます。

ただし、何度も言いますが自分の資産を全てコインチェックに預けるのはリスクが高いので、必ずウォレットに移すことは忘れずに行ってください。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

まとめ

いかがでしたか?今回は仮想通貨取引所のコインチェックについてご紹介してきました。まだまだ仮想通貨についてわからないことが多いかもしれませんが、今後確実に私たちの生活に必要なものとなります。

2020年の東京オリピックまでには、ほとんどのお店でビットコイン決済ができるようになる予定です。今のうちにビットコインを購入しておき、使い方をマスターしておきましょう。

他の記事でも仮想通貨について詳しく解説していますので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

まだ仮想通貨について深く理解できていない方のために、このサイトでは仮想通貨について基礎から解説しています。  
 
まずは仮想通貨を理解する上で重要な『ビットコイン』や、仮想通貨の仕組みや投資のリスクを知ることが大切です。  
 
今後期待できる仮想通貨ランキングもまとめていますので、そちらもチェックしておきましょう!  
 
→初心者でもわかるビットコイン基礎知識!  
 
→今後仮想通貨が理論上100%ハッキングされなくなる理由!

当サイト限定無料メルマガ配信!

そして段階的に仮想通貨を学びたいという方は、私のサイトの読者限定でメルマガを配信しています。  
 
こちらでは、仮想通貨を基礎から解説しており、ネット上には出回らない仮想通貨の最新情報も定期的に配信しています。  
 
無料で参加することができますので、新しい時代の流れに取り残されないためにも、仮想通貨初心者の方はぜひメルマガ登録をしてみてください。  
 
→仮想通貨投資無料メルマガはこちら!  
 
今回の記事が少しでもお役に立ちましたら、こちらをポチッと押していただけると今後の記事更新のモチベーションに繋がります。

将来的に価値の上がる可能性の高い通貨情報をプレゼント!

仮想通貨最新メルマガ

当サイト読者限定で、初心者でもわかりやすく理解できる仮想通貨の基礎知識や最新情報を無料メルマガで解説しています。 これから仮想通貨投資を始める方は、無料メルマガに登録して投資方法や今後価値の上がる仮想通貨の情報を取り入れてみてください♪ 今だけ長期的に爆上げする可能性の高い仮想通貨の情報を特別のプレゼントしております。(すでに管理人が投資済みの期待できる通貨に絞っています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *