コインチェックは手数料高い?大手3社を徹底比較!

仮想通貨市場がバブル状態になっている現在ですが、今後さらにビットコインやその他アルトコインの価値も上昇していくことでしょう。まだまだ仮想通貨業界は一部の人にしか認知されていませんので、今後参入者が増えれば市場が大きくなり仮想通貨の価値が上がるのは容易に想像できます。

今から仮想通貨市場に参入すれば、大きな先行者利益を得られることは間違いないでしょう。しかし仮想通貨投資をスタートさせる前に一番気になること‥それは『仮想通貨ってどの取引所で扱えばいいの?』ということですよね?

購入や取引をする場合には必ず取引所に登録する必要がありますが、何個かあってどれを選べば良いかわからないという方もいると思います。

なので今回はコインチェック・ビットフライヤー・Zaifという3つの大手仮想通貨取引所を比較してみました。手数料や評判が気になっている方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

仮想通貨取引所はどこを使うべきか?

まず私が推奨している取引所は大手の3つ(コインチェック・ビットフライヤー・Zaif)になります。私は全てに登録して使ってみましたが、それぞれメリット・デメリットがあるのも事実です。

なのでそれぞれの取引所のメリット・デメリットや手数料の違いなどを比較しつつ、最終的に一番おすすめの取引所を決めていこうと思います。

取引所を選ぶ基準を考えていこう!

まず、仮想通貨の取引所を選ぶ基準でよく言われるのが『手数料が安い場所が良い』というものです。

確かに取引する際に手数料が安い場所を選びたい気持ちはわかりますが、正直大手3社ではそこまで大きな差はないのが事実です。それぞれの取引所の手数料を見ていきますと

取引所 通貨 手数料
ビットフライヤー BTC/ETH 0.01~0.15%
コインチェック BTC/ETH他多数 0.1~0.015%
Zaif BTC/MONA/XEM -0.01%

 

仮想通貨の取引手数料はほとんど変わりません。では次に入金・出金手数料も見ていきましょう。

取引所 入金手数料 出金手数料
ビットフライヤー 数百円(銀行によって異なる) 216円〜756円
コインチェック 数百円(銀行によって異なる) 400円〜700円
Zaif 数百円(銀行によって異なる) 350円〜756円

なぜかコインチェックの手数料が高いと言われているようですが、実際に比較してみてもほとんど差がわかりませんね。

出金や入金に関しても、数十円・数百円の違いなので、今後取引をする上ではそこまで影響はないと思います。手数料で取引所を選ぶメリットはほとんどないということですね。

取引所を選ぶ際に比較するポイント

手数料にそこまでの差がないことが分かったところで、今後自分が使う取引所をどこで選べば良いのかを考えていきましょう。

正直大手3社であればそこまで大きな差はありませんが、やはり選ぶ基準を自分の中で決めておくことは重要です。私が取引所を使う中で特に重要視している比較ポイントをいくつかお伝えしていきます。

ちゃんとした会社であるかどうか?

まず会社自体がちゃんとしているかどうかは重要なポイントと言えます。もし自分が使っている取引所がすぐに破綻してしまうような会社であれば、今後大きな金額を取引するのはリスクが高すぎます。

今後長期的に運営をしてくれるような会社かどうかを見ることが最低条件とも言えるでしょう。と言っても、私の方で厳選した3社に関しては、会社としての信頼性は問題ないと考えています。

一応それぞれの会社の詳細を確認してみましょう。

Zaif

  • 設立:2014年6月16日
  • 資本金:8億3013万円
  • 代表取締役:朝山貴生
  • 株主構成
  • 朝山貴生
  • 朝山道央
  • 日本テクノロジーベンチャーパートナーズ

コインチェック

  • 設立:2012年8月28日
  • 資本金:9200万円
  • 代表取締役:和田晃一良

加入協会

  • 日本ブロックチェーン協会 監事
  • 日本仮想通貨事業協会 正社員
  • fintech協会 会員

ビットフライヤー

  • 設立:2014年1月9日
  • 資本金:41億238万円
  • 代表取締役:加納裕三

株主

  • 加納裕三
  • 小宮山峰史
  • 海外ベンチャーキャピタル

このような情報になっています。資本金ではビットフライヤーが突出していますが、これはあくまでも一つの判断基準なので、そこまで資金については注目する必要はないでしょう。

一通り会社情報を調べてみましたが、やはり3社ともちゃんとした会社であることは間違いありません。他の取引所に関してはあまり詳しくないので、そちらの情報についても他の記事で紹介していきたいと思います。

今の所信頼度で言えばビットフライヤーがトップという判断をしておきましょう。

取引所のセキュリティ面が重要

今後私たちがお金を預ける場所でもありますから、取引所選びとしては『セキュリティ』も重要だと言えます。仮想通貨はインターネット上で取引する通貨になりますので、このセキュリティ面が甘いとハッカーから攻撃を受けやすくなります。

セキュリティ面で特に重要なのは『コールドウォレット』『マルチシグネチャウォレット』『2段階認証ログイン』の3つになります。

基本的にこれら3つのセキュリティを使っていない取引所を使うことはオススメしていません。それぞれのセキュリティについて解説していきます。

コールドウォレットについて

このコールドウォレットというのは『ネット上から切り離されたオフラインで保管されるウォレット』になります。

例えばビットコインを狙ったハッカーがいた場合、オンライン上であればビットコインのハッキングができますが、オフラインで保管されると一切ハッキングができなくなります。

ネット上から切り離した場所で保管するというのが重要なポイントです。このコールドウォレットの採用は、ある意味最低条件のセキュリティとも言えるでしょう。

マルチシグネチャウォレットについて

こちらは、簡単にいうと『一つのアドレスに対して複数の鍵を持つウォレット』のことを言います。ビットコインを移動する際のパスワードが複数必要になるため、セキュリティ面が他のウォレットに比べて強固になります。

以前はあまり導入されていないようでしたが、最近になってこのマルチシグネチャウォレットが日本でも導入されることが増えてきました。

2段階認証ログイン

これは比較的多くの取引所が取り入れているセキュリティですが、重要ポイントの一つです。2段階認証ログインというのは、取引所のサイトにログインする際に2段階の認証を必要とするものです。

例えばログインIDとパスワードを入力してログインし、そのあとに携帯のSMSの暗証番号を入力することを求められるものが2段階認証と言います。

この一手間があることによって飛躍的にセキュリティ面が向上するようなので、面倒ではありますが、私たちにとってはありがたいとも言えるでしょう。

大手3社のセキュリティ面はどうなのか?

重要ポイントとして3つのセキュリティをご紹介してきましたが、今回比較している大手3社の取引所は、これらのセキュリティ全てを導入しています。そのためセキュリティ面に関しては比較することができません。

どれか1つセキュリティが欠けている取引所もあるようですが、やはり大手3社は安全対策に関してもバッチリなようです。これは嬉しいことではありますが、今回私は3社を比較しようと考えているので残念でもあります笑。ここは比較対象にはならないということです。

サイトの機能性や使いやすさを比較!

では続いてそれぞれのサイトの使いやすさを比較していきましょう。使いやすさというのは『登録から取引の流れがスムーズにできるか?』ということや『スマホアプリでの操作性が簡単かどうか?』などを基準に考えていきたいと思います。

今ではパソコンで操作するよりもスマホから取引をする人がほとんどなので、サイトやアプリの機能性に関しては重要項目と言えるでしょう。正直機能性に関しては好みもあると思いますが、私が3つ使ってみて一番良いと感じたのは『コインチェック』ですね。

まずコインチェックのサイトはとにかくシンプルに作られています。そのため初心者でも『どうやって取引をするのか?』『購入までの流れがわからない‥』という悩みがほとんど出てきません。

ビットフライヤーやzaifに関しては、仮想通貨取引に慣れている方からすると使い易いかもしれませんが、初心者が使うには少しハードルが高いです。コインチェックで特に良いと感じたのは『スマホアプリの使いやすさ』ですね。これは感動しました笑。

スマホになると途端につかづらくなる取引所もありますが、コインチェックに関してはシンプルな作りで全ての動作で迷うことがありません。一度アプリをダウンロードしてチェックしてみると良いですよ♪

扱っている仮想通貨の数を比較!

そしてこちらも私が重要視しているポイントの1つです。ビットコイン以外のアルトコインの価値も急激に上がっているため、今後色々な仮想通貨に投資したいと考えるようになると思います。

そんな時『扱っている仮想通貨の数が少ない』となると、結局他の取引所に登録し直さなければならなくなり、一から使い方を学ばなければなりません。

では大手3社の扱っている仮想通貨の数をそれぞれ見ていきましょう。

Zaifの取り扱い通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • ネム(NEM)
  • モナコイン(MONA)

ビットフライヤーの取り扱い通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)

コインチェックの取り扱い通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ダッシュ(DASH)
  • ネム(XEM)
  • モネロ(XMR)
  • オーガー(REP)
  • ゼットキャッシュ(ZEC)
  • ファクトむ(FCT)
  • リスク(LSK)

調べてみて驚いたのですが、コインチェックは今上位を占めている仮想通貨のほとんどを取り扱っているんですね。今はビットコイン以外のアルトコインにも大きな注目が集まっていますが、コインチェックはすでにこれらの仮想通貨に目をつけて取引を開始しているようです。

しかも全ての仮想通貨の最新チャートも常に見ることができますので、今後取引をする場合には必須の取引所となりそうです。

取り扱い通貨の数でもコインチェックがおすすめであることは間違いないでしょう!

トータルでおすすめの取引所はどこなの?

手数料が高いという噂が多かったため、今回大手3社を様々な観点から比較してみましたが、私が最もおすすめできる仮想通貨取引所を一つ選んでみたいと思います。

トータルでおすすめの仮想通貨取引所は『コインチェック』ですね♪私自身は昔から使っている取引所でもありますので、今回大手3社を比較してみてあらためてコインチェックの良さに気づくことができました。私がコインチェックをおすすめする決め手としては

  • ビットコイン以外のアルトコインの充実度
  • サイト・スマホアプリの圧倒的な使いやすさ
  • セキュリティ面の安全性
  • 企業としての信頼度

これらの要素が揃っていることが大きな要因となります。企業の信頼度に関してはこちらの画像を見ていただくとわかります。

今現在急激に多くの企業が採用しているのがコインチェックになります。今後も右肩上がりでコインチェックを導入する企業が出てくると思われますので、企業としての信頼度が高いことの証明にもなるでしょう。

もしこれから仮想通貨取引所を探す、もしくは仮想通貨を購入することを考えている方は、まずは『コインチェック』に登録して頂ければと思います。

現在仮想通貨ランキング上位を占めているアルトコインのほとんどを取り扱っています。凄いですね!

多くの仮想通貨の価値が高騰している中、この流れに乗らないのはもったいないと思いませんか?

いずれ仮想通貨は、私たちの決済手段として当たり前の世の中になりますので、今のうちに仮想通貨に詳しくなっておくことで時代の流れにスムーズに乗ることができます。

コインチェックは世界を代表する最新の仮想通貨を採用していますので、登録することで最新の仮想通貨のチャートを常に確認することができます。ここでしか取り扱っていない仮想通貨も数多くあるので、登録しないことによって、今後価値を大きく高騰させる仮想通貨を見逃すことにもなりかねません。

コインチェックで最新のチャートをチェックして、今後のチャンスを掴みとっていきましょう!

 

コインチェックのメリット

シンプルで使いやすい
スマホアプリの機能性抜群
24時間365日取引可能
取り扱い通貨が取引所の中でも多い
登録から購入までが簡単

コインチェックのデメリット

クレジットカードの手数料が少し高い


コインチェックの登録方法が分からなければこちらの動画を参考にしてみてください♪

コインチェックの登録方法の流れを解説!

コインチェックの登録の流れは動画でも解説されていると思うのですが、一応私の方でも登録する流れをご紹介しておきます。

と言ってもコインチェックは登録までが他の取引所に比べて圧倒的に簡単なので、すぐに取引ができる状態にすることが可能です。

まずは口座開設をする

コインチェックの口座開設はとても簡単です。最初に『メールアドレス』と『パスワード』を入力すれば登録ができます。フェイスブックアカウントを持っていればその場ですぐに登録ができます。口座開設をするだけの場合、5万円までの取引しかできませんので、もし今後それ以上の取引をする際には『本人確認』が必要となります。

最初にコインチェックのサイトにログインして、ここから『メールアドレス』『パスワード』を入力し、個人として登録をするを選択し『アカウント作成』のボタンをクリックしましょう。

そうすると、登録したメールアドレス宛にこのようなメールが送られてきます↓

このメールの指示に従い、リンクをクリックしてコインチェックのサイトに飛べば登録が完了になります。

そして本人確認をする場合にはコインチェック公式サイトの上部にある『ウォレット』を選択します。

そして左下にある『設定』を選択しましょう。設定を選択すると

このような画面になります。本人確認をする為にはいくつかの選択項目がありますが、オススメとしては『電話番号認証』『本人確認』になります。

それ以外でも問題はありませんが、私が実際に登録した際にはこの2つが簡単だったのでオススメです。これらを登録すると、ようやく日本円として銀行に出金できるようになります。

電話番号認証の場合、自分の電話番号を入力して『SMSを送信する』をクリックします。

そして携帯に送信されたSMSをメモし、下の送信された認証コードに入力して『認証する』を選択しましょう。これで電話番号認証はOKです。

そして本人確認をする場合には『顔写真付きの身分証明書』『本人が写っている写真』をアップロードしていきます。

パソコンにカメラがついている場合には『カメラを起動』を選択して身分証と顔写真を撮影すれば、すぐにファイルを送ることができるのでかなり楽です。

その後に、顔写真付きの身分証明書の面と裏を撮影して本人確認書類として提出すれば本人確認が完了します。

取引所を使う場合にはリスクを分散することも重要

そして最後に一つだけお伝えしておきます。これから取引所を使う場合には、複数の取引所に登録しておくのがリスク管理にもつながります。というのも、信頼度が高い取引所を使ったとしても、今後何が起こるかは誰にもわかりません。

そのため1つの取引所で通貨を扱うよりも、複数の取引所に分散しておくことで、万が一のことがあっても安心です。一つの取引所に依存しすぎるとリスクも高まりますので、その点だけは注意しておきましょう。

コインチェックをメインで使い、それ以外の取引所にも登録しておくのがベストだと思います。私自身もそのように管理しているので、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨初心者の方へ!

今後取引所に登録して仮想通貨投資などを始めたい初心者の方がいれば、まずは仮想通貨の代表的存在でもある『ビットコイン』の基本的な知識を入れておくことをお勧めします。別の記事でビットコインについてまとめてありますので、ぜひそちらを読んでみてください。

→仮想通貨ビットコインを基礎から理解する!

まとめ

手数料が高いという話を聞いたことによって、今回の大手3社比較という記事を作成してみました。確かに数百円の差はありますが、そこまで手数料の差は感じられませんので、自分が使いやすいと思う取引所に登録して頂ければと思います。

今後もし大手3社以外の取引所でおすすめの場所があれば、随時私のサイトでも更新していきたいと思います。

現状コインチェックがトップになりますので、今後他の取引所にも注目していきたいと思います。

まだ仮想通貨について深く理解できていない方のために、このサイトでは仮想通貨について基礎から解説しています。  
 
まずは仮想通貨を理解する上で重要な『ビットコイン』や、仮想通貨の仕組みや投資のリスクを知ることが大切です。  
 
今後期待できる仮想通貨ランキングもまとめていますので、そちらもチェックしておきましょう!  
 
→初心者でもわかるビットコイン基礎知識!  
 
→今後仮想通貨が理論上100%ハッキングされなくなる理由!

当サイト限定無料メルマガ配信!

そして段階的に仮想通貨を学びたいという方は、私のサイトの読者限定でメルマガを配信しています。  
 
こちらでは、仮想通貨を基礎から解説しており、ネット上には出回らない仮想通貨の最新情報も定期的に配信しています。  
 
無料で参加することができますので、新しい時代の流れに取り残されないためにも、仮想通貨初心者の方はぜひメルマガ登録をしてみてください。  
 
→仮想通貨投資無料メルマガはこちら!  
 
今回の記事が少しでもお役に立ちましたら、こちらをポチッと押していただけると今後の記事更新のモチベーションに繋がります。

将来的に価値の上がる可能性の高い通貨情報をプレゼント!

仮想通貨最新メルマガ

当サイト読者限定で、初心者でもわかりやすく理解できる仮想通貨の基礎知識や最新情報を無料メルマガで解説しています。 これから仮想通貨投資を始める方は、無料メルマガに登録して投資方法や今後価値の上がる仮想通貨の情報を取り入れてみてください♪ 今だけ長期的に爆上げする可能性の高い仮想通貨の情報を特別のプレゼントしております。(すでに管理人が投資済みの期待できる通貨に絞っています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *